テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/26
  • Motor Fan illustrated編集部

炭素繊維を貼ってあるレクサスRC Fのバンパーリンフォースメント 東レ

東レ:ハイブリッドバンパーリンフォース

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスRC F
レクサスのスポーツクーペ、RC Fのフロントバンパーの内側には、東レ製のカーボンのシートが貼ってある。もちろん、軽量化が目的だ。

 ハイパフォーマンスカーにCFRP(炭素繊維強化樹脂)、いわゆるカーボン素材を使うのは、軽量化と剛性アップ、そしてCFRPならでは外観で高性能を表したいときだ。
 しかし、人とくるまのテクノロジー展2019横浜の東レブースに展示してあったのは、通常まったく人の眼に触れないフロントバンパーの内側にカーボンを貼ったものだった。

バンパーリンフォースの内側に貼られているのがカーボンのシートだ。

 レクサスRCのフロントバンパーリンフォースメントの素材はアルミ合金。スチールに比べて軽量なのがアルミの特徴だ。
 RCよりさらにハイパフォーマンスなRC Fのバンパーでは、バンパーリンフォースメント本体はアルミ合金だが、内側(エンジンルーム側)に1mm厚のカーボンのシートが貼ってある。通常、前方からの衝撃受ける外側より内側の方が1.5倍ほどの板厚が必要になるところを、このハイブリッドバンパーリンフォースでは、1mm厚のカーボンシートを貼ることで逆に内側のアルミの板厚を下げることができたという。もちろん、その分軽量化できたというわけだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated