~YZR500をモチーフにしたWGP 60th Anniversaryも設定~

WGP 60th記念カラーがラインナップ! ヤマハ、スーパースポーツモデル「YZF-R1M/R1」を発売

 ヤマハ発動機株式会社は、997cm3エンジンを搭載したスーパースポーツ「YZF-R1M ABS」および「YZF-R1 ABS」のカラーリングを変更し、2022年モデルとして1月28日に発売します。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R1 ABS WGP 60th Anniversary」を本日から11月8日までの受注期間限定モデルとして、2月28日に発売します。

YZF-R1M ABS……3,190,000円(消費税10%を含む)
YZF-R1 ABS……2,365,000円(消費税10%を含む)
YZF-R1 ABS WGP 60th Anniversary……2,475,000円(消費税10%を含む)

ヤマハ・YZF-R1M/R1
上段:ヤマハ・YZF-R1M ABS/カーボン(新色)
中央:ヤマハ・YZF-R1M ABS/ブルー(新色)、ブラック(新色)
下段:ヤマハ・YZF-R1 ABS WGP 60th Anniversary/ホワイト(新色)

「YZF-R1M ABS」は、カーボンとアルミの組み合わせによる高い質感をアップデートし、ブルーの面積を増やす ことで当社のレーシングスピリットをより感じられるカラーリングにした。
「YZF-R1 ABS」は、色域の異なるブルーのコンビネーションで新世代のヤマハレーシングブルーを表現した“ブルー”と、造形美を際立たせるダークトーンのローコントラストでモダンさを演出した“ブラック”の2色だ。
「YZF-R1 ABS WGP 60th Anniversary」は、1980年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統のカラーリングのほか、WGP参戦60周年記念エンブレム、ゴールドカラーのホイール、ブラック仕上げとしたブレーキレバー・クラッチレバーを採用している。   
「YZF-R1」は、1998年の販売開始からスーパースポーツ市場を牽引してきた当社モーターサイクルのフラッグシップモデルで、「YZF-R1M」はカーボン素材の軽量カウルなどを採用した上級モデルだ。

ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル取扱店:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r1/

YZF-R1M ABS

ヤマハ・YZF-R1M/R1
ヤマハYZF-R1M ABS/ブルーイッシュホワイトメタリック(カーボン)

YZF-R1 ABS

ヤマハ・YZF-R1M/R1
ヤマハYZF-R1 ABS/ディープパープリッシュブルーメタリック
ヤマハ・YZF-R1M/R1
ヤマハYZF-R1 ABS/ヤマハブラック

YZF-R1 ABS WGP 60th Anniversary

ヤマハ・YZF-R1M/R1
ヤマハYZF-R1 ABS/WGP 60th Anniversary
ヤマハ・YZF-R1M/R1
ヤマハYZF-R1 ABS/WGP 60th Anniversary 
タンク天面の記念エンブレム

カラー、販売計画

YZF-R1M ABS

・カラー:ブルーイッシュホワイトメタリック2(カーボン/新色)
・発売日:2022年1月28日
・メーカー希望小売価格:
 3,190,000円(消費税10%を含む)
・販売計画:200台

YZF-R1 ABS

・カラー:ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)、ヤマハブラック(ブラック/新色)
・発売日:2022年2月28日
・メーカー希望小売価格:
2,365,000円(消費税10%を含む)
・販売計画:200台

YZF-R1 ABS
WGP 60th Anniversary

・カラー:シルキーホワイト(ホワイト/新色・受注期間限定)
・発売日:2022年2月28日
・メーカー希望小売価格:
2,475,000円(消費税10%を含む)
・販売計画:200台

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料・税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

著者プロフィール

由野 歓子 近影

由野 歓子

1964年東京生まれ。短大卒業後、外資系生命保険会社に就職。
20代でバイクに出会いその爽快感に魅了され…