【2021冬】バイク用グローブおすすめ15選|人気ブランド製品

バイク用グローブはライダーの手を、転倒や事故の衝撃・摩擦に加え、寒さなどから守ってくれる、走行時の必須アイテム。軍手・作業用手袋・防寒用手袋とは異なり、外部からのダメージを受けにくい素材やつくりがポイントです。またバイク用グローブは、安全性の高い定番の革製、通気性の良い夏向けのメッシュ製、防寒性や保温性に優れた冬向けのボア素材、防水性に優れたゴアテックスなど、様々な素材を駆使して構成。レースでも使えるプロテクター付き、スマホ対応タイプなど、タイプも豊富です。この記事では、2021年の冬におすすめの、バイク用グローブを紹介します。

REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)
※下記グローブの価格はすべて10%消費税込
※2021年9月末現在のラインナップ。モデルにより完売・廃版の場合があります

バイク用グローブが必要な理由

バイクに乗車する時はプロテクターを内蔵しているバイク用グローブの着用がおすすめです。転倒した時のダメージを最小限に防いでくれる他、グリップ力の向上により、スロットルの開閉、ブレーキレバー&クラッチレバーの操作性を向上してくれるのも特徴です。夏や雨天時は、汗による滑りを抑制。冬は冷たい風をシャットアウトし、保温性をキープしてくれます。バイク用グローブのデザインは様々で、ライディングジャケットやヘルメットなどと上手にコーディネイトすれば、オシャレに走れるのがポイントです。

バイク用グローブ

バイク用グローブの夏用・冬用の使い分け方

バイク用グローブは、季節によって快適に着用できるタイプをチョイスするのがGOOD。汗により手が蒸れやすい夏は、通気性に優れたメッシュ素材が人気です。冬は高い防寒性を備えた冬用や秋冬用を選ぶのがベストです。

ポイント

  • 夏は通気性の良いメッシュ素材を採用したグローブがおすすめ
  • 冬はレザー(革)素材の防寒性に優れたグローブがおすすめ

夏は通気性の良いメッシュ素材を採用したグローブがおすすめ

バイク用グローブは、夏の強い紫外線から肌を守ってくれるのもポイント。しかし「夏は暑いからバイク用グローブはしない」「汗をかくからグローブは嫌」という人も多いでしょう。そんなユーザーにオススメなのが、メッシュ素材を採用した通気性の良いタイプ。メッシュ素材は風通しが良く、放熱性も良好。また、革製に比べて素材が乾きやすく、湿度の高い夏の快適性もGOOD。素材自体も軽量で着用しやすいため、操作性に優れているのもメリットです。

バイク用グローブ
通気性の良いメッシュを採用した夏用グローブ。

冬はレザー(革)素材の防寒性に優れたグローブがおすすめ

今時のバイク用グローブは、適材適所に様々な素材を採用し、非常に考えて作られてています。メイン素材の定番はレザー(革)。レザーは蒸し暑い夏以外の、春・秋・冬の着用におすすめの素材です。レザーは防寒性に加えて安全性が高く、操作性も良好。なお、雨天時に走行するならば、ウエットスーツなどに採用されている、防寒性・防水性・フィット感にも優れたネオプレーンやゴアテックスの素材を使用したタイプもGOOD。バイク用グローブには、手の甲や指先に電熱ヒーターを内蔵したタイプもあり、真冬の使用に超おすすめです。

バイク用グローブ
合成皮革50%、ナイロン29%、牛革15%、ネオプレーン6%で構成された「RSタイチ RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ」。防水透湿仕様。甲部ナックルプロテクターにハードタイプの樹脂素材を使用。詳しくは下記参照。

バイク用グローブの選び方|耐久性や素材など

バイク用グローブの正しい選び方。それは季節や使い方に適したタイプや素材をセレクトすること。タイプや素材により、耐久性や操作感に違いがあることを覚えておきましょう。

ポイント

  • タイプや素材によって耐久性に違いあり
  • 素材が違えば長所・短所に違いあり!
  • バイクのタイプに合わせてグローブを選ぼう
  • グローブのままスマホのタッチパネル操作OK
  • 真冬でも指先が温かい電熱線内蔵タイプ

タイプや素材によって耐久性に違いあり

乗車中は常にハンドルグリップを握り、アクセルの開閉やブレーキ操作を頻繁に行っていることもあり、バイク用グローブは特に転倒のダメージを負わなくても、劣化や磨耗していきます。特に痛みやすいのは指先と各部の縫い目部分で、ほつれや破れ、浸水などが起こります。素材の特徴で言えば、ポピュラー素材のレザー(革)はとにかく頑丈で破れにくい。 メッシュタイプは操作性が良い反面、薄手で消耗が早い傾向にあります。ナイロン素材のウインターグローブのように防水性に特化したものでも、何シーズンも使っていくと防水性は徐々に低下していきます。

バイク用グローブ
写真はレザー(革)素材にパンチング加工(穴開け加工)を施し、通気性を向上させたタイプ。

素材が違えば長所・短所に違いあり!

昨今のバイク用グローブの素材はとにかく多岐にわたっています。メイン素材の定番は、頑丈・安全・防寒性の高い、昔ながらのレザー(革)。ただし一般的にレザーは、温度と湿度の高い夏場の使用時は蒸れやすく、しかも雨に弱いのがネック。そこで登場したのが、通気性に優れたメッシュ、防止性や防寒性に優れたネオプレーンやゴアテックスなどを素材としたタイプです。また、今時のバイク用グローブは、冬用、秋冬用、夏用など、一般的に適合する季節が明記されているのがポイント。使用する季節に合わせて選べるのが嬉しいところです。グローブに多用されている素材の特徴は下記の通り。

素材の種類 特徴
レザー(革) 季節を問わずに使用できる、バイク用グローブのメイン素材の定番。牛革、豚革、羊革、ヤギ革、カンガルー革などの種類がある。耐久性が高く、伸縮性も良好。使い込むほど、各自の身体に馴染んでくる。ただし一般的に、通気性が悪い、水に弱い、匂いが残るなどの短所もあり。
メッシュ 夏用グローブのメイン素材の定番。メイン素材はポリエステルやナイロン生地など、頑丈な化学繊維が主流。革にメッシュ状の穴を設けたタイプもあり。通気性が良くて速乾性も高く、走行時の風をグローブの中に取り入れるため、湿度の高い夏場でも快適に使用可能。化学繊維はレザーに比べて軽量で、全般的に価格も安価。薄手ゆえにレザーよりも保護性能が低いが、手の甲などに樹脂プロテクターを組み合わせたものが多い。
ネオプレーン ウエットスーツなどに使用されている合成ゴム。防水性に優れており、雨天時の使用におすすめ。伸縮性があるため、手にフィットしやすいのも特徴。レザーに比べ、全般的にリーズナブル。
ゴアテックス アメリカのゴア社(WLゴア&アソシエイツ)が販売している素材の商標名。レインコートなどのアウトドア製品に繁用される、防水性・透湿性・防風性・防寒性に優れた素材。水や風を通さず蒸気を通すため、手が蒸れにくい透湿性の高さが魅力の一つ。高性能な素材のため、バイク用グローブの中では全般的に高額。
アウトドライ イタリアのNextec社が開発した特許技術。 外層と透湿防水膜の間に隙間がないので水が侵入しないのが特徴。3層構造のゴアテックスに比べて薄く窮屈感がない。手袋や靴、ウエアなど、アウトドアシーンでも多用される。
Gベクター GOLDWIN(ゴールドウイン)などが採用する防水・透湿素材の素材。靴やウエアにも採用され、バイクシーンでは馴染みのある素材の一つで、グローブの場合はインサート素材として用いられる。価格は全般的にリーズナブル。
ドライマスター RSタイチオリジナルの防水・透湿素材。同社のレインウエアにも採用される人気素材で、グローブのインサート素材として使用することで濡れない、蒸れないを両立する。

バイクのタイプに合わせてグローブを選ぼう

バイク用グローブには、保護機能を極めたプロテクターを装備し、高い伸縮性とグリップ力により優れた操作性を発揮するレーシングタイプ。軽量で通気性に特化したオフロードタイプ(オフロード走行は急激に体勢を変更、また路面状況に応じたスロットルワークが要求される)。防寒性・防風性・保温性を重視した、手首まで覆う形状のロングタイプ。着脱しやすく、夏場の使用も快適なショートタイプなど、バイクのタイプに合わせてコーディネイトできるのがポイント。使用する季節や用途に合わせ、セレクトしましょう。

バイク用グローブ
甲側にフワフワのボア、掌側にフリース素材を採用した冬用グローブ「ゴールドウイン GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ)」。詳しくは下記参照。

グローブのままスマホのタッチパネル操作OK

今時のバイク用グローブには、グローブを着用したままスマートフォンのタッチパネル操作が可能なタイプが多々あります。このタイプは、スマホをナビゲーション代わりにした場合などにとっても便利。親指と人差し指のみタッチパネルに対応したタイプ。5本指すべてで操作できるタイプ。指が直接露出できるタイプなど、種類は様々です。

バイク用グローブ
スマートフォンのタッチパネルに対応した「デイトナ HBG-068 AWスポーツロンググローブ」。詳しくは下記参照。

真冬でも指先が温かい電熱線内蔵タイプ

真冬の走行におすすめなのが、指先や手の甲などに保温用の電熱線を内蔵したタイプ。寒風が吹く寒冷地でのライディングや冬のロングツーリングでも、手がかじかむことなく非常に快適。電源は専用モバイルバッテリーを使用するのが人気(配線加工し、車載バッテリーから電源を引くタイプもあり)。保温モードが選べるタイプなど、種類は様々。

バイク用グローブ
電熱ウインターグローブ「コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス」。詳しくは下記参照。

バイク用グローブおすすめ15選【人気ブランド製品】

以下では、人気ブランドのバイク用グローブおすすめ製品15選を紹介します。各バイク用グローブの特徴やスペック、価格を比較しながら、購入するバイク用グローブ選びの参考にしてください。

  1. デイトナ HBG-068 AWスポーツロンググローブ
  2. コミネ GK-848 プロテクトレザーウインターグローブ
  3. ラフ&ロード ゴア ウインドストッパー マルチグローブ
  4. RSタイチ RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ
  5. コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス
  6. デグナー ガントレットグローブ
  7. カドヤ RUGGEDMAN GLOVE
  8. ゴールドウイン GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ)
  9. elf EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ
  10. 山城(やましろ) IDEAL(アイディール) オーセンティック
  11. ホンダ ライディングギア プロテクトウインターショートグローブ
  12. FIVE(ファイブ) MXF3
  13. alpinestars(アルパインスターズ) SUPERTECH GLOVE(スーパーテック グローブ)
  14. JRP GSW ウインターグローブ
  15. カワサキ ロングスリーブプロテクターグローブ

おすすめ1. デイトナ HBG-068 AWスポーツロンググローブ

デイトナ HBG-068 AWスポーツロンググローブ
写真はブラック/ホワイト/レッド
デイトナ HBG-068 AWスポーツロンググローブ
スマートフォンのタッチパネルに対応

やぎ革の表地素材に、カーボンプロテクターを組み合わせることで、優れた安全性を実現。ロング丈でスポーツグローブらしさと防寒性をアップ。ナックルプロテクターはフローティング構造を採用し、指また部にストレッチ素材を採用。ウインターグローブの操作性の悪さを低減し、長時間のライディングでも握力低減を防いでくれます。雨天も安心の防水防風フィルム入り。

メーカー デイトナ
製品名 HBG-068 AWスポーツロンググローブ
メーカーの商品番号(品番) 22525
素材の特徴1 本革(やぎ革)(表地)/ポリエステル(中綿)/ポリエステル(裏地)
素材の特徴2 防水防風で中間層に防水透湿フィルム採用
カラー ブラック/ホワイト/レッド、ブラック/ホワイト、ブラック
シーズン 秋、冬
サイズ M、L、XL
プロテクター
スマホのタッチパネル対応
価格 9,680円
公式サイト デイトナ公式サイト

おすすめ2. コミネ GK-848 プロテクトレザーウインターグローブ

コミネ GK-848 プロテクトレザーウインターグローブ
写真はブラウン
コミネ GK-848 プロテクトレザーウインターグローブ
手のひら部分は握りやすい立体パターンを採用

素材は頑丈で保温性の高い、カウハイドレザー(生後2年を経過したメス牛の皮、オス牛よりも柔らかとされる)を採用。透湿・防水設計、握りやすい立体パターン、プラスチック製ナックルガード、補強パッチ(掌部分)など、装備面や機能面が充実。スマートフォン操作も可能。近年、同社製品のコピー品が横行しているため、偽造防止のための特殊ホログラム技術を用いた4Dラベルも導入済み。

メーカー コミネ
製品名 GK-848 プロテクトレザーウインターグローブ
メーカーの商品番号 06-848
素材の特徴1 カウレザー、Nylon Polyester Polyester HiPORA
素材の特徴2 透湿防水仕様
カラー ブラック、ブラウン、グラファイトブラック
シーズン
サイズ S、M、L、XL、2XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 9,790円
公式サイト コミネ公式サイト

おすすめ3. ラフ&ロード ゴア ウインドストッパー マルチグローブ

ラフ&ロード ゴア ウインドストッパー マルチグローブ
ラフ&ロード ゴア ウインドストッパー マルチグローブ
指先の露出が可能。バイク以外にも使えるのが特徴

防寒性の高い裏起毛と、防風・透湿性を備えた薄手素材「ゴアウインドストッパーファブリクス」を組み合わせた、操作性に優れたグローブ。指先素材のスマートタッチレザーは、グローブをしたままのでスマホ操作が可能で、しかもグローブを外さずに指先が出せるギミックは指紋認証時にも便利。ハンドルカバー用インナーグローブとしてピッタリで、釣りや街での使用にも活躍します。

メーカー ラフ&ロード
製品名 ゴア ウインドストッパー マルチグローブ
メーカーの商品番号 RR8852
素材の特徴1 ゴアウインドストッパーファブリクス、合成皮革、スマートタッチレザー
素材の特徴2 防風透湿仕様
カラー ブラック
シーズン 防風・防寒・透湿仕様
サイズ S、M、L、LL、XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 3,278円
公式サイト ラフ&ロード公式サイト

おすすめ4. RSタイチ RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ

RSタイチ RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ
写真はMEXグレー
RSタイチ RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ

指先のフィーリングを高めるmcFITテクノロジーにより、快適な操作感を実現。甲部ナックルプロテクターにハードタイプの樹脂素材を使用し、掌にフォーム素材のプロテクターを採用しています。インサート素材には、RSタイチ独自の防水・透湿性に優れる「ドライマスター」を採用することで、全天候での使用に対応。人差し指と親指には、スマートフォンの操作を可能にするスマホタッチを採用。グローブを装着したままスマートフォン等の操作が可能です。豊富なカラーバリエーションも魅力の一つ。

メーカー RSタイチ
製品名 RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ
メーカーの商品番号(品番) RST630BK03S~ML
素材の特徴1 合成皮革50%、ナイロン29%、牛革15%、ネオプレーン6%
素材の特徴2 防水透湿仕様
カラー MEXグレー、SHIBUYAグレー、ブラック、ブラック/レッド、ブラック/ホワイト
シーズン
サイズ S、M、L、XL、XXL、WM(女性用)、WL(女性用)
プロテクター
タッチパネル対応
価格 9,350円
公式サイト RSタイチ公式サイト

おすすめ5. コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス

コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス
写真はブラック/レッド
コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス
保温イメージ

スイッチオンで手を瞬時に温めてくれる電熱タイプのグローブ。新採用のマイクロカーボンファイバーヒーターは、従来モデルよりも暖かく、かつしなやかに指先を包み込みます。グローブ本体は電源OFF時でもウインターグローブとして使用できるほどの性能も魅力の一つ。電源は「充電式バッテリー」「シガープラグ」から選択可能で、用途に応じて使い分けられます。目立ちにくい内蔵ナックルプロテクターの装備や袖口からの水の浸入を防ぐ、ヒモ式の絞り機能付き。

コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス
別売りバッテリー「EK-207 7.4V 電熱グローブ用セット」。8800円
メーカー コミネ
製品名 GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス
メーカーの商品番号 06-804
素材の特徴1 ポリエステル、ウレタンゴム、ヤギ革、ネオプレーン、イロンポリエステル
素材の特徴2
カラー ブラック、ブラック/レッド
シーズン
サイズ XS、S、M、L、XL、2XL、3XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 18,700円
公式サイト コミネ公式サイト

おすすめ6. デグナー ガントレットグローブ

デグナー ガントレットグローブ
デグナー ガントレットグローブ

手首に「ドローコード」と「面ファスナー」の両アジャスターを装備し、袖口からの走行風の侵入を防いで保温性をキープ。手のひら側滑り止めとプロテクターを装備、インナー素材の透湿防水フィルム薄めで操作感が良く、疲労感を軽減。指関節にもプロテクターを装備。手の甲のプロテクターには、柔らかい素材を使用し、ハンドルを握った時のツッパリ感を抑えています。

メーカー デグナー
製品名 ガントレットグローブ
メーカーの商品番号 WG-43
素材の特徴1 ポリエステル、ヤギ革、アマラ(合成皮革)、透湿防水フィルム
素材の特徴2
カラー ブラック/シルバー、ブラック/イエロー
シーズン
サイズ S、M、L、XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 10,450円
公式サイト デグナー公式サイト

おすすめ7. カドヤ RUGGEDMAN GLOVE

カドヤ RUGGEDMAN GLOVE
スタンダードなショートグローブ
カドヤ RUGGEDMAN GLOVE
シンプルでありながらバイク用の立体的な設計

オールドスタイルのパイロットグローブを大胆にアレンジした、ウィンター用のショートグローブ。 ニット素材の袖口リブ内部に防風フィルムを挿入し、冷気の侵入を防いでくれるのがポイント。袖口の内側にはドットボタンを導入し、裾口の絞りを二段階で調節可能。本体革はオイルを含んだヤギ革を使用。柔らかな素材が手にフィットし、操作性を確保している。

メーカー カドヤ
製品名 RUGGEDMAN GLOVE
メーカーの商品番号 3350
素材の特徴1 表:ゴートスキン(ヤギ革) 裏:アクリルボア(透湿防水フィルムインナー内装)
素材の特徴2 裾リブはフィルム内装の防風仕様
カラー ブラック
シーズン
サイズ M、L、XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 13,200円
公式サイト カドヤ公式サイト

おすすめ8. ゴールドウイン GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ)

ゴールドウイン GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ)
写真はライトブラウン
ゴールドウイン GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ)
内部はボアやフリースで温かさをキープ

シンプルなデザインながらも、ヤギ革に施したキルティングステッチがオシャレ感をアップ。ストリート走行に馴染み、普段着にもコーディネイトしやすいデザインに仕上げています。甲側にはフワフワで暖かいボア素材、掌側には肌触りの良いフリース素材を採用。グリップヒーター及びスマホに対応。

メーカー ゴールドウイン
製品名 GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ)
メーカーの商品番号 GSM26955
素材の特徴1 表地:ヤギ革 グローブインサート:Gベクターインサート 裏地:甲側→ボア/掌側→ライトフリース
素材の特徴2 防水(グローブインサート)/透湿/スマホ対応(グローブ)
カラー ライトブラウン、オリーブ、レッド/ブラウン
シーズン
サイズ M、L、XL、XXL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 10,780円
公式サイト ゴールドウイン公式サイト

おすすめ9. elf EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ

elf EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ
写真はレッド
elf EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ
掌側の素材は人口皮革。指先は導電生地でスマホタッチもOK

エンジンオイルでもおなじみの、高い技術とテクノロジーが実績を示す信頼のモータースポーツブランド「elf(エルフ)」。種素材は素材にはナイロンと、布地の表面にポリウレタン樹脂を塗布したPUレザー(合皮)を採用。これに軽量堅牢なカーボンプロテクターを組み合わせるとともに、各部のシャーリングによって運動性能も高めています。ロング丈&裏起毛による極暖ウインター仕様。

メーカー elf(エルフ)
製品名 EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ
メーカーの商品番号 EG-W505
素材の特徴1 甲側:ナイロン/PUレザー/オリジナルナックルプロテクター/ヴォクサーム/中綿入 
掌側:人口皮革/導電生地(スマホタッチ)
素材の特徴2
カラー レッド、ブラック、ブルー、グリーン
シーズン
サイズ M、L、LL、3L
プロテクター
タッチパネル対応
価格 14,080円
公式サイト ナップス公式サイト

おすすめ10. 山城(やましろ) IDEAL(アイディール) オーセンティック

山城(やましろ) IDEAL(アイディール) オーセンティック
写真はレッド
山城(やましろ) IDEAL(アイディール) オーセンティック
山城が展開するグローブブランド、IDEAL(アイディール)から発売中のオーセンティック

タウンユースにピッタリなカジュアルなデザインのセミウィンターグローブ。ニット素材・防風仕様・防水素材の3レイヤー構造により、冬の寒さをシャットアウト。 インナー生地の「NEOCOT」は素材で、銅繊維の抗菌性と抗ウィルス性を活かして細菌繁殖を99%減らし、嫌な臭いをとり除いてくれるのがポイント。小指側面にはリフレクターを装備し、側方からの被視認性を向上。

メーカー 山城(やましろ) IDEAL(アイディール) オーセンティック
製品名 オーセンティック
メーカーの商品番号 ID-114
素材の特徴1 ニット素材、防水素材
素材の特徴2 インナー:NEOCOT
カラー ブラック、レッド、ネイビー、アイボリー
シーズン
サイズ XS、S、M、L、XL、2XL、3XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 6,050円
公式サイト 山城(やましろ)公式サイト

おすすめ11. ホンダ ライディングギア プロテクトウインターショートグローブ

ホンダ ライディングギア プロテクトウインターショートグローブ
写真はプレイドブラック
ホンダ ライディングギア プロテクトウインターショートグローブ

バイクメーカーのHONDAが展開するアパレルライン。写真は内蔵式のナックルガードを装備した、ウインターショートグローブで合成皮革を用いることでリーズナブルな価格を実現。カーボンプロテクトグローブ同様の3Dカッティングやストレッチ素材の採用、防水・透湿効果に優れる3層生地のインサート素材「HiPORA」の採用によって、プロテクト性能と快適性、操作性をバランスさせました。指先のリフレクタープリントは、被視認性を高める効果も。

メーカー ホンダ ライディングギア
製品名 プロテクトウインターショートグローブ
メーカーの商品番号 0SYEJ-26M
素材の特徴1 表地:ポリエステル・合成皮革、クロロプレンゴム・ゴートレザー 裏地:ポリエステル 中綿:ポリエステル
素材の特徴2 透湿防水グローブインサート:HiPORA
カラー ブラック、レッド、プレイドブラック
シーズン
サイズ S、M、L、LL、3L、4L
プロテクター
タッチパネル対応
価格 6,380円
公式サイト ホンダ公式サイト

おすすめ12. FIVE(ファイブ) MXF3

FIVE(ファイブ) MXF3
写真はブラック/イエロー
FIVE(ファイブ) MXF3
写真左はレッド/ホワイト、写真右はブラック/オレンジ

伸縮性に富んだポリウレタン弾性糸を用いる2WAYワイドセルスパンデックスをメインに、指間には、4~7倍にも伸縮するストレッチ素材「ライクラ」を使用。抜群のフィット感と操作性を両立する上級モトクロス用グローブ。裏地には柔らかさとしなやかさで定評のあるAXスエードで補強済み。

メーカー FIVE(ファイブ)
製品名 MXF3 モトクロス用グローブ
メーカーの商品番号
素材の特徴1 2WAYワイドセルスパンデックス(メッシュ) 指間:ライクラ 掌:AXスエード
素材の特徴2
カラー ブラック/ホワイト、ブラック/イエロー、レッド/ホワイト、ブラック/ホワイト/ブルー、ブラック/オレンジ
シーズン オールシーズン
サイズ S、M、L、XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 7,150円
公式サイト 岡田商事 公式サイト

おすすめ13. alpinestars(アルパインスターズ) SUPERTECH GLOVE(スーパーテック グローブ)

alpinestars(アルパインスターズ) SUPERTECH GLOVE(スーパーテック グローブ)
写真はブラック/ホワイト/レッド/イエロー
alpinestars(アルパインスターズ) SUPERTECH GLOVE(スーパーテック グローブ)
写真はブラック/ホワイト/レッド

カンガルー及びゴート(やぎ)から、少量しか取れない最高級のフルグレインレザーを採用。指部分に用いられたストレッチレザーアコーディオンインサートは、優れたフィット感と柔軟性を実現。「ダイナミック・フリクション・シールド(DFS)ナックルプロテクション・システムと呼ばれるアルパインスターズ独自のプロテクターは、倍密度の成形構造が特徴で、繰り返される衝撃に対して優れた耐衝撃性を実現。MotoGPで活躍する革命的な開発ノウハウが注入されたハイクオリテイグローブです。

メーカー alpinestars(アルパインスターズ)
製品名 SUPERTECH GLOVE(スーパーテック グローブ)
メーカーの商品番号 3556017
素材の特徴1 カンガルーおよびゴート・フルグレインレザー
素材の特徴2 親指部分のライニングはデュポン社のケプラー繊維
カラー ブラック/ホワイト/レッド、ブラック/ホワイト/レッド/イエロー、ブラック、ブラック/ホワイト
シーズン オールシーズン
サイズ S~2XL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 53,680円
公式サイト 岡田商事 公式サイト

おすすめ14. JRP GSW ウインターグローブ

JRP GSW ウインターグローブ
JRP GSW ウインターグローブ

ジャケットのシルエットを崩さない、前腕部まで覆うガントレット(タイプ)。優しく包み込むような柔らかい手入れ感が大きな魅力で、手首内側にはボア素材を使用。 内装は機能素材の「サーモトロン」と「テクノサーモ」を組み合わせ、インナーフィルムは薄く透湿防水性に優れた「サイトス」を採用。4指・親指の先は、二重の皮革で防寒性を高めています。グリップヒーター対応品。

メーカー JRP
製品名 GSW ウインターグローブ
メーカーの商品番号
素材の特徴1 外装:牛革+ネオプレーン+合皮(アマーラ)、内装:テクノサーモ(中綿)+2ミリウレタン+サーモトロン、インナー:2ミリウレタン+ナチュレーヌ、フィルム:サイトス
素材の特徴2
カラー ブラック
シーズン
サイズ S、M、L、LL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 16,500円
公式サイト JRP公式サイト

おすすめ15. カワサキ ロングスリーブプロテクターグローブ

カワサキ ロングスリーブプロテクターグローブ
カワサキ ロングスリーブプロテクターグローブ

丈が肘近くまでありそうな、長めのサイズが特徴。 裏地に採用した毛足が長めのボアと長めの袖口の相乗効果で、冷気の侵入を軽減し保温効果をアップ。掌部は専用素材の採用で、耐久性・グリップ力の向上。人差し指の手のひら側に、スマートフォン対応素材を使用。

メーカー カワサキ
製品名 ロングスリーブプロテクターグローブ
メーカーの商品番号 J80021872
素材の特徴1 <表地> 甲側:ポリエステル70%ナイロン20%・合成皮革10%
掌側:合成皮革90%・ナイロン10%
<裏地>
ボア+フリース
素材の特徴2
カラー ブラック
シーズン 秋冬
サイズ M、L、LL
プロテクター
タッチパネル対応
価格 8,800円
公式サイト カワサキ公式サイト

バイク用グローブおすすめ製品の価格比較表

メーカー 商品名 価格(10%消費税込)
ラフ&ロード ゴア ウインドストッパー マルチグローブ 3,278円
山城(やましろ) IDEAL(アイディール) オーセンティック 6,050円
ホンダ ライディングギア プロテクトウインターショートグローブ 6,380円
FIVE(ファイブ) MXF3 モトクロス用グローブ 7,150円
カワサキ ロングスリーブプロテクターグローブ 8,800円
RSタイチ RST630 MOTO URBAN ウインターグローブ 9,350円
デイトナ HBG-068 AWスポーツロンググローブ 9,680円
コミネ GK-848 プロテクトレザーウインターグローブ 9,790円
デグナー ガントレットグローブ 10,450円
ゴールドウイン GWM X-OVER(クロスオーバー)ウィンターレザーグローブ(メンズ) 10,780円
カドヤ RUGGEDMAN GLOVE 13,200円
elf(エルフ) EG-W505 エヴォルツィオーネロンググローブ 14,080円
JRP GSW ウインターグローブ 16,500円
コミネ GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス 18,700円
alpinestars(アルパインスターズ) SUPERTECH GLOVE(スーパーテック グローブ) 53,680円

【Q&A】バイク用グローブについて多い質問

以下では、バイク用グローブについて多い質問・疑問に回答します。

Q&A

  • レザーグローブが雨で濡れてしまった。走行後の対処方法は?
  • ワークマンのバイク用グローブは安くて高機能?
  • バイク用グローブは洗濯できる?
  • 防水性の高いグローブの見分け方は?

Q. レザーグローブが雨で濡れてしまった。走行後の対処方法は?

最近のバイク用の革製品の中には、撥水機能や防水機能を備えたものも増えてきました。が、本来革にとって雨は天敵です。雨天時はネオプレーンやコアテックなど、水に強い素材をメインにしたモデルがおすすめです。ロングツーリング時は、晴天用グローブ・雨天用グローブの2種類を常備しておけば完璧です。

雨天走行によってグッショリと濡れた革製グローブは、乾燥後、購入時に比べて革そのものが硬くなったり縮んでしまったりと、操作性に支障が出やすいのがネック。そのため、革をメインしたグローブは、雨天時に使用しないほうがよいでしょう。

もしも革製グローブが濡れてしまった場合。基本的には、グローブの汚れを除去後、日中の涼しい日陰でよく乾燥。その後、市販の革製オイルを塗布し、柔軟性や肌触りの良さを保持することが大切です(※注1)。

※注1:モデルにより、濡れてしまった時のメンテナンス方法は異なります。メンテの方法は、各メーカーの指示に従ってください。

b-1 クリーム
JRPから発売のグローブメンテナンスオイル(30g/550円)。JRPグローブに適した固形保革油。使用方法は、グローブの汚れを除去後、グローブに少量を伸ばすように塗り、乾布で拭き上げる。これにより、皮革を保護し、老化を防止。革製品全般に使用可能。

Q. ワークマンのバイク用グローブは安くて高機能?

作業服や作業アイテムとして有名な「ワークマン」は近年、アウトドアユーザーはもちろん、ライダーからも注目を集めています。その期待に応えるように、コスパ抜群のバイク用アイテムを続々とリリース中。ワークマンではレインウエアや防寒着などに加え、バイク用グローブもラインナップされています。写真は手の甲にプロテクター(ナックルガード)を装備した「プロテクショングローブ PG01」。コスパに優れたこのグローブの価格は2900円(税込)。両方の親指・人差し指・中指に「タッチパネル操作機能」を採用し、春先~深秋の3シーンズンで活躍します。

ワークマン プロテクショングローブ
ワークマンから発売の「プロテクショングローブ PG01」。縫製は一般的なバイク系アパレルブランドに分がありますが、機能と価格面でワークマンは人気です。

Q. バイク用グローブは洗濯できる?

バイク用グローブの洗濯方法は……、ずばり素材により異なります。ナイロン素材のメッシュ、合成ゴムのネオプレーン、特殊素材のゴアテックス・アウトドライ・Gベクターなどは、水に強いのが特徴(水に濡れることを前提に開発された強靭な素材)。そのため、中性洗剤などを使って洗濯しても、基本的には大丈夫。

ただし注意したいのが、レザー(革)をメイン素材としたバイク用グローブ。動物の革を使用したレザー製品は、一般的に水に濡れると、縮んだり、硬くなったり、肌触りが変化してしまいます。水拭き→オイルで保湿、というのがレザーの簡単な日常的な管理方法ですが、レザー専用シャンプーを販売しているグローブメーカーもあります。クリーニング店にお任せするというのも賢い選択です。

レザーソープ
JRPから発売のグローブ用レザーソープ(110ml/550円)。JRP製のレザーグローブに適したレザーソープ。洗面器のぬるま湯にレザーソープを入れ(1Lのぬるま湯に対し、20ml位が目安)、10分~15分浸けておき(グローブに付着した汗を落とすため)、優しく揉み洗い後、十分にすすぎ洗い。洗濯後は、かたちを整えて風通しの良いところで陰干し。乾燥後は、上記のメンテナンスオイルを薄く塗り込むことをお薦め。適切なメンテナンスを行うことで、長期の品質保持ができ、末長く使用可能となります。

Q. 防水性の高いグローブの見分け方は?

素材としては「ゴアテックス」や「ドライマスター」などインサートに採用しているものと、ウエットスーツなどに使用される「ネオプレーン」です。製品名にレイングローブと表記されているものあるので、わかりやすいでしょう。目視でチェックできる点は縫製です。走行時の風圧、水圧の掛かった雨水は縫い目から侵入しやすいので、指先など可動部分の縫製が甘いものは避けましょう。詳しくは上記の「各素材と特徴」を参照してください。

雨用のネオプレーン
ネオプレーン素材を採用した雨用グローブ。

バイク用グローブは口コミ・評判も比較しながら購入しよう

昨今のバイク用グローブは、ユーザーが季節によって選べるよう、「春夏用」「夏用」「秋冬用」「冬用」と明記されているのが基本。また、多くのモデルは、「街乗りに最適」「雨天時に強い」「ツーリングに最適」「サーキット走行も可能」など、明確な用途を示してくれているのが嬉しいところ(不明な場合は、メーカーに問い合わせてみるべし!)。

今回ご紹介したバイク用グローブは、数ある中のごくごく一部。バイク用グローブは、種類も豊富なので、様々な人の口コミ・評判を参考にしてみるのもおすすめです。あなただけの一着を、じっくりと探してみてください!

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部