MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/31
  • MotorFan編集部

【雪×バイク×電熱グローブ】早朝の犬の散歩や自転車通勤にも! 「e-HEAT」はバイク以外にもメチャ重宝!

このエントリーをはてなブックマークに追加
公園散歩にもピッタリ!
ここまで2回にわたり、RSタイチの電熱グローブe-HEATシリーズについて紹介、検証を行ってきた。今回は、ライディングギヤとして以外の使い方を提案していく。
REPORT●伊藤英里(ITO Eri)

【気になる逸品、使ってみた】最強の極寒対策!? RSタイチの電熱グローブ『e-HEATシリーズ』

気温5℃で高速道路を走行。果たして、電熱グローブe-HEATの実力は……。【RSタイチ】

RS TAICHI・e-HEAT GLOVE……1万4000円〜

 RSタイチの電熱グローブe-HEATシリーズが、冬のバイクライフを快適にしてくれることは前回述べた通り。一方で、この電熱グローブならば、バイクに限らないさまざまな使い方ができそうだ。


たとえば毎朝の犬の散歩。出勤前の薄暗く、気温も低い時間帯にリードを持つのはなかなか億劫。ポッケに手を突っ込みたくなってしまうところだが、電熱グローブならば手元はポカポカ→いつもより長めに散歩できるので愛犬も大喜びと、一石二鳥である。

 たとえば、自転車。実際に自転車に乗るときに装着してみたが、やはりとても快適。こうしたバイク以外で使う場合も必然的にバッテリー内蔵によって使用することになるのだが、そもそもバイクと違ってどちらも体を動かすので次第に体が温まってくるし、e-HEATシリーズ自体の防寒性能も一般的な手袋より格段に高い。なので、発熱レベルは最初の5分程度、最も温かい『ハイパワー』にして、あとはもっとも発熱レベルが低い『エコノミー』、もしくは電源を切ってもいいくらいだった。よって、バイクで使うときよりも、バッテリー残量は気にならない。

 注意点としては、自転車の場合はバイクよりもブレーキレバーが近いことがあるため、レバーを握ろうとしたときに指がひっかかってしまうこと。できればレバー位置を調整して操作に支障をきたさないようにしたいところだ。

 またバイク用=雨天に対応しているということは、冬のキャンプやスキー、スノーボードなどのウインタースポーツシーンなどにも便利そう。寒い冬をアクティブに過ごすためのアイテムとして、RSタイチの電熱グローブe-HEATシリーズは、マルチに活躍できる逸材と言えるだろう。


【気になる逸品、使ってみた】最強の極寒対策!? RSタイチの電熱グローブ『e-HEATシリーズ』

気温5℃で高速道路を走行。果たして、電熱グローブe-HEATの実力は……。【RSタイチ】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る