Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MX−30EVモデル

マツダMX-30EVは使えるか? 500km走って考えた。コンベのMX-30とEVで燃料代・電気代はどっちが高い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
MX-30 EV MODEL Basic Set 車両価格○464万2000円(特別塗装色代5万5000円含む)

マツダの電気自動車MX-30EVは、WLTCモードで一充電走行距離が256kmだ。実走行では200km。航続距離が足りなくて不自由するか、電気代はいくらかかるか? ガソリンモデルのMX-30と比べたらどうなのか? 1週間試乗して考えてみた。

試乗車は、Basic Set(458万7000円)Basic SetとHighest Set(495万円)の主な装備の違いはHighest Setは、 アダプティブLEDヘッドライト/ クルージングトラフィックサポート/ 運転席10Wayパワーシート/ 運転席&助手席シートヒーターが付き、 オーディオがHighest Setだとボーズの12スピーカーとなる。

マツダの電気自動車、MX-30EVモデルと1週間ほど生活を共にした。ご存知のとおり、MX-30には、ガソリンのSKYACTIV-G2.0(156ps/199Nm)+24V M-HYBRIDのモデルと35.5kWhのバッテリーで145ps/270Nmのモーターを駆動するEVモデルがある。

MX-30EVモデルのバッテリー容量は、35.5kWh。これは、最新のEVとしては控えめな数字だ。日産リーフのレギュラーモデル(e+ではないモデル)のバッテリー容量は40kWh、プジョーe208/e2008は50kWh、テスラ・モデルS(スタンダードモデルプラス)は55kWhだから、やはり35.5kWhは、小さめである。

ホンダの電気自動車、Honda-eはファーストカーになり得るか? 何km走れる? 実際の電気代は?390km走って考えてみた

ホンダの電気自動車、Honda eは、街中ベストを標榜するだけに、航続距離は控えめだ。それでも200kmは走るはず。それなら、フ...

あわせて読みたい

当然、WLTCモードの一充電走行距離も256kmと短い。実走行では200km程度だろう、と思って乗り出した。

1週間で492.5km、走ってみた。

全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1565mm ホイールベース:2655mm
車両重量:1650kg 前軸軸重920kg 後軸軸重730kg
最小回転半径:5.3m  最低地上高:130mm トレッド:F1565mm R1565mm

マツダ得意のGベクタリングコントローは、EVのMX-30こそがもっともその真価が感じられる。
MX-30EVモデルの走り味はひと言でいって、とても上質だ。「EVになったらドライブフィールの違いなんてそんなにないんじゃないか」と思っている方も多いかもしれないが、EVの方が違いが明確になる。

本稿のテーマは、航続距離と電費だから、詳細には書かない。が、MX-30EVの滑らかなドライブフィールは、現在の市販EVモデル屈指だと言っていい。とにかく気持ちよく滑らかに加速し、思うように曲がる。床下にバッテリーを積んでいるEVの常だが、フロア剛性が高く、乗り心地もいい。

MX-30のインテリアは、品が良く、いいモノ感がする。
フリースタイルドアを全開するとこうなる。

マツダの現世代のモデル(MAZDA3、CX-30、MX-30)は、どれも標準オーディオのレベルが高いが、MX-30EVは、パワートレーンの音・振動が小さいから、さらに良い音が愉しめる。

ステアリングホイールの左右には、パドルがあって、左のパドルに−(マイナス)、右のパドルに+(プラス)と書いてある左のパドルを操作すると回生減速度が強まり、右のパドルを操作すると回生減速度が弱まる。どちらも2段階だ(デフォルトを含め計5段階)。これを操作しながら走るのが楽しい。通常はDだが、高速道路な上り坂にさしかかったときは、右のパドルを引く。市街地などで、アクセルペダルで加減速をコントロールして走りたいときは左のパドルを1回、あるいは2回引いてワンペダルコントロールで走れる。

Basic Setのシートにはシートヒーターが付かないが、シートヒーターはぜひほしい装備。となるとHighest Setを選ぶしかない。

ということで、MX-30EVのポイントは、
1:デザインが好きになれるか
2:フリースタイルドアの使い勝手を受け入れられるか
そして最大のポイントは
一充電走行距離約200kmが実用上、どうか?

だと思う。
MX-30EV(もちろん、ほかのEVでも)を買う人は、自宅で200V充電ができる人がほとんどだろう。結論から言えば、MX-30EV、200kmで大きな不満はなかった。一充電走行距離は長ければ長いほど、バッテリー容量は大きければ大きいほどいい、という考え方もあるが、バランスが難しい。

自宅での200V充電。翌朝には100%になっている。充電口はリヤ右フェンダー。使いやすい。AC(普通)充電 最大6.6kWに対応した車載充電器を持っているので、自宅が200V・30Aのコンセントなら充電時間は半分になる。
MX-30EVをお借りしていた間、毎日、自宅へ帰ると、プラグインして充電を開始し、翌朝出かける時には、100%になっている。100%充電で、メーター上の走行可能距離は最大で195kmだった。

自宅の充電は200V・15Aだ。したがって、1時間で充電できるのは、3kWhである。夜10時に帰宅して、翌朝8時に出かけるとして、10時間。3×10で30kWhできる。

MX-30EVのカタログ上のバッテリー容量は35.5kWhだが、実際に使えるのは、おそらく30kWhだろう。これを「ユーザブル・エナジー」とか「ユーザブル・キャパシティ」と呼ぶ。30kWhの90%を使って、残り10%(となるとメーターに表示される走行可能距離は20km程度だ)で帰宅しても、翌朝には100%になる。

自宅で充電できれば、バッテリーの残量は、要するに自分のガレージに帰り着けばいいと思えるようになる。たとえ、「残り5km」となっても、自宅まであと2kmならドキドキすることはない。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ