MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

ドッペルギャンガーバイク用ハーフカバーが出先で使えて超便利! 収納時のコンパクトなサイズが魅力

  • 2019/08/21
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ツーリングの出先で遭遇する突然の雨や、キャンプサイトで受ける結露からバイクを守るハーフタイプのバイクカバーだ

ビーズ株式会社は、2019年8月20日、ツーリング・ガレージングブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より、キャンプツーリングでの使用を念頭にアウトドアのトレンドカラーと機能性を反映した専用バイクカバー「ツーリングハーフカバーDCC526-KH/DCC526-BK」を発売する。

ロングサイズでフロントフェンダーもカバー(カラー:カーキ)

■開発背景

 キャンプツーリングでは天候の急変に伴う雨やテントサイトでの結露により、大切な愛車に汚れやダメージを生じる可能性がある。しかし自宅ではカバーを掛ける方も、ツーリングでは一転。 積載量の圧迫や掛ける手間を避け野ざらしで駐輪する、ちょっと残念なケースが見受けられる。
 DOPPELGANGERではこうした状況を踏まえ、「ツーリング先でも掛けたくなるバイクカバー」をコンセプトに開発に着手。 キャンプツーリングでもカバーを掛けた方が良いとわかっていながら二の足を踏むライダーに、アウトドアのトレンド色を反映し、かつ機能性を充実させた「ツーリングハーフカバー」を開発した。

■アウトドアトレンドを意識したルックスと機能

●外観
「ツーリングハーフカバー」のカーキ色はグレーにカーキを掛け合わせ、昨今人気のナチュラルテイストなキャンプフィールドになじむ色味に仕上げた。 また従来のハーフカバーと異なり、フロントフェンダーまでカバーできるロング設計にすることで、保護範囲を広く設定している。

ツーリングハーフカバー DCC526-KH(ストームカーキ)
ツーリングハーフカバーDCC526-BK(ブラック)

パニア(サイドバッグ)装備車に対応。※パニアの種類によっては対応できない場合があります
●サイドバッグ対応
荷物が多いキャンプツーリングで使うサイドバッグの装着を前提に設計。装着時でも掛けられるようシート後方部は幅広にデザインする一方、バッグ未装着時は余分なカバーを束ねてフィットさせるアジャスト機能を搭載している。

アウトドア用品の寝袋をイメージした筒型形状の収納袋。側面にファスナーを設け、開口部が大きく展開でき、カバーの出し入れがしやすいデザイン。
●携帯性1
収納時は寝袋をイメージした筒型。 サイズも直径10cm×高さ30cmとコンパクトで、重量は440g。収納袋の側面にファスナーを配し、容易にモノを出し入れ可能。 デイジーチェーンも設けて、多様なパッキングに対応している。

●携帯性2
側面のデイジーチェーンは、固定用ストラップを経由させるなど多彩な固定方法が可能。水濡れしたカバーをバッグに収めずに運搬可能。

■製品スペック詳細

<製品スペック詳細> 
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】ツーリングハーフカバー
【型番:カラー】DCC526-KH:ストームカーキ、DCC526-BK:ブラック
【サイズ】カバー本体:W215×L(D)90×H88cm
     カバー後方(パニア部):L(D)70×H42cm
【収納サイズ】W10×L(D)10×H30cm
【材質・重量(付属品含む)】ポリエステル、440g
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:5,600円)

【DCC526-KH:ストームカーキ/製品ページ】

【DCC526-BK:ブラック/製品ページ】

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ