ジュリアとステルヴィオにヴェローチェベースの特別仕様車「エストレマ」登場

アルファロメオ ジュリアとステルヴィオに、初のグローバル限定モデル「エストレマ」を設定

アルファロメオ初のグローバル限定モデル「ジュリア エストレマ」と「ステルヴィオ エストレマ」。
アルファロメオ、初のグローバル限定モデル「ジュリア エストレマ」と「ステルヴィオ エストレマ」をリリース。
アルファロメオは、ジュリアとステルヴィオの限定モデル「エストレマ(Estrema)」を発表した。この新しいスペシャルエディションは、アルファロメオがグローバルで展開する初の限定モデルシリーズとなる。

Alfa Romeo Giulia Estrema / Stelvio Estrema 

アルファロメオF1チームの技術をフィードバック

アルファロメオ初のグローバル限定モデル「ジュリア エストレマ」と「ステルヴィオ エストレマ」。
「エストレマ」はジュリアとステルヴィオの上級モデル「ヴェローチェ」をベースに、アルファロメオF1チーム由来の技術がフィードバックされた特別仕様として登場した。

ジュリア エストレマとステルヴィオ エストレマのベースとなったのは、上級仕様の「ヴェローチェ」。これにアルファ・アクティブ・サスペンションを含む、最強モデル「クアドリフォリオ」のドライビングダイナミクス技術が組み合わせられた。

エストレマの軽量化とドライビングダイナミクスのセッティングに関しては、F1に参戦するアルファロメオF1チーム・オーレン(ザウバー・モータースポーツ)からのフィードバッグが活用されている。

アルファ・アクティブ・サスペンションは、路面の状態を読み取り、ショックバルブを素早く調整することで、快適な乗り心地を維持しながら、特に高速走行時に高いハンドリング性能を実現。この制御システムは、センターコンソールの「アルファロメオ DNA パフォーマンススイッチ」で選択したモードに応じて作動する。

最高出力280psを発揮する直4ターボエンジン

アルファロメオ初のグローバル限定モデル「ジュリア エストレマ」の走行シーン。
パワーユニットはジュリア、ステルヴィオ共通で最高出力280psを発揮する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。駆動方式は、ジュリアの標準仕様がRWD、オプションでAWDを選ぶことができる。

パワーユニットはジュリアとステルヴィオ共通で、最高出力280ps・最大トルク306lb.ft.を発揮する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載する。8速オートマチックが組み合わせられ、ステルヴィオ エストレマは標準でクアドリフォリオ全輪駆動システムを採用。ジュリア エストレマはオプションでクアドリフォリオを選ぶこともできる。

ジュリアとステルヴィオには、アクティブ・クルーズコントロール、アクティブ・ブラインドスポット・アシスト、レーン・ディパーチャー・ウォーニング、自動エマージェンシー・ブレーキ、フルストップ機能付き前方衝突警告などのドライビングアシスタンス機能を標準装備。さらにオプションで「アクティブ・アシスト・プラス・パッケージ」も用意されている。

カーボンファイバーを配したエクステリア

アルファロメオ初のグローバル限定モデル「ジュリア エストレマ」のディテール。
エクステリアはグリルやミラーキャップにスポーティなカーボンファイバー製パーツを採用。ボディカラーは写真のブルカノ・ブラックを含む4色が展開される。

エクステリアはグリルやミラーキャップにカーボンファイバー製パーツを採用。前後フェンダーとリヤには、ダークカラーの「Estrema」バッジが配置された。Bピラーとサイドウインドウのトリムはグロスブラックで覆われ、シックな印象を醸し出している。

専用アロイホイール(ジュリア エストレマは19インチ、ステルヴィオ エストレマは21インチ)は、グロスブラックをチョイス。ジュリア エストレマにオプションで用意されたスタッガード・ホイールパッケージはリヤホイールとタイヤをワイド化し、よりダイナミックな外観を実現した。また、グロスブラックカラーのブレーキキャリパーには、ホワイトで“Alfa Romeo”の文字が刻印される。

ボディカラーは「アルファ・ホワイト」「アルファ・ロッソ」「ミサノ・ブルー」「ブルカノ・ブラック」の4色を展開する。

ブラックレザーにレッドのコントラストステッチ

アルファロメオ初のグローバル限定モデル「ステルヴィオ エストレマ」のインテリア。
スポーティなインテリアは、シックなブラックレザーに鮮やかなレッドのコントラストステッチが組み合わせられた。

インテリアは、スペシャルエディションらしく、スタイリッシュさとスポーティさを兼ね備えた高級感のある仕様。ダッシュボード、ステアリングホイール、センターアームレスト、シフトレバー、ドアパネル上部には、鮮やかなレッドのコントラストステッチが施された本革が標準で採用されている。また、ダッシュボード、ドア、センターコンソールには、クアドリフォリオと同様にカーボンファイバーアクセントが組み合わせられている。

ブラックレザー製スポーツシートは、F1マシン由来のドライビング性能を引き出すため、パッセンジャーをしっかりとホールド。ルーフには自然光を取り入れることができるデュアルペイン・サンルーフを設置した。ハーマン・カードン製14スピーカー・オーディオシステムと、ワイヤレス充電システムも標準装備する。

価格はジュリア エストレマ RWDが5万5090ドル、ジュリア エストレマ AWDが5万7090ドル、ステルヴィオ エストレマが5万8950ドル。すでに欧州における受注がスタートしており、2022年第3四半期からデリバリーが開始される。

アルファロメオの新型コンパクトSUV「トナーレ」のエクステリア。

アルファロメオ、トナーレ登場! 最新のインフォテインメントを備えたコンパクトSUV 【動画】

アルファロメオは、ブランドの変革を体現した新型コンパクトSUV「トナーレ(Tonale)」を…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部