MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/15
  • MotorFan編集部

トヨタがJPN TAXIの一部改良を実施〈ジャパン・タクシー〉

車いす乗降時の操作時間を短縮したほか、きめ細かな見直しで使い勝手を改善

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタはタクシー専用車両であるJPN TAXIの車いす乗降用スロープの構造変更を中心とする一部改良を実施し、3月15日から発売する。

 2017年10月に発売されたJPN TAXIは、国土交通省が定める「ユニバーサルデザインタクシー」の要件を満たす車両として開発。当初から車いす乗降用スロープを備えていたが、その設置作業が複雑で時間がかかり、実際の使用場面において不便であると指摘されていた。そこでスロープの構造や設置方法の変更といった改善内容を2月4日に発表。今回の一部改良車はその内容を盛り込んだものとなる。

 車いす乗降用スロープは折り畳み3つ折りから2つ折りにし、延長用スロープについては折り畳み構造から樹脂一枚板とすることで設置作業を簡素化。また車いす乗降用スロープだけでも単独使用できる機会を増やすため、スロープの長さを840mmから1,100mmに延ばしている。

 またベルト類を入れていた収納袋を廃止し、出し入れしやすいポケットをフロアに常設。設置作業手順を書いたラベルを各部に貼付け、作業方法が常に確認できるようになった。こうした改善により、スロープ設置から車いす固定などにかかる時間を、操作に慣れた人であれば3分程度まで短縮している。
 
 そのほか、衝突回避または被害軽減に寄与するToyota Safety Senseのプリクラッシュセーフティに昼間の歩行者検知機能を追加。発進までお客様をお待たせしないようパワースライドドアの閉じる時間を6.5秒→5.0秒へ1.5秒短縮。さらに料金トレーの位置を10センチ低くして手が届きやすいようにし、天候に応じて作動速度をHiとLoに切り替え可能な間欠機能付きリヤワイパーを採用した。車両価格は据え置きで、「和(なごみ)」グレードが327万7800円、「匠(たくみ)」グレードが349万9200円。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る