Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

米・シラトロニクス社(Silatronix, Inc.)とオルガノシリコン化合物を添加剤として用いた電解液に関して 日立化成、リチウムイオン電池を長寿命化する電解液用材料の製造・販売等に関するライセンス契約を締結

  • 2018/06/05
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

日立化成株式会社はこのたび、シラトロニクス社(Silatronix, Inc.本社:米国ウィスコンシン州)との間で、同社が特許を保有する電解液用材料のオルガノシリコン化合物の製造・販売・使用等に関するライセンス契約を締結した。

 シラトロニクス社の、オルガノシリコン化合物を添加剤として用いた電解液と、日立化成のリチウムイオン電池用負極材を組み合わせることで、電池の長寿命化および高温での貯蔵安定性の向上を可能にする。日立化成は電池の性能評価等を今後さらに進め、電解液用添加剤の事業化を検討していく。

 リチウムイオン電池の市場は、米国カリフォルニア州のZEV(Zero Emission Vehicle)規制強化や欧州のCO2排出規制強化等の社会的な動きを背景として、今後車載用でのさらなる拡大が予想され、2025年度の世界市場(車載用)は2016年度(約40GWh(ギガワットアワー))の5倍を超えることが見込まれている。


 日立化成はリチウムイオン電池材料のラインアップ拡充を図るべく、2016年からシラトロニクス社のオルガノシリコン化合物を添加剤として用いた電解液と、日立化成のリチウムイオン電池用負極材を組み合わせた電池の性能評価を実施しており、これらを組み合わせることで、リチウムイオン電池に必要な高いエネルギー密度を維持しつつ、電池の長寿命化および高温での貯蔵安定性の向上に効果があることがわかった。
 日立化成は今回のライセンス契約を機に、シラトロニクス社のオルガノシリコン化合物を添加剤として用いた電解液と日立化成のリチウムイオン電池用負極材料を組み合わせた電池の性能評価等をさらに進め、電解液用添加剤の事業化を検討するなど、リチウムイオン電池材料事業の拡大を図る。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ