【スクープ!】 マセラティ史上最強の500kWを発揮!? グレカーレのEV仕様をキャッチ

【スクープ!】 マセラティ初のフルEVモデル「グレカーレ フォルゴーレ」、デビュー前に寒冷地テストを敢行

デビューに向けて、寒冷地テストが行われたマセラティ初のフルEVモデル「グレカーレ フォルゴーレ」。
デビューに向けて、寒冷地テストが行われたマセラティ初のフルEVモデル「グレカーレ フォルゴーレ」。
マセラティのミドルサイズSUV「グレカーレ」に追加予定のフルEV仕様「グレカーレ フォルゴーレ」の寒冷地テストの様子が撮影された。グレカーレ フォルゴーレは、標準仕様とほぼ変わらないエクステリアで2022年中にデビューすると見られている。

Maserati Grecale Folgore

2022年中にデビューするフルEV仕様

デビューに向けて、寒冷地テストが行われたマセラティ初のフルEVモデル「グレカーレ フォルゴーレ」。
電動化を推進するマセラティは、2022年中にグレカーレ フォルゴーレを発表予定。最高出力500kWを発揮し、0-100km/h加速は3秒台を記録すると見られている。このスパイショットではエキゾーストパイプがないことから、EVであることが分かる。

3月22日、マセラティは欧州において、レヴァンテに続くSUV第2弾「グレカーレ」をワールドプレミアした。この時、2023年モデルからグレカーレにフルEV仕様の「フォルゴーレ」を追加すると予告している。2022年中の投入に向けた寒冷地テストの様子が撮影された。

イタリアで稲妻を意味する「フォルゴーレ(Folgore)」には、2基の250kW電気モーターを前後アクスルに1基ずつ搭載。合計システム出力は最大500kWと、デビュー時点ではマセラティ史上最もパワフルな公道走行モデルとなる(グラントゥーリズモ フォルゴーレがすぐに抜き去るが・・・)。0-100km/加速はSUVながら3秒台を記録する可能性もある。

このパワフルなモーターに組み合わされるのは、400Vバッテリーシステム。バッテリーパックは105kWhと大容量を誇り、十分な航続距離をグレカーレにもたらすだろう。また、フロントアクスルへの駆動をカットするシステムを採用することで、使用電力を節約することもできるようだ。

加熱する電動ミドルサイズSUVセグメント

デビューに向けて、寒冷地テストが行われたマセラティ初のフルEVモデル「グレカーレ フォルゴーレ」。
多くのメーカーが次々と電動ミドルサイズSUVをリリースするなか、グレカーレ フォルゴーレはセグメントリーダーに君臨できるか・・・。今回、800Vシステムを搭載するグランツーリスモ フォルゴーレの姿もキャッチされた。

グレカーレ フォルゴーレの登場により、電動ミドルサイズSUVは群雄割拠の時代へと突入する。先行する「テスラ モデルY パフォーマンス(393kW)」「アウディ e-tron S(370kW)」「メルセデス・ベンツ EQC 400(300kW)」を大きく上回る500kWのパワーは、グレカーレ フォルゴーレを一気にセグメントリーダーへと推し上げるだろう。

しかし、マセラティの天下も長く続かないかもしれない。ポルシェは、フルEVとして開発を続ける次期「マカン」に、タイカン ターボSと同じパワートレインを採用する可能性があるのだ。タイカン ターボSは、ローンチコントロール使用時に最大560kWを発揮。これが搭載されれば、すぐにポルシェが最強電動SUVの座を奪還する。

ちなみに、グランツーリスモ フォルゴーレには800Vシステムが搭載され、最高システム出力895kWを発揮すると見られている。EV仕様のフォルゴーレはMC20、クアトロポルテとレヴァンテの次世代モデルにも導入。2025年までにマセラティの全モデルにフル電動モデルが加わり、2030年には内燃機関モデルは姿を消すことになる。

マセラティ グレカーレ トロフェオのフロントビュー

マセラティ グレカーレ登場! マカンキラーの最新SUVを渡辺慎太郎が解説

マセラティは2022年3月22日に新型車「グレカーレ」を発表した。同社にとってはレヴァンテに…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部