MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/16
  • MotorFan編集部

ボルボが電動化へ準備着々! バッテリーの大手「中国のCATL」と「韓国のLG化学」と大型契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボ・カー・グループは5月15日、大手バッテリーメーカーのCATLおよびLG化学と数千億円規模の長期契約を結んだと発表。これにより、ボルボとポールスターの次世代モデル用リチウムイオンバッテリーの、今後10年間にわたる供給が保証される。

2019年以降に発売されるすべての新型車を電動化するというコミットメントに向けて

 2017年にボルボは、19年以降に発売されるすべてのボルボ車を電動化するというコミットメントを発表。これを後押しするために、同社は25年までに世界で販売するボルボ車の50%をピュアEVにすることを目標に掲げている。

プラグインハイブリッドのT8ツインエンジンを組み合わせたSPA

 今回締結した契約では、今後導入される「SPA2(現行90シリーズなどに採用されているスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャーの次世代版)」および現行の「CMA(現行XC40に採用されているコンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用する全モデルに対するグローバルなバッテリーモジュール供給を対象としている。

ボルボ・カーズのホーカン・サミュエルソン代表取締役社長兼CEO

 ボルボ・カーズのホーカン・サミュエルソン代表取締役社長兼CEOは、次のようにコメントしている。

「ボルボ・カーズの将来は電動化にあり、内燃機関のその先を目指していくほかに道はありません。このたび締結したCATLおよびLG化学との契約を通じ、ボルボ・カーズが電動化目標を達成するためにどれほど意欲的であるかがおわかりいただけるでしょう。」

 中国のCATLと韓国のLG化学はともに著名なバッテリーメーカー。いずれも世界の自動車産業にリチウムイオンバッテリーを供給してきた高い実績がある。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る