MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/07
  • MotorFan編集部

トヨタのル・マン初制覇とホンダN-VANが日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞受賞!

このエントリーをはてなブックマークに追加
悲願のル・マン制覇初制覇を果たしたTOYOTA GAZOO Racing
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞も決定した。今年は、「TOYOTA Gazoo Racingによるル・マン24時間レース優勝」と「ホンダN-VAN」に贈られることになった。

 日本カー・オブ・ザ・イヤーの実行委員会特別賞とは、

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは別に、その年に特別なインパクトを与えた福祉車両、モビリティの発展に貢献した施策/イベント、業界に貢献した功労者などに特別賞を与える。表彰対象の決定は実行委員会において行う。実行委員会によって選出されたクルマには特別賞のタイトルと副賞を与える。

 という規定に則って選考され、決定した賞だ。
 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞は、「TOYOTA GAZOO Racingによるル・マン24時間レース優勝」と「ホンダN-VAN」に贈られることになった。

実行委員会特別賞:「TOYOTA GAZOO Racingによるル・マン24時間レース優勝」


 初挑戦から30年以上。2018年のル・マン24時間レースで、宿願の初制覇を果たした「TOYOTA GAZOO Racing」に特別賞が与えられた。


ついに、勝った! トヨタのル・マン24時間初制覇。勝利の立役者は、フェルナンド・アロンソ? 中嶋一貴? それとも?

実行委員会特別賞:「ホンダN-VAN」

 N-VANは、「商用車」に分類されるため、日本カー・オブ・ザ・イヤーの本賞の対象にはならない。しかし、商用車でありながら、一般の人が乗っても楽しく、もちろんコマーシャルユースでも高い性能を持っているN-VANは、今年を代表するクルマの一台であることは衆目の一致するところだろう。


 ちなみに、昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーの実行委員会特別賞は、
トヨタ自動車「ハイブリッド車の世界累計販売が1000万台突破」
佐藤琢磨選手による「インディアナポリス500マイルレース日本人初優勝」
 に贈られている。


ホンダN-VAN、約1ヶ月で1万4000台を越える受注を記録! グレード構成比は? 人気ボディカラーは?

商用車の革命児!? ホンダN-VAN、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る