MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/15
  • MotorFan編集部

【速報インプレ】日本初お披露目の新型カタナ、さっそく乗っちゃった!

大阪モーターサイクルショー2019

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪モーターサイクルショー2019で日本初披露……の数日前に、京都の嵐山高雄パークウェイでじつはひっそりと(?)、プレス向けに新型カタナワールドプレミア試乗会が行われておりました。気になる新型カタナのポテンシャルは?さっそくショートインプレッションをどーぞ!
写真●重松浩平 インプレッション●和歌山利宏

SUZUKI・KATANA(カタナ)……参考出品


何で話題? 新型カタナの見どころ10秒解説

・1980年〜2000年までカタナが約20年ぶりに復活
・「GSX1100S KATANA」のイメージを現代風にアレンジ
・ベースとなるフレームはGSX-S1000
・エンジンはGSX-R1000系の水冷4ストDOHC 直列4気筒の999cc。
・トラコンやバックトルクリミットクラッチなど最新鋭の装備を採用
・ヘッドライトがLED化された

●インプレッション速報

「38年前に登場していくつかの逸話さえも生み出し、欧州で市販が終了した後も国内では日本仕様車が登場するなど、人気を博してきたスズキのカタナが現世に再降臨した。もちろん、再販モデルではない。スーパースポーツGSX-R1000の技術を還元したストリートスポーツGSX-S1000をベースにしたモデルなのだ。だから、この新生カタナの走りは今日的で、ゆったりしたライディングポジションもあって、初代カタナのようなアクの強さもない。それでいて、スタイリングはオリジナルを忠実に再現しながら、今日的なストリートファイターを思わせる。かつて憧れだったカタナスタイリングを、今日的に洗練された乗り味とともに楽しめるバイクだったのである」
■テストライダー 和歌山利宏

※近日中にインプレッションの続報記事の掲載を予定しています


新型カタナの登場でブーム再び! 旧型カタナ カスタム一挙/東京モーターサイクルショー2019・スズキ

日本初お披露目の新型KATANA、ジロジロ眺めて、触って……またがってみた!! 大阪モーターサイクルショー2019【SUZUKI】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る