MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/22
  • Motor Fan illustrated編集部

マツダのブースでプレス成形を体験してみる:モーターファンフェスタ2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレス機というと、工場を建てる前から文字どおり盤石な基礎を敷き詰めてその上に巨大なスタンピングマシンを設置し、稼働し始めれば低く重く大きなゴウンゴウン……という不気味な音を立て続け黙々と部品を造り続ける──というイメージ。モーターファンフェスタ2018のマツダブースではそんな重厚長大ではなく、ハンドプレスキットによってノベルティを作れる体験コーナーを設けていました。

母材として用いるのは、ロードスターのフロントフェンダーから打ち抜いたサイドマーカーのアルミ材。これを油圧式のハンドプレス機にセットして、5桁までの文字を刻印できるというもの。毎年MFFではマツダはもの作り体験ブースを設置していまして、2018年もまたもやユニークな試みです。

5桁の数字と記号が選べるということで、ナンバープレートを選んでみました。判子は磁石で拾っていたので鋼製のようです。


活版となった判子の組み合わせをプレス機にセットして母材を置き、上面に平板を載せます。

さてここからが実際の体験スタート。油圧シリンダには圧力計が備わっていて、完成には8トン分が必要とのこと。ゲージで眺めると30MPaというところでしょうか。

シリンダがプレス材に当たるまではストロークは楽々。スコスコレバーを動かします。手応えを感じ始めると同時にゲージの針が上がり始めます。

目盛りにして20MPaに差しかかる頃、急にレバーが重くなり始めます。それまで片手でカメラ、片手でストロークなんてやっていたのが厳しくなる。あと10MPaが辛い。

出来上がり。マグネットシートかクリップかを選んで装着します。苦労した(?)だけに喜びもひとしお。大切にします。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る