ENEOS、三菱ケミカル:MCC茨城事業所においてプラスチック油化共同事業を開始

ENEOSと三菱ケミカル(MCC)は、MCC茨城事業所においてプラスチック油化共同事業を開始することを決定した。

 同事業所に、商業ベースでは国内最大規模となる年間2万トンの処理能力を備えたケミカルリサイクル設備を建設し、2023年度に廃プラスチックの油化を開始することを目指す。

 ENEOSとMCCは、2019年に鹿島コンプレックス有限責任事業組合(LLP)を設立し、茨城県鹿島地区の石油精製および石油化学事業の更なる連携強化の検討を行っている。その一環として、廃プラスチック問題が世界的課題となっていることを踏まえ、プラスチック製造のサプライチェーンに関する事業者として循環型社会形成に貢献することをテーマの一つに据えて、ケミカルリサイクルの技術検討を進めてきた。本共同事業に関する合意は、これらの検討の結果によるもの。

 本共同事業では、外部から調達した廃プラスチックを、英Mura Technology社の超臨界水技術を導入する新設備にて化学的に液化し、油化処理を行う。製造された油(リサイクル生成油)は、両社の既存設備である石油精製装置およびナフサクラッカーにおいて原料として使用され、石油製品や各種プラスチックへと再製品化されることで、高効率なケミカルリサイクルの循環が実現する。今後、両社は、原料廃プラスチックの安定調達、サーキュラーエコノミーに係る認証※取得などによる製品の高付加価値化、および次世代事業として更なる技術的知見の習得を図る。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部