MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/26
  • MotorFan編集部

自動運転時代はすぐそこ!? BMWのハンズオフ機能車が今夏導入されるぞ

BMWは国内導入モデル初の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWは国内導入モデル初の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載車両を今夏日本導入予定だという。

「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」とは高速道路での渋滞中に、ドライバーの負荷を軽減する運転支援システムである。前方を注視し、周囲の道路環境や車両状況に応じて、直ちにステアリングを操作できる状態にあれば、手を離して走行できるという。BMWは「自動運転ではなく、前方注視が必要となるなど、ある一定の条件が必要となります」とあるが、激しい自動運転開発競争の中で、日本においては珍しくメーカーが積極的に主張しているケースである。

 搭載されるのは今夏以降に導入される3シリーズ、8シリーズクーペ/カブリオレ、X5で、それ以降も順次、対象モデルが拡大する予定であるという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る