『007』最新作に登場のディフェンダーをインスパイアした限定車

『007』の特別仕様を施した「ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディション」登場!

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念、300台限定の「ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディション」がデビュー
ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディションのサイドビュー
近々世界での公開がスタートするジェームズ・ボンド・シリーズ最新作『No Time To Die(邦題:007/ノー・タイム・トゥ・ダイ)』を記念し、ランドローバーSVビスポークは、世界300台限定の「ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディション」を開発した。

Land Rover Defender V8 Bond Edition

最強最速のディフェンダーがベース

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念、300台限定の「ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディション」がデビュー
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場するディフェンダーをイメージした「ボンド エディション」は、最強最速のディフェンダーとして登場した「ディフェンダー V8」をベースに開発された。

最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、ディフェンダーが2台のレンジローバー スポーツ SVRとともに豪快なカーアクションを披露。さらにレンジローバー クラシックとランドローバー シリーズIIIも劇中に登場する。英国では2021年9月30日から、日本では10月1日から公開が決まっている。

ディフェンダー V8 ボンド エディションは、作中に登場するディフェンダーにインスパイアされ、先日デビューしたばかりの「ディフェンダー V8」をベースに開発された。

ディフェンダー V8は、最高出力525ps・最大トルク625Nmを発揮する5.0リッターV型8気筒スーパーチャージャー付きガソリンエンジンを搭載し、8速オートマチックトランスミッションを介して4輪を駆動する。0-60mph加速は4.9秒、最高速度は149mph(約240km/h)という走行性能を実現。ディフェンダー史上最も速く、最もダイナミックなモデルとなっている。

このディフェンダー V8をベースに、グロスブラック・22インチアロイホイール、キセノンブルーにペイントされたフロントブレーキキャリパーを装着。リヤゲートに専用の“Defender 007”バッジを配したエクステンド・ブラックパックも採用した。

「007」をイメージしたインテリアを採用

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念、300台限定の「ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディション」がデビュー
“Defender 007”トレッドプレートの他、インフォテインメントシステムには007仕様のスタートアップ・アニメーションが採用された。

インテリアには、イルミネーションで飾られた“Defender 007”トレッドプレートを採用。「Pivi Pro」インフォテインメントシステムには、ランドローバーとジェームズ・ボンドの長いパートナーシップに敬意を表し、スタートアップ・アニメーションが特別に開発された。夜間には“007”のパドルランプグラフィックも点灯。限定300台のなかの1台であることを示すレーザーエッチングも施され、SVビスポークのロゴも配された。

英国では、ディフェンダー 90が5台、ディフェンダー 110が10台、合計15台のディフェンダー V8 ボンド エディションを販売。日本を含めた世界各国へのデリバリーに関しては未定となっている。

ランドローバー・ブランドのディレクターを務めるフィンバー・マクフォールは、ディフェンダー V8 ボンド エディションについて、次のようにコメントした。

「ランドローバー ディフェンダー V8 ボンド エディションは、映画『007』に登場する車両からインスピレーションを得て、これまでに生産された中で最もパワフルなディフェンダーをベースに開発しました。このモデルは、ふたつの偉大な英国ブランドの出会いを象徴しています。ランドローバーとジェームズ・ボンドとの38年に渡る関係を祝う、ユニークなモデルと言えるでしょう」

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部