ブレイクアウトが生まれ変わった! ハーレーダビッドソン、4つの新モデルを発売

2023 Location Photography. FXBR Breakout
ハーレーダビッドソン ジャパン株式は、ハーレーダビッドソン2023年モデルに加わる新モデルとしてブレイクアウト(BREAKOUT®、写真)、ナイトスター(NIGHTSTER®)、ナイトスター スペシャル(NIGHTSTER® SPECIAL)、ロードグライド 3(ROAD GLIDE® 3)の4車種と、創立120周年を記念する限定モデルや特別カラーを発表し、各モデルを本日1月19日(木)より全国の正規ディーラーにて発売する。
2023 Location Photography. FXBR Breakout

ヨッヘン・ツァイツ/ハーレーダビッドソンCEOのコメント

「1903年以来、ハーレーダビッドソンはアメリカのモーターサイクルデザイン、テクノロジー、パフォーマンスのパイオニアです。今日がハーレーダビッドソンの120周年を祝う1年間のスタートであり、2023年モデルの第一弾を発表できることを嬉しく思います。
2023年は、ハーレーダビッドソンの歴史、文化、コミュニティを祝う、当社にとって忘れられないマイルストーンとなることでしょう」

ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト

TOPIC①:スタイルとパワーでストリートを支配する「ブレイクアウト」が、モダンチョッパーに生まれ変わって新登場

 2023年モデルのハイライトのひとつが、「ブレイクアウト」の新登場だ。
 ロング&リーンなチョッパーのプロフィールに、鮮やかな新しく力強いスタイリングを加えて生まれ変わった。240mmの極太リアタイヤにMilwaukee-Eight® 117エンジン(排気量1,923cc)を新搭載し、ハーレー最高峰の排気量とリッチなトルクを実現している。クルーズコントロール機能が標準装備(※2)となったのに加え、燃料タンクは約43%容量が大きくなり、18.9Lとなっている。 新しいハンドルバーライザーとポリッシュ仕上げのステンレス製ハンドルバーは、従来モデルよりポジションが3/4インチ 高くなり、ライダーの操作性も向上しています。リアフェンダーサポート、サイドカバー、マフラーシールド、シグナル、ミラー等には眩いばかりのクローム仕上げが施され、26本スポークのキャストアルミホイールは細部を加工した光沢ブラックで仕上げられている。カラー展開はビビッドブラック、ブラックデニム、バハオレンジ、アトラスシルバーメタリックの4色展開。
 なお、世界的人気モデルで日本でもファンの多いこの「ブレイクアウト」の新生を記念し、1月26日(木)正午から29日(日)迄の期間、東京・代官山T-SITE内の特別会場にて、同モデル(日本仕様)のジャパンプレミアと限定展示を行う(※3)。

■モデル名:ブレイクアウト(BREAKOUT®)

■車両本体価格(消費税込)とカラー:3,264,800 円(ビビッドブラック)、3,319,800円(ブラックデニム、バハオレンジ、アトラスシルバーメタリック)
■全長:2,370mm
■ホイールベース:1,695mm
■シート高(*無負荷状態):665mm
■車両重量:310kg
■レーク・トレール:34°145mm
■フューエルタンク容量:18.9L
■フロントタヤ:130/60B21,63H,BW
■リアタイヤ:240/40R18,79V,BW
■Milwaukee-Eight®117(排気量:1,923cc)

TOPIC②:120周年記念モデルとして、CVO™1 モデルが登場し、6モデルに限定記念カラーが追加

 ハーレーダビッドソン誕生から120周年となる2023年モデルでは、未来志向のスタイルとデザインの最高峰を象徴するカスタムビークルオペレーションズ(CVOTM)から1モデルと、特別塗装カラーのモデルが6つ、いずれも限定生産で登場する。
 ハーレー史上最も複雑なペイントスキームで限定デビューする「CVOTMロードグライド リミテッド アニバーサリー」(右写真)は、アニバーサリーブラックのベースコートの上に特別色エアルームレッドフェード(※4)のパネルが施された120周年記念のプレミアムモデルだ。鮮やかな赤のピンストライプと、手塗りのゴールドのスカラップも施され、空高く舞い上がる鷲の頭と翼を表現したゴールドメッキのタンクメダリオンには、アールデコ調のイーグルが描かれている。他にも、語りつくせぬディテールが各所に散りばめられたこの120周年記念モデルは、世界限定1,500台のみ生産され、燃料タンクコンソールにレーザー刻印されたシリアルナンバーが刻印される。
 120周年記念特別塗装は、さらに6台の限定生産モデルでも提供されている。いずれも、輝くエアルームレッドフェードをベースカラーとしたクラシックなパネルペイントが特徴。パネルには鮮やかな赤のピンストライプが施され、ミッドナイトクリムゾンのダークな色調で埋め尽くされている。さらに、アールデコ調のイーグルタンクメダル、赤いサイドパネルとゴールドのハーレーダビッドソンロゴが刺繍されたシートカバー、レッドフェードパワートレーンインサートなどのディテールが施されている。
 この120周年記念特別塗装を含む記念デザインは、以下のシリアルモデルにて提供される予定だ。
※各モデルの価格や主要諸元については、ハーレーダビッドソンの公式 WEB サイト(https://H-D.com/)にて、それぞれお確かめください。

ウルトラリミテッド アニバーサリー(世界限定1,300台)
ヘリテージクラシック 114 アニバーサリー(同1,700台)
ファットボーイ 114 アニバーサリー(同3,000台)

ヘリテージクラシック 114アニバーサリー(同1,700台)
ストリートグライド スペシャル アニバーサリー(同1,600台)
ロードグライド スペシャル アニバーサリー(同1,600台)

TOPIC③:Revolution® Max 975T エンジンを搭載する新たな「ナイトスター」と「ナイトスター スペシャル」が登場

ハーレーダビッドソン・ナイトスター

■モデル名: ナイトスター (NIGHTSTER®)
■車両本体価格(消費税込)とカラー:2,263,800円(ビビッドブラック)、2,296,800円(レッドラインレッド)
■全長:2,250mm
■ホイールベース:1,545mm
■シート高(*無負荷状態): 705mm
■車両重量: 221kg
■レーク・トレール:30°137mm
■フューエルタンク容量:11.7L
■フロントタイヤ:100/90-19 57H
■リアタイヤ:150/80B16 77H
■ Revolution®Max 975T (排気量:975cc)

ハーレーダビッドソン・ナイトスター スペシャル

■モデル名: ナイトスター スペシャル (NIGHTSTER® SPECIAL)
■車両本体価格(消費税込)とカラー:2,373,800円(ビビッドブラック)、2,406,800円(ブラックデニム、インダストリアルイエロー、ブライトビリヤードブルー)
■全長:2,265mm
■ホイールベース:1,545mm
■シート高(*無負荷状態):715mm
■車両重量:225kg
■レーク・トレール:30°137mm
■フューエルタンク容量:11.7L
■フロントタイヤ:100/90-19 57H
■リアタイヤ:150/80B16 77H
■ Revolution®Max 975T (排気量:975cc)

ハーレーダビッドソン/ナイトスタースペシャル
ハーレーダビッドソン/ナイトスター

 2023年モデルのスポーツカテゴリに、筋肉質なトルクを実現するためのチューニングを施した水冷60度Vツイン、Revolution® Max 975Tエンジンを搭載する「ナイトスター」と「ナイトスター スペシャル」が加わる。1970年代を彷彿とするメダリオンが象徴的な「ナイトスター スペシャル」には、すべてのメーターとインフォテインメント機能を集約する4インチ丸型TFTスクリーン(スポーツスターSと同型のもの)を搭載し、ハンドコントロールを通じ操作することで、5つのライドモード(スポーツ、ロード、レイン、カスタム2種)からパフォーマンスを選択できるほか、クルーズコントロール機能のほか、USB-CポートやBluetooth接続によるスマートフォンやヘッドセット等の連携も可能だ。空気圧センサー(TPMS)を搭載する新デザインのアルミキャストホイール、パッセンジャーシートとフットペグも標準で搭載しユーザビリティも向上している。
 新「ナイトスター」は、エアボックスカバーのグラフィックがシンプルなバー&シールドのデザインへと回帰しディスプレイもアナログとなり、ヘッドライトを覆うビキニカウルが取り外されたことも相まって、よりクラシックなスポーツスターとしての印象が強くなった。ライドモードは2022年モデルと同様に、スポーツ、ロード、レインの3種から選択が可能だ。
 2つのモデルは共通し、電子制御式の安全技術を搭載して、ライダーの安全をサポートしている。緊急ブレーキ時のコントロールを支援するアンチロック ブレーキシステム(ABS)、雨天の際など加速時に後輪が過度に空転するのを防ぐトラクション コントロールシステム(TCS。停車時にオフを選択することも可)、過度のエンジンブレーキによる後輪スリップを抑制するドラッグトルク スリップコントロールシステム(DSCS)等によって、ライダーが安全にモーターサイクルを制御するのを助けるよう、設計している。

TOPIC④:ALL NEW トライク「ロードグライド3」がデビュー。シャークノーズ フェアリングでホットロッドらしさ際立つ

ハーレーダビッドソン・ロードグライド3
ハーレーダビッドソン・ロードグライド3

 普通自動車MT免許を取得していれば大型二輪免許なしでも乗ることのできるハーレーがトライク(三輪モーターサイクル)だ。そのトライク ラインナップに 2023年モデルから新たに「ロードグライド3」(写真)が加わった。
 特長的なシャークノーズ フェアリングによって、長距離走行時でも風や雨などからライダーを保護し、スロットルをひねるだけでMilwaukee-Eight® 114エンジンによるトルクとパフォーマンスを楽しむことができる。Boom!™Box GTS6.5インチカラーTFT タッチスクリーンナビゲーション/インフォテインメントシステムは、2つの5.25インチフェアリングスピーカーを搭載し、モバイルデバイスへの標準的なBluetooth接続もサポートしており、ハンズフリー通話が可能だ(Bluetoothヘッドセットが必要)。ハーレーダビッドソンによるトライク専用のライダーセーフティ機能も搭載するほか、トライクならではの、電動式バックギアも装備している。
※価格や主要諸元は、ハーレー公式 WEBサイト(https://H-D.com/)でお確かめください。

 ハーレーダビッドソン誕生120周年と2023年モデルのデビューを記念し、全国のハーレーダビッドソン正規ディーラーでは1月28日(土)から2月12日(日)までの期間、「H-D120 2023年モデル デビューフェア」を開催する。到着したばかりの2023年モデルの店頭展示を行うほか、期間中にご来店のうえアンケート記入すると、全員に、2023年モデルの魅力が詰まった全80ページの車両カタログを120周年記念カタログバッグに入れて進呈する。また期間中、成約者の中から抽選で、東京・大阪・名古屋の各モーターサイクルショーの招待券をプレゼントする(※5)。
※詳しくは、フェア公式ページ(https://www.harleydavidson.com/jp/ja/tools/offers/dealer-event-campaign.html)
にてお確かめのうえ、この機会にお近くの正規ディーラーへ、ぜひ足をお運びください。

※1) ハーレーダビッドソン2023年モデルのモーターサイクル ラインナップの中で最大排気量(1,923cc)。
※2) クルーザーカテゴリにおけるクルーズコントロール機構は新ブレイクアウトのほか、ファットボーイ114、ファットボブ114、ローライダーS で2023年モデルから標準装備となり、ローライダーST、ヘリテージ クラシック114、スポーツグライドでも引き続き標準装備となります。
※3)1月26日(木)正午の展示開始から 29日(日)まで、代官山T-SITEの営業時間内で常時展示いたします。日本モデルのアンボックス セレモニーの模様は、展示開始となる1月26日(木)正午からハーレーダビッドソン公式instagramでも生配信いたします。なお会場の営業時間ならびに住所等は代官山T-SITE公式サイト(https://store.tsite.jp/daikanyama/)にてお確かめください。
※4) 先祖伝来の家宝を意味するエアルームを冠した120周年限定のレッドです。
※5) 店頭展示モデルは店舗により異なります。カタログの数には限りがありますので予定数を終了した場合にはご容赦ください。成約特典(モーターサイクルショー招待券)の抽選概要については、上述のフェア公式ページにてお確かめください。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部