テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/03
  • Motor Fan illustrated編集部

次期スズキ・ジムニーが搭載するエンジンは? トランスミッションは?R06Aエンジン

次期ジムニーのパワートレーンを予想する

このエントリーをはてなブックマークに追加
現行ジムニーはK5A型を搭載するが、次期型はこのR06A型に変わるだろう。
間もなくフルモデルチェンジと噂されているスズキ・ジムニー。詳細は明らかになっていないが、搭載するエンジンは、現行のK6A型から0.66ℓ直列3気筒のR06Aエンジンに変更になるだろう。R06A型とはどんなエンジンなのだろうか?

R06Aエンジンとはどんなエンジンか?

現行ジムニーのメーター。エンジンのレッドゾーンは7000rpmから。

 現行ジムニーが搭載するK6Aエンジンは、1994年登場の古参ユニットだが、間もなく登場する新型ジムニーには、現在のスズキの軽の主力ユニットであるR06A型が搭載されるだろう。R06A型は2010年に登場したエンジンで、K6A型から一変してロングストローク化されている。

ボア×ストローク
K6A型:68.0×60.4mm S/B比=0.888
R06A型:64.0×68.2mm S/B比=1.066

 となる。S/B比とはストロークをボア径で割った数値だ。
 K6A型と比べるとロングストローク化されたと言っても、最新のホンダS07B型のボア×ストローク:60.0×77.6mm S/B比1.293と比べると常識的な数値である。

R06A型(T/C)
エンジン形式:直列3気筒DOHCターボ
エンジン型式:R06A
排気量:658cc
ボア×ストローク:64.0×68.2mm
圧縮比:9.1
最高出力:47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク:95Nm/3000rpm
過給:ターボチャージャー(インタークーラー付)
燃料供給:PFI(ポート噴射)
可変バルブタイミング:In
カム駆動方式:ダイレクト
シリンダーブロック:アルミ合金製

 圧縮比もNAで11.0、ターボで9.1とK6Aから高圧縮比化された。
 エンジンブロックを強化し、ディープスカートを採用。骨格を鍛えたうえで、ピストン、コンロッドを大幅に軽量化。クランクジャーナルも狭幅化した。高剛性と軽量化の結果、エンジンの不快な音を低減している。

 バルブ駆動方式は、もちろんDOHC4バルブで、カム駆動はロッカーアームではなくダイレクト。自然吸気仕様は吸排気にVVT(可変バルブタイミング機構)が付く。ジムニーが搭載するだろう過給仕様は吸気側にVVTが付く。

スズキ・エブリイワゴン

 次期ジムニーもフレーム構造+直結式4WDを採用するとなるとエンジンは従来通り縦置きレイアウトを採る。R06Aターボを縦置きとしているのは、エブリイワゴンだ。

組み合わせるトランスミッションはどうなる?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る