MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/24
  • MotorFan編集部

2018年春発売。日産、e-POWER第二弾「セレナ e-POWER」を東京モーターショー2017 で初公開!

ノートに続く、「e-POWER」 搭載車種第 2 弾

このエントリーをはてなブックマークに追加
セレナ e-POWER ハイウェイスター (参考出品車)
日産自動車)は10月24日、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナe-POWER」を、東京モーターショー2017で公開する、と発表した。ノートe-POWERに続くe-POWER第二弾である。

「e-POWER」は、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインで、昨年11月にマ イナーチェンジした「ノート」に初搭載した。搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する、いわゆる「シリーズハイブリッド方式」を採る。これにより、さまざまなシーンや走行環境において、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速と、優れた静粛性を実現し、好調なセールスを記録している。

今回、参考出品車とし東京モーターショーで公開する「セレナ e-POWER」は、「セレナ」が誇る 室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性はそのままに、モータードライブの楽しさと優れ た燃費性能、そして、クラスを超えた高い静粛性を実現するモデルだ。

外観は、グリルに「e-POWER」の象徴であるブルーのアクセントを施すとともに、専用LEDテールランプや、空力特性に優れたデザインの専用アルミホイールなどのエクステリアパーツを 用し、先進性溢れるエクステリアデザインとした。また、インテリアにもブルーアクセントを施すとともに、2列目シートはキャプテンシートを採用することで、快適性と余裕ある移動空間を両立する。

さらに、従来の「セレナ」で、好評の高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を「セレナ e-POWER」にも搭載する。

「セレナ e-POWER」は、2018年春に発売する予定。なお、日産は同車の発売に先立ち、本日よりお客さま向けの「セレナ e-POWER」特設サイトを オープンし、順次同車の車両情報を提供していく。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る