ベントレーの品質管理の基盤となる新施設

ベントレーが旧ミュルザンヌ専用ラインを改築、新たにビークルフィニッシュ専用「エクセレンスセンター」をオープン

ベントレーが旧ミュルザンヌ専用ラインを改築、ビークルフィニッシュ専用「エクセレンスセンター」をオープン
ベントレーのビークルフィニッシュ専用「エクセレンスセンター」
ベントレーは、英国・クルーの本社ファクトリー内に新設されたビークルフィニッシュ専用の「エクセレンスセンター」の稼働を開始した。最初の1台として、ベンテイガ V8をラインオフしている。

従業員に向けたオープニングセレモニーを実施

ベントレーが旧ミュルザンヌ専用ラインを改築、ビークルフィニッシュ専用「エクセレンスセンター」をオープン
クルーの本社ファクトリーに新設された、最終品質チェック用のエクセレンスセンター。このオープニングセレモニーでは、製造部門担当取締役のピーター・ボッシュがラインオフ1号車のステアリングを握った。

今回、「エクセレンスセンター」のオープンセレモニーの一環として、製造部門担当取締役のピーター・ボッシュ自身がベンテイガ V8のステアリングを握り、最初にラインオフを行った。

ベントレーが誇るクルーの本社ファクトリーでは、伝統的なクラフトマンシップと最先端のテクノロジーを組み合わせた緻密な生産工程を経てすべてのベントレー・モデルを製造。その品質基準は非常に厳しく、すべてのテストをクリアした車両のみが、全世界のカスタマーへとデリバリーされるべく「GO」サインを待っている。

厳重なチェックによって確保されるベントレーの品質

ベントレーが旧ミュルザンヌ専用ラインを改築、ビークルフィニッシュ専用「エクセレンスセンター」をオープン
ベントレーでは、ハンドメイドでの製造後、500~650項目にも及ぶチェックリストを2時間以上かけて確認。これにより、ライバルを圧倒する高い品質が確保されている。

ベントレーは10年以上にわたって英国の労働認証である「トップエンプロイヤー(Top Employer)」に認定されており、各従業員には充実したトレーニングを実施。厳しいトレーニングを経た担当従業員が品質チェックを行う。

各モデルは500~650項目にも及ぶチェックリストを、実に2時間以上かけて確認。さらに週に20台がピックアップされ、より細かい品質監査を受けることで、高い品質基準が確保されている。品質に対する継続的な追求により、これまでに製造された全ベントレーのうち、実に80%以上が今も実際に走行を続けているという事実があるほどだ。

新設されたエクセレンスセンターには歴史的価値の高いヒストリック・ベントレーが展示された。これは従業員に対し、カスタマーへと車両をデリバリーする前に、自分たちがこれまで築き上げてきた“歴史”を強く意識させる意図があるという。

ビヨンド100の実現に向けて改革を続けるベントレー

ベントレーが旧ミュルザンヌ専用ラインを改築、ビークルフィニッシュ専用「エクセレンスセンター」をオープン
今回のエクセレンスセンターの新設は、電動化やカーボンニュートラルの実現を目指すベントレーの経営方針「ビヨンド100」の一環となる。

エクセレンスセンターは、かつてのマリナー・ワークショップをベースとしており、ここでは数十年にわたって、様々なオーダーメイドが施されたベントレーが製造されてきた。その後、ミュルザンヌ専用生産ラインとして使用された後、今回ビークルフィニッシュ専用エクセレンスセンターとして生まれ変わった。

従業員向けオープニングセレモニーにおいて、ラインオフ1号車をドライブしたピーター・ボッシュは、次のようにコメントした。

「すべてのベントレーはハンドメイドで製造され、最高レベルの品質チェックを受けています。今回新設されたビークルフィニッシュ専用エクセレンスセンターは、私たちの品質基準をさらに高めることになるでしょう。職員は白い手袋をはめて、それぞれの車両が指紋ひとつ残さずにファクトリーを後にすることを確認します。彼らの技術と情熱は、AIなど最新テクノロジーによって支えられ、これまでも、そしてこれからも、お客様の高い期待に応え続けられるように努力を続けています」

「この新施設への投資は、将来に向けてクルーの本社工場を再構築するという、ベントレーの改革の一環となります。カーボンニュートラルで革新的、さらに環境負荷の低い現代的なファクトリーは、我社が掲げる『ビヨンド100』の実現に向けて、重要な役割を果たしてくれるはずです」

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部