アルファロメオ、空力が刷新されたニューF1マシンと新体制を発表

アルファロメオ、2022年シーズンに向けた新規定F1マシン「C42」を公開 【動画】

アルファロメオF1チーム・オーレンが2022年シーズンに投入する「アルファロメオ C42」。
アルファロメオF1チーム・オーレンが、2022年シーズンに投入する「アルファロメオ C42」。
アルファロメオF1チーム・オーレンを運営するアルファロメオとザウバーは、2022年シーズンのF1グランプリを戦うニューマシン「アルファロメオ C42」のカラーリングを公開した。刷新された2022年のマシン規定に則り、レッドとホワイトの鮮やかなリバリーが施されている。

Alfa Romeo C42

完全に刷新されたマシンレギュレーション

アルファロメオF1チーム・オーレンが、2022年シーズンに投入する「アルファロメオ C42」。
2022年から導入されるマシン規定は、これまでのステップドボトム方式に代わりってグランドエフェクトを導入。フロア下のダウンフォースが増加することを受けて、前後ウイングなどの空力パーツが簡素化されることになった。

バルセロナ・サーキットで行われた1週間のテストを経て、アルファロメオ C42は画像と映像で世界中のメディアとファンに向けて正式公開された。

アルファロメオ C42は、より厳しい予算制限が課された新たなマシンレギュレーションのもと、2022年シーズンに向けて、ザウバーの本拠地・スイスのヒンヴィルで開発。2021年型マシンとは一線を画す斬新なフォルムを纏って登場した。テクニカルディレクターのヤン・モンショーは、新たなグランドエフェクトフロア、アップデートされたエアロダイナミクスパッケージ、18インチと大経化されたロープロファイルタイヤを導入している。

C42は改良が施されたフェラーリ製パワーユニット「066/7」を搭載。燃料はバイオエタノールの割合が10%へと引き上げられ、より環境に配慮した「E10燃料」が使用される。テクニカルディレクターのモンショーは、アルファロメオ C42について次のようにコメントした。

「今回の発表は、ヒンヴィルのスタッフ全員が多くの時間やエネルギーを費やしてきた長い道のりの第一歩に過ぎないことを、私たちは知っています。このマシンの設計と製造は大変な作業でした。私たちはその成果を誇りに感じていますが、仕事はまだ終わっていないのです」

「新たなマシンレギュレーションが導入された時が常にそうであるように、開発曲線は今シーズンが最も険しくなるものです。私たちはC42からパフォーマンスを引き出し続け、目標に向かって進化を遂げる必要があります」

新型SUV「トナーレ」の車名を配したカラーリング

アルファロメオF1チーム・オーレンが、2022年シーズンに投入する「アルファロメオ C42」。
アルファロメオを象徴するレッドとホワイトのカラーリングには、1920年代の“Alfa Romeo”ロゴに加えて、新型SUV「Tonale」の車名も入れられた。

アルファロメオ C42は、ザウバーのF1参戦30周年を記念して、過去の歴史的リバリー、アルファロメオとザウバーモータースポーツの歴史を思い起こさせる繊細なデザインが採用された。デザイン部門のチェントロ・スティーレ・アルファロメオが手がけたこの新しいカラーリングは、一目でアルファロメオのマシンだと分かるアイデンティティが採り入れられている。

そのデザインは、ふたつのメインカラーであるレッドとホワイトが完璧に調和。パワーユニットエリアはレッドにペイントされ、カウルのダイナミズムを伝える斜めのカッティングが特徴となる。歴史的な書体の“Alfa Romeo”ロゴは1920年代のレーシングカー時代をオマージュして大胆に描かれた。また、その下には先日発表されたばかりの新型SUVモデル「トナーレ(Tonale)」の車名も入れられている。

レッドとホワイトが切り替わる斜めのライン上には「クアドリフォリオ」のグリーンエンブレムを配置。リヤスポイラー裏側にはイタリア国旗に“Alfa Romeo”の文字が誇らしげに入れられている。

ボッタスと周冠宇の新コンビで戦う2022年

2022年シーズンに向けて、アルファロメオF1チーム・オーレンはドライバーラインナップを刷新。昨シーズンまでのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに替わり、メルセデスから移籍したバルテリ・ボッタスと、中国初のフルタイムF1ドライバーとしてデビューする周冠宇(ジョウ・グアンユー)のコンビで戦う。また、リザーブドライバーは、これまでと変わらず、ロバート・クビカが務める。

F1において10回の勝利経験を持つボッタスは、アルファロメオでの新シーズンに向けて、次のようにコメントした。

「C42はとても印象的なマシンです。もちろんアルファロメオでの初マシンだから、僕にとっては特別ですし、このクルマでバーレーンGPのグリッドに立つのが本当に楽しみです。エキサイティングなのは、その最初のレースがどうなるのか、まったく分からないということです」

「新シーズンの開幕という、僕たちにとって本当に重要な瞬間が近づいています。加入して以来、僕はこのチームのモチベーションの高さを目の当たりにしてきました。チーム全員が競争力を高めるために懸命に努力していますし、それがコクピットにいる僕をさらに後押ししてくれるのです」

ついにF1においてフル参戦を勝ち取った周冠宇も、シーズン開幕に向けて意気込みを語っている。

「C42のカラーリングを目の当たりにして、F1デビューの実感を得ています。新しいクルマと新しいレギュレーションのもと、新しい時代の幕開けを迎えようとしているのです。ヒンヴィルやサーキットで、チームのハードワークや献身、高いモチベーションを見ていると、誇りと興奮で胸がいっぱいになります。このマシンでグリッドにつくのが待ち遠しいし、チームと一緒に結果を残すために精一杯努力します」

アルファロメオの新型コンパクトSUV「トナーレ」のエクステリア。

アルファロメオ、トナーレ登場! 最新のインフォテインメントを備えたコンパクトSUV 【動画】

アルファロメオは、ブランドの変革を体現した新型コンパクトSUV「トナーレ(Tonale)」を…

アルファロメオ C42を動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部