MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/27
  • GENROQ編集部

フォルクスワーゲンはEVもやっている! e-ゴルフにちょい乗り

ドイツと日本のEV造りの違い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン e-ゴルフ
ディーゼルのイメージを払拭するべくEVにも注力するフォルクスワーゲン。EVといえどもVWらしい乗り味はあるのか?

REPORT◎佐野弘宗(SANO Hiromune)
PHOTO◎市健治(ICHI Kenji)

急速充電ポートは車体の右側面、普通充電ポートはフロントのVWエンブレム内に設置。

 ライバルとなる日産の新型リーフに対して、e-ゴルフはモーター性能とバッテリー容量でほぼ同等だが、重量は80kgほど重い……と、EV専用設計でないデメリットは少しある。ただ、バッテリーを分散配置することで、普通のゴルフがベースなのに、実用性を犠牲にせずにEV化したレイアウトはなかなか見事ではある。

走行モードは「ノーマル」「エコ」「エコ+」。

 今回はあくまでチョイ乗りだが、操縦性や走行性能はまずまず。印象的なほどの低重心感はないものの、EVらしいロケット加速をかましても、必要以上にアンダーステアが出ないのは前後重量バランスの妙か。シフトレバー操作で回生ブレーキ強度が選べるのはVW製EVの売りで、運転の面白さを強調する演出になっている。

SPECIFICATIONS
フォルクスワーゲンe-ゴルフ
■ボディサイズ:全長4265×全幅1800×全高1480mm■車両重量:1590kg■最高出力:100kW(136ps)/3300〜11750rpm■最大トルク:290Nm(29.5kgm)/0〜3300rpm■交流電力量消費率:124Wh/km■一充電走行距離(JC08モード):301km■車両本体価格:499万円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る