ホンダ、2022年モータースポーツ活動計画を発表

 Hondaは、2022年のモータースポーツ活動計画に関する発表会を行いました。以下、モータースポーツ活動計画ならびに登壇した取締役 代表執行役社長 三部 敏宏のスピーチ概要をお知らせします。

目次

本田技研工業株式会社 取締役 代表執行役社長 三部 敏宏スピーチ概要

「Hondaは創業期からレースとともに育ち、レースを通じて人と技術を磨いてきた会社です。そして、夢を描き、勝利にこだわるというレーシングスピリットは、創業者に始まり、多くの先人達のさまざまな困難への挑戦を経て、現代に生きる私たちへも変わらず伝承されています。そうした意味からも、モータースポーツは『Hondaカルチャー』の大きな結晶のひとつであり、それを忘れることなく、今シーズンも多様なカテゴリーのレースにチャレンジしていきます。

また、モータースポーツをサステナブルでより魅力的な存在にすることを目指して、電動化に加えてカーボンニュートラル燃料や燃焼技術の領域にもチャレンジしていきます。その過程で磨かれる技術は、モータースポーツの領域だけではなく様々な製品に反映され、将来のHondaを支えていく事になります。

そして、今シーズンからは、これまで二輪レース活動を運営してきた株式会社ホンダ・レーシング(HRC)に四輪レース活動機能を追加し、Hondaのモータースポーツ体制を強化してまいります。二輪・四輪の分野でそれぞれが持っている技術・ノウハウの相互連携と運営の効率化を図ることで、より強いレースブランドを目指してモータースポーツ活動に取り組み、HondaのDNAであるモータースポーツを将来に向けて確実に継承していけるような強い基盤を築いてまいります。

2022年も世界中のモータースポーツファンの皆様やHondaファンの皆様、そしてお客様のご期待に応えられるよう、二輪・四輪を合わせた新しいHRCのもと、Hondaは引き続きモータースポーツ活動に力を注ぎ、これからもチャレンジを続けてまいります」

二輪モータースポーツ活動

 2021年、Hondaは、ダカールラリー2021で、1987年以来の1-2フィニッシュにより、2年連続二輪車部門の総合優勝を獲得した。またRepsol Honda Team(レプソル・ホンダ・チーム)のトニー・ボウ選手がFIM※1トライアル世界選手権およびFIM X-Trial世界選手権でタイトルを獲得し、前人未到の30連覇を達成した。

 2022年も、現在開催中のダカールラリー2022をはじめ、ロードレース、モトクロス、トライアルの世界選手権 最高峰クラス、およびFIMスーパーバイク世界選手権に、HRCが運営するワークスチーム※2で参戦し、タイトル獲得を目指す。
 また世界選手権では、ワークスチームだけでなく、有力なサテライトチーム※3の参戦もサポートする。さらに、日本をはじめとするさまざまな国や地域においては、各国のHondaの現地法人や販売会社が参戦体制を構築し、ロードレース、モトクロス、トライアルでの選手権獲得を目指す。

 若手育成では、今シーズンもMotoGPのMoto2・Moto3クラスに参戦するHonda Team Asia(ホンダ・チーム・アジア)へのサポートを継続し、また、ステップアップの場として、FIM ジュニアGP Moto3ジュニア世界選手権のサポートを継続していく。加えて、若手育成のプログラムとしてIDEMITSU Asia Talent Cup(イデミツ・アジア・タレント・カップ)を引き続き活用し、世界で活躍できるライダーのさらなる発掘・育成に取り組む。

四輪モータースポーツ活動

 2021年は、パワーユニット(PU)サプライヤーとして参戦したFIA※4フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)において、Red Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)のマックス・フェルスタッペン選手がドライバーズチャンピオンを獲得し、Honda F1に1991年のアイルトン・セナ選手以来30年ぶりの栄冠をもたらした。今シーズンはRed Bull Group(レッドブル・グループ)からの要請のもとに、Hondaのパワーユニット(PU)技術を用いたPUでF1に参戦するレッドブル・グループ傘下のScuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とRed Bull RacingにPUを供給するRed Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)をHRCが支援していく。また、Scuderia AlphaTauriでF1参戦2年目を迎える角田裕毅(つのだ ゆうき)選手に続いて、世界最高峰カテゴリーを目指している日本人若手ドライバーのFIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)などへの参戦をサポートしていく。
 国内レースでは、SUPER GT GT500クラスにNSX-GTの新モデルを投入し王座奪還に挑む。また、昨年タイトルを獲得した全日本スーパーフォーミュラ選手権においてはチーム体制の変更を行い、連覇を目指す。
 開催5年目を迎えるFIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)に加え、世界各地で活況なTCRシリーズや耐久レースに向けては、CIVIC TYPE Rをベースとした「CIVIC TCR」を、北米・アジア・欧州のGT選手権や耐久レースに向けては「NSX GT3 Evo」を引き続き供給する。
 北米においてはインディカー・シリーズに参戦する6チーム17台に、ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)を通じてエンジンを供給する。また、IMSA※5ウェザーテック・スポーツカー選手権ではHPDが供給するAcura(アキュラ)ブランドのマシン「ARX-05」でふたつのチームが参戦する。

  • ※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム
  • ※3サテライトチームとは、マシンを製造しているメーカーから、マシンや技術面での供与を受けて参戦しているチーム
  • ※4FIA とは、Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称
  • ※5IMSAとは、International Motor Sports Association(国際モータースポーツ協会)の略称

参戦体制概要

2022年1月14日発表時点
<以下、敬称略>

  • 《二輪参戦体制概要》
  • 《世界選手権》

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

FIMスーパーバイク世界選手権(SBK)

FIMスーパーバイク世界選手権(SBK)

FIM世界耐久選手権(EWC)

FIM世界耐久選手権(EWC)

FIMモトクロス世界選手権(MXGP)

MXGP

FIMモトクロス世界選手権(MXGP)

<MX2>

FIMモトクロス世界選手権(MX2)

FIMトライアル世界選手権シリーズ(TrialGP)

FIMトライアル世界選手権シリーズ(TrialGP)

FIM世界ラリーレイド選手権(ダカールラリー2022)

FIM世界ラリーレイド選手権(ダカールラリー2022)

日本/MFJ※7全日本ロードレース選手権(JRR)

<JSB1000>

日本/MFJ※7全日本ロードレース選手権(JRR)<JSB1000>

<ST1000>

日本/MFJ※7全日本ロードレース選手権(JRR)<ST1000>

<ST600>

日本/MFJ※7全日本ロードレース選手権(JRR)<ST600>

MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)

<IA1>

MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)<IA1>

<IA2>

MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)<IA2>

<レディース(LMX)>

MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)<レディース(LMX)>

MFJ全日本トライアル選手権(JTR)

<IAスーパー(IAS)>

MFJ全日本トライアル選手権(JTR)<IAスーパー(IAS)>

《アジア》FIMアジアロードレース選手権(ARRC)

<ASB1000>

《アジア》FIMアジアロードレース選手権(ARRC)<ASB1000>

《欧州》英国スーパーバイク選手権(BSB)

《欧州》英国スーパーバイク選手権(BSB)

《北米》AMAスーパークロス選手権

<450SX>

《北米》AMAスーパークロス選手権<450SX>

<250SX>

《北米》AMAスーパークロス選手権<250SX>

AMAプロモトクロス選手権

<450MX>

AMAプロモトクロス選手権<450MX>

<250MX>

AMAプロモトクロス選手権<250MX>

《四輪参戦体制概要》

《世界選手権》FIAワールド・ツーリングカー・カップ<WTCR>

《世界選手権》FIAワールド・ツーリングカー・カップ<WTCR>

《日本》全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)

《日本》全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)

SUPER GT<GT500クラス>

SUPER GT<GT500クラス>

SUPER GT<GT300クラス>

SUPER GT<GT300クラス>

《北米》インディカー・シリーズ

《北米》インディカー・シリーズ 1/3
《北米》インディカー・シリーズ 2/3
《北米》インディカー・シリーズ 3/3

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権

《二輪ライダー育成》
FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

<Moto2>

《二輪ライダー育成》
FIMロードレース世界選手権(MotoGP)<Moto2>

<Moto3>

《二輪ライダー育成》
FIMロードレース世界選手権(MotoGP)<Moto3>

FIMジュニアGP Moto3ジュニア世界選手権

FIMジュニアGP Moto3ジュニア世界選手権

《四輪ドライバー育成》

FIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)

FIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)

フランスF4選手権

フランスF4選手権

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFL)

二輪ライダー・四輪ドライバー育成

 「モータースポーツで世界に通用する選手を育成する」ことを目的として運営しているレーシングスクールと、若手育成プログラムの更なる強化を図る。
 Moto、Kart、Formulaの3つのカリキュラムを設ける鈴鹿サーキット・レーシングスクールの名称を、ホンダ・レーシングスクール(HRS)へと変更し、スクール卒業生のステップアップ先となる育成カテゴリーの拡充を図ると共に、二輪・四輪それぞれでのカテゴリー間連携を強化することで、各カテゴリーにおける育成の質を高めていく。
 二輪においては、MotoGPなどの世界選手権で通用する選手を輩出するため、2016年度よりレーシングスクール ジュニアの育成制度とカリキュラム・使用車両をリニューアルしている。
 四輪においては、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)として、欧州のフォーミュラカテゴリーや、日本のFIA-F4、Super Formula Lightsなどに育成シートを用意し、選手育成の環境をより一層強化する。また、Red Bullとの育成に関する協力関係も継続・強化する。欧州ではFIA-F2・F3に加えて、フランスF4へも日本人ドライバーの育成派遣を共同で行う計画だ。さらに、日本では、Red BullのドライバーがHRSのアンバサダーに就任し、世界トップレベルのドライバーが持つ技術をスクール生に直接伝えることで、世界を目指すスクール生の成長をサポート。加えて、全日本スーパーフォーミュラ選手権で行っているRed Bullとのジョイント育成プログラムを継続するほか、2023年からはHPDとのジョイントで、フォーミュラ・リージョナル・アメリカのTOPドライバーを招聘するスカラシップを開始する。
 なお、HRCロゴのリニューアルに合わせ、HRSとHFDPロゴもリニューアルした。

HRSロゴ

HRSロゴ

モータースポーツ普及活動

 Hondaは、モータースポーツの普及にも積極的に取り組んでいる。モータースポーツ初心者でも気軽に楽しめるイベントを開催するなど、幅広い層の方にモータースポーツの魅力を伝えることを目的としたさまざまな活動を行っている。

<株式会社ホンダ・レーシング(HRC)ワンメイクレース シリーズ>

 HRCによるワンメイクレースは、モータースポーツを楽しむカテゴリーと将来のMotoGPライダー育成を目的としたカテゴリーに分かれ、全国約30ヵ所のサーキットで開催されている。
 市販車両を使用した「HRC GROM Cup」、「CBR250R Dream Cup」、「CBR250RR Dream Cup」をはじめ、HRCの市販レーサーを使用したミニバイククラスの「NSF100 HRCトロフィー」、および将来のMotoGPライダーを育成するための「HRC NSF250R Challenge」も開催している。
 これらのHRCワンメイクレースシリーズは、全国各地のサーキットで開催され、一定の条件を満たした参加者を対象に全国大会(鈴鹿/もてぎ)の実施や、育成クラスのステップアップ支援制度など、参加者がレースを楽しんだり、夢を実現したりするプログラムとなっている。

<N-ONE OWNER’S CUP>

 軽自動車「N-ONE」による参加型モータースポーツ「N-ONE OWNER’S CUP」は、レース入門者をはじめとした、より多くの方が気軽に参加し、走る喜び・操る喜びを感じていただけるレースを目指し、2014年から開催しているナンバー(車両番号標)付き車両によるスプリントレースだ。ご好評をいただいているコンセプトはそのままに、今年も8ヵ所(鈴鹿サーキット、モビリティリゾートもてぎ、岡山国際サーキット、富士スピードウェイ、オートポリス、スポーツランドSUGO、十勝スピードウェイ、筑波サーキット)で開催。レース初心者へのサポートをさらに充実させていく。

<Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022>

 Hondaは、創造力と自由な発想、そして技術を結集した手作りのマシンを使って、1Lのガソリンで何km走行できるかを競う「Honda エコ マイレッジ チャレンジ」を1981年から開催し、初回大会以来のべ約1万5000チームが参加している。また、日本国内だけでなく、タイ、中国、ベトナムにおいても開催している。

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022 国内開催スケジュール

開催日程大会名開催会場
6月11日(土)Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022
第35回 鈴鹿大会
鈴鹿サーキット 東コース(三重県)
6月18日(土)Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022
第13回 もてぎ大会
モビリティリゾートもてぎ
西コース(栃木県)
8月6日(土):練習走行
8月7日(日):決勝
Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022
第37回 九州大会
HSR九州 サーキットコース
(熊本県)
11月26日(土):練習走行
11月27日(日):決勝
本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022
第41回 全国大会
モビリティリゾートもてぎ
スーパースピードウェイ(栃木県)
Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2022 国内開催スケジュール

<Honda Racing THANKS DAY>

 Hondaは、モータースポーツファンの皆様に対する感謝イベント「Honda Racing THANKS DAY 2021-2022」を2月6日に鈴鹿サーキットで開催する。
 また、2022シーズン終了後にも同イベントの開催を計画している。日程やプログラムは決定次第、ホームページにて案内する。

<ご参考:(株)モビリティランドで行う主な国際レースについて>

 (株)モビリティランドは、3月1日付で社名を「ホンダモビリティランド株式会社」へ、栃木県茂木町にて運営する「ツインリンクもてぎ」の事業所名を「モビリティリゾートもてぎ」へ変更する。2022年もさまざまなレースやイベントを開催し、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展への貢献を目指している。
 鈴鹿サーキットは、日本初の本格レーシングコースとして1962年に開場し、今年開場60周年を迎える。参戦2年目となる日本人ドライバー角田裕毅選手の活躍が期待されるF1日本グランプリのほか、FIM世界耐久選手権(EWC)の一戦として開催される鈴鹿8耐などを開催する。開場25周年を迎えるモビリティリゾートもてぎでは、開業初期から継続開催しているFIMロードレース世界選手権(MotoGP)のほか、FIMトライアル世界選手権(TrialGP)など、年間を通してさまざまなレース、イベントを開催していく。

主な国際レースの開催スケジュール

カテゴリー 開催日程大会名開催会場
TrialGP5月21日(土)~22日(日)2022 FIMトライアル世界選手権
第1戦 日本グランプリ
モビリティリゾートもてぎ
(栃木県)
EWC8月4日(木)~7日(日)2022 FIM 世界耐久選手権
鈴鹿8時間耐久ロードレース
第43回大会
鈴鹿サーキット(三重県)
MotoGP9月23日(金・祝)
~25日(日)
2022 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第17戦
日本グランプリ
モビリティリゾートもてぎ
(栃木県)
F110月7日(金)~9日(日)2022 FIA F1世界選手権
第19戦 日本グランプリレース
鈴鹿サーキット(三重県)
主な国際レースの開催スケジュール(2022)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部