国内新進メーカー・アイディアが新型の電動バイク「AA-wiz(エーエーウィズ)」を発表!航続距離は123km

日本の電動バイクメーカー「aidea(アイディア)」が、2022年11月19日に東京都が主催するイベント「ZEV-Tokyo Festival」にて、新型の電動バイク「AA-wiz(エーエーウィズ)」を発表。AA-wizは荷物の運搬に特化したビジネスバイクながら、眺めているだけで楽しくなるイタリアンデザインが特徴。また大容量バッテリーを搭載することで、123kmの航続距離(30km/h定地走行値)を実現している。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
aidea(アイディア) https://aidea.net/

aidea(アイディア)は、既存のバイクの領域を超えた新しい価値を創造し、心豊かな生活の実現を目指した日本の電動バイクメーカー。国内の厳しい品質管理のもと、2020年6月より神奈川県相模原市の工場で生産をスタートさせた。

同社が製造・発売する、話題の屋根付きの3輪EVバイク「AAカーゴ」シリーズは、環境性能の高さや3輪ならではの走行安定性が認められ、2022年11月現在、日本マクドナルド、日本郵便、ドミノピザ、DHLジャパンなど、大手企業が採用。なお、電動バイクのAAカーゴは、購入時の各種補助金制度も導入済みだ。詳しくは下記をチェック!

約4kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載!

今回発表されたAA-wizは、約4kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、一回の充電で最大123kmの長距離走行を実現。業務で一日走り回っても、十分な容量を確保しているのがポイントだ。

前後ブレーキは制動力に優れたディスク式を採用。ビギナーなど様々なライダーの使用を想定し、前後のブレーキ効力をバランスよく連動させるコンビブレーキも導入済みだ。

リアホイールに組み込まれたコンパクトなインホイールモーターは、駆動系の部品点数を大幅に減少させるとともに、パワーロスも軽減。重い荷物を積んでも楽々と坂道を登る、インホイールモーターならではのパワフルな走りを実現している。

充電は本体と専用ケーブルを接続するだけでOK。200Vコンセント&100Vコンセントの使用が可能で、外出先では四輪車用の普通充電設備も使用できる。

走行シーンを問わず、安定した制動力を発揮するディスクブレーキ。
力強い走りを実現する、インホイールモーターを採用。
充電は専用ケーブルをつなぐだけでOK。200Vコンセントと100Vコンセントの使用でき、外出先では四輪車用の普通充電設備も利用可能。

AA-wiz α(原付一種)/ AA-wiz β(原付二種) ※荷物配達用……52万8000円(税込)

AA-wiz PRO α(原付一種)/ AA-wiz PRO β(原付二種) ※新聞配達用……53万9000円(税込)

AA-wiz PROは新聞配達に最適な、フロントバスケット、フットブレーキ、大型リアキャリアを装備。

アイディア AA-wiz 主要諸元

全長x全幅×全高:1,840mm x 645mm x 1,050mm
シート高:690mm
車両重量:125kg(PRO:130kg)
定格出力:0.6kW(原付一種モデル)/1.0kW(原付二種モデル)
タイヤサイズ:前後13インチ
ブレーキ:前後ディスク・コンビブレーキ
バッテリー容量:3.85kWh
一充電走行距離:123km ※30km/h定地走行値
充電電圧・時間:200V・3時間/100V・6時間
税込車両価格:528,000円(PRO:539,000円)
※主要諸元は開発目標値です。 予告なく変更する場合があります。

AA-wizは、プロダクトデザイナーであるクラウディオ・ザンキーニ氏(写真)の作品。従来のビジネスモデルにはないイタリアンデザインが特徴。
アイディアの製品は、神奈川県相模原市の自社工場で生産。2022年には、「AAカーゴ」が国土交通省による型式認定を取得。「国内第5のバイクメーカー」の誕生で話題となった。

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭