MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/07
  • MotorFan編集部

今年のイヤー・カーは、2年連続でボルボ。日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019がXC40に決定!

Japan's Car of the Year 2018-2019

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッポンの今年を代表するクルマが決定した。恒例の日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が12月7日に、東京国際交流館で開催された。栄えある「カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは、ボルボ・XC40だった。

 年末恒例の日本カー・オブ・ザ・イヤー。2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、ボルボ・XC40だった。


 1980年(第一回1980-1981。ちなみに最初のイヤーカーはマツダ・ファミリアだった)に始まった日本カー・オブ・ザ・イヤーも今年で第39回を迎えた。毎年、その年に登場したクルマのなかでもっとも優れたクルマを表彰する日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象だ(だから商用車のホンダN-VANは対象外だった)。
 一次選考で上位10台が「10ベストカー」として最終選考の候補車となっていた。ただし、スバルが辞退したので、今年は9台が最終選考の対象となった。


このなかから今年のイヤーカーが選ばれる。日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカー決定!

 賞は、60名の選考委員が25点の持ち点を対象車10車(10ベスト)のうち5車を選んで投票し、その合計点で決定する。5台のうちもっとも高く評価するクルマに対して、必ず10点を与える(ただし、10点を与えるクルマは1台)。

 というルールに則って選考された。

 投票の結果、栄えある日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019に選ばれたのは

2018-2019カー・オブ・ザ・イヤー:ボルボXC40 獲得点数:363点

 ちなみに2017-2018(昨年)年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは
1位:ボルボXC60 294点
2位:BMW 5シリーズセダン/ツーリング 242点
3位:トヨタ・カムリ 232点
 という結果で、ボルボにとっては昨年の初栄冠に続いて、2年連続という快挙!


これがボルボXC40の実燃費! 都内〜高速〜山岳路「200km燃費テスト」

ボルボXC40を測って測って測りまくる。高さは? トランクは?

ボルボXC40:プラットフォーム完全自社開発で築いた北欧の味わい

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る