欧州で大人気スクーターがコレ!|16インチの「ホンダSH125i」、2023年モデルは新カラーでイメチェン。

ハイパーレッド
ホンダのスクーターシリーズ「SH」は、コンパクトな外観や大径ホイールを採用したヨーロッパで人気のモデル。ホンダは現在、125ccのSH125i、156.9ccのSH150i、330ccのSH350iの3種類をラインナップ中だが、欧州にて各車の2023年モデルを発表。ここではPCX125に次ぐ販売台数を記録した、SH125iのNEWモデルをご紹介しよう。国内での発売は未定。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

ヨーロッパではホンダ PCX125に次ぐ人気を獲得したホンダ SH125i

前後16インチの大径ホイールを採用したSHシリーズの末弟モデル・SH125i。ボディは全長は2,090mm、ホイールベースは1,350mmのビッグサイズ。また最小回転半径は2.05m、車体重量133.9kgとし、125ccクラスながらビッグスクーター並のどっしりとした外観&走りに仕上げているのがポイントだ。

エンジンは水冷4ストローク単気筒SOHC 4バルブ125 ccを搭載。ボア×ストロークは粘りのある53.5mmx55.5mmのロングストロークに設定し、最高出力は余裕の9.6kW(13.1PS)を発揮。

SH125iは2021年、ヨーロッパでの販売台数がPCX125に次ぐ2位にランクインするほどの人気モデルに成長。新型の2023年モデルは、パールファルコングレー、マットパールクールホワイト、マットパールパシフィックブルー、パールナイトスターブラック、コールブラック、ハイパーレッドの6色がラインナップされた。

パールファルコングレー

フロントスクリーン、トップケース装着車

マットパールクールホワイト

フロントスクリーン、トップケース装着車

マットパールパシフィックブルー

フロントスクリーン、トップケース装着車

パールナイトスターブラック

フロントスクリーン、トップケース装着車

コールブラック

フロントスクリーン、トップケース装着車

ハイパーレッド

ホンダSH125i(欧州仕様車) 主要諸元

全長×全高×全幅:2,090mm x 730mm x 1,130mm
ホイールベース:1,350mm
最低地上高:157.8mm
シート高:805mm
キャスターアングル:27.5°
トレール:85.2mm
車両重量:133.9kg
乗車定員:2人
最小回転半径:2.05m
エンジン型式:水冷4ストローク単気筒SOHC 4バルブ
総排気量:125cc
内径×行程:53.5mm x 55.5mm
圧縮比:11.5
最高出力:9.6kW(13.1)ps/8,250rpm
最大トルク:12Nm/6,500rpm
定地燃費値:45.7km/litre
燃料供給装置形式:電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量:7L
変速機形式:無段変速式(Vマチック)
ブレーキ形式:前 油圧式ディスク(ABS) 後 油圧式ディスク(ABS)
サスペンション:前 テレスコピック式(インナー径Φ33) 後 ユニットスイング
タイヤ:前 100/80-16 後 120/80-16
ヘッドライト/テールランプ:LED

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭