【気になる一台】51PSフルパワー! インドネシア仕様のカワサキNinja ZX-25Rに乗った。

先日国内リリースされたばかりのNinja ZX-25Rにとって、気になる存在が国内仕様より一割以上パワフルなインドネシア本国モデルである。ラム圧加圧時には51psを発揮する。おそらく国内で一般に流通することはないだろうが、じつは並行輸入車がレンタルバイクとして借りられる。モーターファンBIKES取材班は、取り扱いを開始したばかりの「和光2りんかん」に出向き試乗してみた。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●和光2りんかん

※2020年10月27日に掲載した記事を再編集したものです。
価格やカラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。

カワサキ・Ninja ZX-25R(インドネシア仕様)

カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R
メタリックスパークブラック
カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R

 今回の試乗は、Ninja ZX-25Rの並行輸入販売に関する報告ではない。が、誰でも気軽に乗れるレンタルバイクとして、インドネシア本国仕様、つまり50ps(ラムエア加圧時51ps)のフルパワー仕様の貸し出しが始まったという、ちょっとした朗報なわけである。
 取材班が訪れたのは、埼玉県和光市にある「和光2りんかん」。ZX-25Rは“P-4クラス”に属しレンタル料は4時間利用で12,900円。24時間なら17,400円となる。念のため説明しておくと、国内発売されているZX-25Rはエンジンの最高出力が45ps。一方本国のフルパワー仕様は50psを発揮している。この差が如何なるものなのか!?バイク好きならかなり興味津々なのである。

 果たしてその違いは何処の何によるものなのだろうか。
 インドネシア本国のカワサキ・ホームページにある公式データと比較しても、残念ながら詳細はわからない。実際仕向け地の違いこそあれ、基本的に両車は共通だからである。違っているのはパワーとトルク。そして二次減速比に明確な違いがある。

 情報量は限られているが、目の当たりにした日本仕様、インドネシア仕様の実車と、伝聞話や推測も含めて両車の違いを考察してみた。
 ZX-25Rは電子スロットルが採用され、メーカーは制御によってエンジンの出力特性をある程度自由に設定(設計)することができる事は理解できるだろう。要はECUの中に書き込まれたプログラミング内容に違いがあることは間違いなく、おそらくはこれが日本仕様とインドネシア仕様との決定的な違いの要因になっている。もちろん吸排気系のチューニングもこれに伴い、双方それぞれに適切な物が用意されているとみるのが正解だと思う。

 外観からの変更箇所はデカールやコーションラベル程度しか見当たらないが、カウル左内側を通るラムエアダクトが変更されて空気の導入流量を増やしているもよう。逆に言うと日本仕様は必要に合わせて流量を減らす(恐らく流速は落とさない)方向でセッティングされたとも言える。
 さらには4連スロットルボディからエアクリーナーボックスに顔を出すエアファンネル形状も異なっているらしい。そしてマフラーも内部構造が見直されていると思われる。
 そもそもの開発はフルパワー仕様がメインに考えられる。その上で仕向け地向けのニーズやレギュレーションに合わせるのが常套手段。それもできるだけ手を加える箇所は少なく考えられているのが普通である。
 したがって、例えばバルブの開閉タイミングやリフト量に手が加えられる事は無く、メカ部分は全て共通。吸排気系とECUのセッティングが異なり、仕向け地に合わせた最適チューニングが施されているのである。
 そして発揮されるピークパワーやトルク、目標とする動力性能に合わせてギヤ比も調節され、ドリブンギヤに48丁が採用された。1次減速比や6速ミッションは共通。総減速比でフルパワー仕様はやや高めの設定となっており、エンジンが同じ回転数まで回り切ったとすれば、最高速性能は日本仕様よりもおよそ4%向上する。最高速度は190km/hに手が届くレベルが期待できそうだ。
 以前ZX-25Rのプロモーションビデオシーンから推察して最高速度は189km/hあたりではないかと推測記事を書いたかが、この映像に登場したのがフルパワー仕様だったとすると、ポテンシャルはまさにそのレベルにあると考えられるのである。

話の物種に一度試乗してみると良いネ!

 今回の試乗車はメタリックスパークブラックのZX-25R。つまり標準仕様、廉価なタイプである。従ってKQS(カワサキ・クィック・シフター)は装備されいない。またABSも装着されていなかった。
 その違いか、国内仕様の同モデルと比較すると車両重量は183kgに対して本国仕様は180kgと少し軽い。これはABSコントロール・ユニットが省かれた事による所が大きいだろう。 
 

カワサキNinja ZX-25R

 国内仕様と同時比較したわけではないので確かな事は言えないが、記憶で比較すれば、バイクの取り扱いや跨がった時の感触がいくらか軽快に感じられた。ただし、その差は「気のせいかな?」とも思える程度。軽いのは事実だが、それほど大差は無いというのも正直な感想である。
 
 あえて微妙な違いを探ってみると、先ずはテールカウル・サイドに4-CYLINDERの文字が入っているが、これは国内仕様には無いポイント。また前述の通りリヤのスプロケットが2丁落としの48丁が装着されている。
 ちなみにローギヤで5,000rpm回した時のスピードは19km/h。国内仕様は18km/hだったので、少し高めになった影響がそこに現れている。この総減速比の違いから算出すると、トップ100km/hクルージング時のエンジン回転数は9,100rpm強、120km/h 時は11,000rpm強といったところで、国内仕様よりは少し低い回転でクルージングできる。
 今回市街地インプレでは6,000rpm前後でのスロットルレスポンスがより軽快で、トルクの膨らみ方が明快である。なるほど、ギヤ比が高められてもなお、そう感じられたと言うことは、日本仕様よりもトルクが太いことが影響しているのである。
 低いギヤで右手をワイドオープンした時も10,000rpmを超える領域では、僅差ながらも軽快感が勝っているように感じられた。ただ、それが車重の軽さからなのか、出力特性の優位性からなのか、あるいは両方によるものなのか、明快な差は感じられなかった。
 ギヤ比で相殺される部分も有るので、余計に体感上大きな差は無いと思えたのが正直な感想である。
 つまり実用上での差はほとんど無いと言っても良い。ただし、2 台を同じステージに持ち込んで、例えばJARIのテストコースや筑波サーキット等で比較すれば、インドネシア本国仕様が有利なデーターを発揮することは明らかと思える。同時に追い越し加速性能等、実用域のパフォーマンスは国内仕様もまるで劣ってはいないという事も明らかになるだろう。そう思えた両車の微妙な違いが印象的だったのである。

足つき性チェック(身長168cm)

カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R
カワサキNinja ZX-25R

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…