Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. タイカン

911はブランドのイメージリーダー、タイカンはポルシェの未来を象徴するモデル:タイカンに投入されたすごい技術 タイカンは「ポルシェの未来を象徴するモデル」。超高性能かつ日常使いもできるスポーツカーだ:テクノロジー徹底解説1

  • 2019/09/24
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
PORSCHE TAYCAN(タイカン)

ポルシェ初のフル電動スポーツカー、「タイカン(TAYCAN)」。スポーツカーの雄たるポルシェがプライドを賭けて開発した電動スポーツカーだけに、そこに投入されたテクノロジーは、想像を遥かに超えるものだった。ポルシェ・タイカンのテクノロジーを短期集中連載で徹底解説する。第一回は「コンセプト編」
TEXT◎世良耕太(SERA Kota) PHOTO & FIGURE◎PORSCHE

ポルシェの戦略&ロードマップ

会場に置かれたタイカンのカットモデル
PORSCHE TAYCAN

ワークショップは中国・上海で開催された。中国はタイカンの重要なマーケットになる
 ポルシェは同社初のフル電動スポーツカー「タイカン」を2019年9月4日に発表した。発表に先駆けてアメリカ(アトランタ)、ヨーロッパ(ドイツ)、中国(上海)の3拠点で同時に、「テクノロジー・ワークショップ」と題する技術説明会を開いた。筆者は中国のワークショップに参加。そこで得た情報をもとに、タイカンの生い立ちと投入された技術を項目別にまとめていこう。

従来のポルシェの2本柱、「内燃機関のみを搭載するモデル」「プラグインハイブリッド」に続く3本目の柱が「ピュアEV」だ。その最初がタイカンになる
ポルシェがいう「4本柱のプロダクト戦略」ライフスタイル、ベイシス、ブランドイメージ、未来のうち、未来が「電動化」にあたる

「ポルシェ911は内燃機関のみを積んだ最後のクルマになる」EVスポーツカー、タイカンに秘められたポルシェの意図

いよいよ、ポルシェもEVスポーツカーの分野に進出した。超高性能でライバルを圧倒するタイカン(TAYCAN)である。中国・上海...

あわせて読みたい

コンセプト:デザインと機能を両立させた、毎日の利便性を備えたスポーツカー

「ポルシェの伝統は、毎日の利便性を備えたスポーツカーであること。そして、デザインと機能を両立させていること。これらの考えは、タイカンのベースになっている」

 タイカンの開発責任者を務めるロバート・マイヤー(Robert Meier, Director Complete Vehicle Product Line Taycan)は、このように説明した。世の中が内燃機関から電動化に移行しているのは間違いないが、マイヤーは、いや、ポルシェは完全移行には時間がかかると思っている。ポルシェとしては、内燃機関(2018年9月にディーゼルエンジン搭載車の廃止を決定。ガソリンエンジンに一本化した)とプラグインハイブリッド(PHEV)を持ちながら、電気自動車(EV)をラインアップに加え、地域によって異なるニーズに応えていく考えだ。

 すなわち、内燃機関(ガソリンエンジン)、PHEVに次ぐ、3本目の柱にEVを位置づけるのがポルシェの商品戦略である。の製品ラインアップの中心にあるのは、言うまでもなく911だ。ブランドのイメージリーダーである。一方で、マカンやカイエンのようなポルシェのセールス上のベースとなるモデルがあり、パナメーラのようにエモーションに訴えるモデルもある。タイカンはポルシェの「未来を象徴するモデル」との位置づけだ。

モーターはPMモーター、800Vの高電圧システム、93.4kWhの大容量バッテリー、2速トランスミッションなどタイカンに投入された最新テクノロジー

タイカンの開発責任者を務めるロバート・マイヤー(Robert Meier, Director Complete Vehicle Product Line Taycan)
 未来を象徴するなら現実離れしていいかというと、そうは考えなかった。冒頭に記したように、「デザインと機能を両立させた、毎日の利便性を備えたスポーツカー」であることにこだわった。その結果が、4ドアサルーンである。既存のパナメーラと競合しないよう、(ボディサイズ面で)ひとつ下のクラスに設定した。また、アクティブなライフスタイルを送るカスタマー向けにクロスツーリスモの追加を予告しており、2020年末までにラインアップに加わる予定だ。

ポルシェの現行モデルをボディタイプとサイズごとに分類したポートフォリオ。タイカンはサルーンに分類されるが、パナメーラとの競合を避けるためひとつ下のセグメントに落ち着いた。あくまでもポルシェの社内でのカテゴリー呼称だろう。一般的な分類よりそれぞれ1クラスずつ小さい呼称になっている。通常であれば、カイエンはDセグ、マカンはCセグ、タイカンはDセグに分類されるはずだ
911とパナメーラとタイカンを重ねた図。フライライン(Flyline)と呼ぶ、フールからリヤにかけての流れるようなラインは911と相似形。パナメーラとの比較では、リヤオーバーハングの違いが顕著。タイカンはボンネットフードが低く抑えられている
タイカンの上面視。タイカンはパナメーラのEV版ではなく、まったく新しいプラットフォームを使う

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ