MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車カタログ
  3. メルセデス・ベンツ
  4. Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/燃費/技術開発]

  • 2018/04/19

メルセデスの中核となる「Eクラス」は、セダンが昨2016年初頭に7年ぶりの刷新となり、現在は世代交代の真っただ中にある。基本となるセダンも基本骨格は完全新設計だが、ホイールベースが66mm伸びた以外はボディサイズの拡大は最小限。自動運転技術もより進化して、能動的に車線変更も行う最新システムを搭載する。その後、すでにステーションワゴンも日本で販売を開始しており、続いてクーペも本国でデビューしたばかり。これまでの例でいうと、残るはカブリオレのみ……となる。現時点での国内仕様は2.1ℓディーゼルを中心に2.0ℓガソリンターボ、3.5ℓV6ガソリンターボ、3.0ℓV6ガソリンターボ(AMG E43)をラインナップする。

これは「自動車2・0」か。戦慄の先進性 総合評価:8点

これこそ「自動車2・0」の幕開けだ。目玉のドライブパイロットは、前走車との車間調整、車線認識、自動操舵までしつつ設定速度で走行、前走車が停まれば、停止し、再発進も自動で行なう。更に、ウインカーレバーの操作だけで、周囲の車両などを確認、判断して車線変更を自動で行なう。「手動運転」の時も危険回避を支援する。車線を逸脱しそうになるとステアリングを引き戻し、緊急回避が必要な場面では、行くべき方向をクルマが判断し、操舵をアシスト。しかも、普段は邪魔にならず、しかし必要な時には確たる意思をもって介入し、何が起きたかドライバーにちゃんと伝達する。人間とクルマをとことん研究して作られていることに唸らされる。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

最新刊『2018年版間違いだらけのクルマ選び』島下泰久著〔草思社刊〕

メルセデス・ベンツEクラス 2019年3月発売モデル

E200 アバンギャルド

価格 721万円
排気量 1500cc
駆動方式 FR
最高出力 184 ps(135 kW)/5500rpm
最大トルク kg・m(280 Nm)/3000〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

E200 4マチック アバンギャルド

価格 744万円
排気量 1500cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 184 ps(135 kW)/5500rpm
最大トルク kg・m(280 Nm)/3000〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

E300 アバンギャルド スポーツ

価格 855万円
排気量 2000cc
駆動方式 FR
最高出力 258 ps(190 kW)/5800〜6100rpm
最大トルク kg・m(370 Nm)/1800〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

メルセデス・ベンツEクラスの歴代モデル

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ

メルセデス・ベンツ Eクラス バックナンバー

関連キーワード