ミッション車風スクーター、排気量は110cc。インドで人気のホンダ NAVIが北米で発売に!

2016年、インドのデリーオートエキスポで発表されたインド生まれの個性派スクーター・ホンダ NAVI(ナビ/インド名はNAVI 110)。インドで爆発的ヒットとなった同モデルが、2022年モデルとしてアメリカ・カナダの北米市場に進出。なお、北米での発売価格は1807ドル(日本円換算で約21万円)。ナビの国内仕様は発売されていないが、並行輸入により10万円前後で発売中(2021年11月現在)。タンクの下に空間を設けた、スクーターとミッション車を足して2で割ったような、何とも不思議なカタチをしたナビの魅力に迫ってみよう。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

ホンダ NAVI/2022年モデル……価格:1807ドル(日本円換算で約21万円)

グラスホッパーグリーン
無骨さの中にも可愛らしさをデフォルメさせた、独特の外観が特徴。
スクーターとしての機能を持たせつつ、ニーグリップができるガソリンタンクを装備。
ベンリィ系の空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ109.19ccエンジンを搭載。
ミッション操作を省いた、スクーターならではのCVT無段変速オートマチックトランスミッションを採用。
まるでミッション車のよう前後のフォルムは。
2022 Honda Navi: Inside Look(Honda Powersports U.S.)

 2016年、インドのデリーオートエキスポで発表されたホンダ・ナビ(インド名はNAVI 110)。インドの若者向けに開発されたこのモデルは、同社のミッション付き125モデル「グロム」をイメージさせるスポーティなデザインに、ベンリィ系の空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ109.19ccエンジンを搭載。ミッション操作を省いた、スクーターならではのCVT無段変速オートマチックトランスミッションを採用しているのがポイントだ。

 ホンダ・ナビの特徴は「FUN TO SEE」をデザインコンセプトにした、他モデルにはない、ちょっと変わった個性的なスタイル。エンジンと駆動系(CVT無段変速トランスミッション)を合体させた、スクーターとしての機能を持たせつつ、ニーグリップができるガソリンタンクを装備。また、スクーターならではの利点を生かし、タンクの下には専用ストレージボックスが設置できる余裕の空間を設けている。

 インドにおいてナビは、「NAVI 110」の名称で発売され、メーカー主導のSNSコミュニティが開設されるほどの人気を獲得。また、メキシコ・コロンビア・チリなどの中南米でも発売され、大ヒットとなった。

 日本では国内仕様として、これまで正式にメーカーラインナップされることはなかった。しかしインドから、かなりの台数が国内に並行輸入。2021年10月現在、日本では新車が15万円前後という低価格に設定されるなど、超お買い得車として注目されていた(筆者は千葉県在住だが、時々見かける)。

 排ガス規制の強化にともない、インドではすでに販売終了。しかし今回、写真のナビが、2022年モデルとしてアメリカやカナダの北米で発売開始。北米仕様には、インドではオプション設定されていた、中央部の空間設置用の専用ストレージボックスも装備。カラーはグラスホッパーグリーン、レッド、レンジャーグリーン、ナットブラウンあり。

 インドや南米で爆発的ヒットとなったホンダ ナビ。北米でも、ナビ旋風を巻き起こせるか?

中央部の空間には、専用ストレージボックスも装備。
専用ストレージボックスの扉を開放したところ。
二人乗りも可能なタンデムシートを採用。
レッド
ナットブラウン
レンジャーグリーン

ホンダ NAVI(ナビ) 主要諸元(北米仕様車)

全長 (mm)1806
全幅 (mm)739
全高 (mm)1044
ホイールベース (mm)1285
シート高 (mm)765
車両重量 (kg)107
乗車定員(名)2
原動機種類4ストローク
気筒数1
シリンダ配列単気筒
冷却方式空冷
排気量 (cc)109.19
カム・バルブ駆動方式SOHC
気筒あたりバルブ数2
内径(ボア経)(mm)50
行程(ストローク長)(mm)55.6
圧縮比9.5
燃料供給方式キャブレター
燃料タンク容量 (L)3.4
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置フルトランジスタ式
変速機形式Vベルト式・無段変速
フレーム型式アンダーボーン
キャスター角27°30′
トレール量 (mm)81.5
ブレーキ形式(前)機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ正立フォーク
懸架方式(後)ユニットスイング式
ショックアブソーバ本数(後)1
タイヤ(前)90/90-12
タイヤ(前)構造名バイアス
タイヤ(前)荷重指数54
タイヤ(前)速度記号J
タイヤ(前)タイプチューブレス
タイヤ(後)90/100-10
タイヤ(後)構造名バイアス
タイヤ(後)荷重指数53
タイヤ(後)速度記号J
タイヤ(後)タイプチューブレス
スピードメーター表示形式アナログ

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭