MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−3

公園で全開シリーズ:2回目 Mazda CX-3 マツダCX-3を測って測って測りまくる。高さは? トランクは?

  • 2018/10/08
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

恒例(にしようと目論む)の全開シリーズ。前回に引き続いて全開にするのは、新型ディーゼルエンジンを搭載したことがトピックのBセグメントSUV・マツダCX-3である。

さすがに5人はキツかった。実証実験 マツダ CX-3 居住性はどうか? 後席の快適性は?

 CX-3は、いわゆるデミオのSUV。しかし車高を上げてボディパーツを付与してSUV──という仕立てではないのはご覧のとおり。ディーゼルエンジンのみのスタートだったところにガソリンエンジンの搭載も始まり、そして先日新型のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.8」にスイッチしたことが話題になっている。

 編集部でさっそく、その新型CX-3を借りてみた。小さなクルマとは読者の皆さんをはじめご存じだろうが、実際にどれくらいなのかを調べてみる。

全長4275 × 全幅1765 × 全高1550mm。ホイールベースは2570mm。

 まずはドアの開口寸法から。

 フロントおよびリヤドアのチェッカーにはノッチがついていて、全快に至るまでに数度の乗り越えポイントがある。欧州車のなかにはチェッカーにノッチを設けずにいずれの位置でも固定可能というものもあるが、今回のCX-3は2あるいは3ノッチ型だった。

 加えて、フロントおよびリヤドアの左右全開寸法も計測している(黒字寸法)。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ