ドイツ・ノイブルクを拠点にアウディがF1用パワーユニットを開発

アウディが自社開発のパワーユニット搭載マシンで2026年シーズンからF1に参戦【動画】

ベルギーGPで行われたアウディのF1参戦発表会に参加した、左からF1のステファノ・ドメニカリCEO、FIAのモハメド・ビン・スライエム会長、アウディのマルクス・ドゥスマン会長、技術開発担当取締役のオリバー・ホフマン。
ベルギーGPで行われたアウディのF1参戦発表会に参加した、左からF1のステファノ・ドメニカリCEO、FIAのモハメド・ビン・スライエム会長、アウディのマルクス・ドゥスマン会長、技術開発担当取締役のオリバー・ホフマン。
アウディはモータースポーツの最高峰「FIA F1世界選手権」への参戦を発表した。2026年からアウディが専用に開発したパワーユニットを搭載したマシンで参戦をスタート。F1プロジェクトは、ドイツ・インゴルシュタット近郊ノイブルクにあるアウディ・スポーツを拠点として行われる。

持続可能性とコスト削減を同時に進めるF1

ベルギーGPにおいて、アウディ・スポーツはパワーユニットを開発し、2026年シーズンからF1に参戦することを発表した。
F1に新たなコストキャップと、より環境に即した技術規定が導入されることを受けて、アウディは2026年からの参戦を決定した。

アウディは、スパ・フランコルシャンで開催されたF1ベルギーGPにおいて、2026年シーズンからのF1参戦を発表した。この会見では、アウディAG取締役会会長のマルクス・ドゥスマン、技術開発担当取締役のオリバー・ホフマンが、F1の会長兼CEOを務めるステファノ・ドメニカリ、国際自動車連盟(FIA)会長 モハメド・ビン・スライエムとともに、報道陣の質問に答えている。

アウディがF1参戦を決定した重要なポイントは、世界で最も人気が高いモータースポーツシリーズに、持続可能でコスト効率の高い明確な計画の導入が決まったことにあるという。

2026年から適用される新テクニカルレギュレーションは、より高度な電動化と先進的で持続可能な燃料を導入。既存のコスト制限に加えて、2023年にはパワーユニットメーカーにもコスト上限が設定される。さらにF1は、2030年までにカーボンニュートラルなレーシングシリーズになるという目標も掲げた。ドゥスマンは、アウディのF1参戦決定について次のように説明する。

「モータースポーツは、アウディのDNAに組み込まれています。F1は、アウディ・ブランドにとって世界的な舞台であると同時に、非常に過酷な開発実験室でもあります。ハイパフォーマンスなパワーユニットと高い戦闘力を備えたシャシーの組み合わせは、いつの時代も自動車業界に革新的で高度なテクノロジーをもたらしてきました」

「新たにF1に導入されるレギュレーションの発表により、アウディはF1に参戦する絶好の機会が到来したと判断しました。F1とアウディは、どちらも明確な持続可能な目標を追求していきます」

よりパワフルな電気モーターの搭載を決定

ベルギーGPにおいて、アウディ・スポーツはパワーユニットを開発し、2026年シーズンからF1に参戦することを発表した。
2026年シーズンから、F1マシンに搭載されるハイブリッドパワーユニットは、電気モーターの出力が大幅に向上。さらに持続可能性の高い燃料が採用されることも、アウディのF1参戦決定を後押しした。

2026年シーズン以降、電気モーター、バッテリー、電子制御システム、内燃エンジンから構成される電動パワーユニットの出力は、現在のF1で採用されているパワーユニットと比較して、大幅に増強される。電気モーターは約400kW(544ps)の出力を備えた内燃エンジンと同等のパワーを発生。非常に効率的な1.6リッターV型6気筒ターボエンジンは、先進的かつ持続可能性の高い燃料が採用される。

これらの先進的なテクニカルレギュレーションこそ、アウディがシリーズに参戦するための前提条件となったという。技術開発担当取締役のオリバー・ホフマンは、新技術規定について次のようにコメントした。

「F1は、持続可能性を念頭において、2026年からレギュレーションが大幅に改定されます。そのため、私たちはこの新しいF1への参戦を決定しました。F1は変革を遂げており、アウディはこの変革を積極的にサポートしたいと考えたのです。F1プロジェクトとアウディAGの技術開発部門が緊密に連携することで、様々な相乗効果が発揮されるでしょう」

2022年末に提携チームを発表予定

ベルギーGPにおいて、アウディ・スポーツはパワーユニットを開発し、2026年シーズンからF1に参戦することを発表した。
アウディはノイブルクのコンペテンス・センター・モータースポーツでF1用パワーユニットを開発。このパワーユニットを搭載し、F1に参戦するチームは2022年末に発表されるという。

パワーユニットは、インゴルシュタットにあるアウディAG本社から近い、ノイブルク・アン・デア・ドナウにある、アウディ・スポーツが誇る最先端の「コンペテンス・センター・モータースポーツ(Competence Center Motorsport)」で製造される。

ノイブルクには、F1エンジン用テストベンチだけでなく、電気モーターとバッテリー用のテストベンチも既に設置。現在、スタッフ、施設、技術インフラの面で必要な準備作業が行われており、年末までにすべての準備が整う予定となっている。

また、アウディ・スポーツの100%子会社である、パワーユニットプロジェクトの別会社が設立された。この会社の最高経営責任者(CEO)には、アダム・ベイカーが就任し、アウディのF1プロジェクトの責任者となる。経験豊富なエンジニアであるベイカーは、自動車メーカーやモータースポーツチームで、さまざまな要職を歴任。2021年のアウディ入社前は、FIAに3年間勤務していた。アウディは2022年末までに、どのチームと提携するのかも発表する予定だ。

F1に集中するためLMDhプロジェクトは中止に

F1参戦を受けて、アウディは2023年から予定していたLMDhプロジェクトのキャンセルを決定。ただし、総合優勝を狙うダカール・ラリー参戦プロジェクトは継続される。
F1参戦を受けて、アウディは2023年から予定していたLMDhプロジェクトのキャンセルを決定。ただし、総合優勝を狙うダカール・ラリー参戦プロジェクトは継続される。

アウディ・スポーツは、F1プロジェクトにリソースを集中するため、LMDh(ルマン・デイトナ・ハイブリッド)プロジェクトのキャンセルを決定した。

また、モータースポーツ部門は、耐久レース用のスポーツカーの開発も中断。アウディ・スポーツはカスタマーレーシングとダカール・ラリーに参戦するための革新的な「RS Q e-tron」プロジェクトは、これまで通り継続する。

アウディのF1参戦発表を動画でチェック!

イタリアのヴァラーノ・デ・メレガリで精力的に走行を続ける、BMW M ハイブリッド V8。

役者が揃ってきた! BMW M ハイブリッド V8、IMSAに続き2024年シーズンから世界耐久選手権にも参戦を発表

BMW M モータースポーツは、2024年シーズンからル・マン24時間レースを含む、FIA世…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部