MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/30
  • MotorFan編集部

ヤマハのMOTOBOT君は、2017年にも現れるのだろうか?ロッシに勝てるのか?【東京モーターショー2017】

前回の東京モーターショーで話題をさらったヒト型自律ライディングロボット

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年東京モーターショーに現れたMOTOBOT ver.1
2015年の東京モーターショーでヤマハ発動機のブースに登場したヒト型自律ライディングロボット、MOTOBOT ver.1。YZF-R1Mにまたがって走行するシーンが公開されて大いに話題になった。さて、MOTOBOTくんの進化バージョンは東京モーターショー2017に登場するのか?

MOTOBOTは、モーターサイクル本体には手を加えず人間側から見た車両操作にフォーカスしたヒト型自律ライディングロボット。テーマは、「Beyond Human Capabilities」だった。

MOTOBOTの特長は、完全自動運転技術の開発で、近年取り組まれている自動車の自動運転化とはアプローチが違う。MOTOBOTが提案するのは、乗り物本体は改造せず、ヒト型ロボットが通常の車両を運転するという点がユニークだ。
MOTOBOTは、スピード・エンジン回転数・姿勢などの情報を元に、搭載した6つのアクチュエーターを制御し、自律的な車両の運転操作を行なう。

前回のショーの際には、
「今後は自車位置を認識する技術(高精度GPSや各種センサなど)や機械学習により、サーキットコースの最適ラインやマシン性能の限界をMOTOBOT自らが判断し、走行を重ねることでラップタイムを向上させていきます。これらにより、車両を操作・運転する人側の情報の可視化、およびそれに対する車両の挙動の関係性を解明し、より感動を与えられる車両開発に生かします。また、MOTOBOTは制御プログラムや操作部の形状を乗り物に応じて変更することで、マリンジェットやスノーモービルなどの他のビークルへの展開も期待できます」
と説明していた。

発表当時の開発ロードマップは
2015年:最高100km/hの直進走行、スラローム走行、旋回走行を達成。
2017年:人間の運転を上回るパフォーマンスの要件を解明し、最高速度200km/h以上でのサーキット走行を目指す。
2020年:MOTOBOT開発で得た知見や要素技術をヤマハの新しい価値としてお客様に提供することを目指す。

となっていた。

もちろん、ヤマハは研究開発を進めている。自動姿勢検出や、制御技術に加えて、AI(人工知能)なども使ってさらに進化したMOTOBOT ver.2を開発しているはずだ。開発費は、「35億円」だという。

「2017年には、世界のどこかのサーキットで、ヴァレンティーノ・ロッシに勝つ!」と開発エンジニアは、話していた。その結果をひっさげて、東京モーターショーに登場してくれるはずだ。

ロッシのようにロケットスタートしたいMOTOBOT君。
そろそろ取材がきてもいい頃だと思っているMOTOBOT君。
ロッシに勝つ方法を熱弁するMOTOBOT君。

開発費は35億円。
走るMOTOBOT君。

ヤマハの東京モーターショー2017スペシャルサイトには、
「本素材はプレゼン資料や、壁紙、煮るなり、焼くなりコラするなり
ご自由にお使いいただけます。
下記のルールを遵守して、東京モーターショーまでご自由にお楽しみください」
として、MOTOBOT君が登場している。

東京モーターショー2017で、MOTOBOT君(本物)に会えるに違いない。

MOTOBOT Ver. 1 / To ”The Doctor”, 親愛なるロッシへ

自動車業界の最新情報をお届けします!

【動画】ベンテイガと共に……。

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
【動画】本気のオフロードタイヤ「TOYO オープンカントリーM/T」を全方位テスト!