2023年型 スバル・クロストレックの価格を発表!

スバルの米国部門は、2023年型コンパクトSUV「クロストレック」のラインナップ詳細を発表した。スバルはハイブリッドモデルを始め、5種の新グレードをラインナップした。今回は、豊富なグレードのうちアクティブモデルの「スポーツ」と高級志向の「リミテッド」グレードについて詳しく紹介をしていこう。

スバルの米国部門は2023年型コンパクトSUV「クロストレック」と「クロストレック・ハイブリッド」の価格を発表した。2023年モデルのクロストレックには、ベース、プレミアム、スペシャルエディション、スポーツ、リミテッドのグレードがあり、スペシャルエディションには専用エクステリアカラー「デザートカーキ」が採用され、ボディを引き立てている。

クロストレックは、スバル伝統のオールホイール・ドライブに、アクティブトルクベクタリングを搭載、220mmの地上高を誇り、悪路走行でもものともしないコンパクトSUVとしての高い走行性能を確立している。

2023年型クロストレックは23,645ドル(≒316万円)から、ハイブリッドモデルは36,845ドル(≒492万円)からの販売となる。

スバル伝統の豊富なパワートレイン

「ベース」モデルと「プレミアム」モデルには、152psを発揮する2.0リッター4気筒SUBARU BOXERエンジンを搭載。両モデルとも、6速マニュアル変速機とリニアトロニックCVT(無段変速機)をオプションで選択することができる。スペシャルエディションは、2.0リッターBOXERエンジンとリニアトロニックCVTの組み合わせたパワートレインが標準装備されている。「スポーツ」と「リミテッド」には、182psの2.5L BOXERエンジンとリニアトロニック CVTを組み合わせたパワートレインを搭載。また、「ベース」を除くCVT搭載車には、ステアリングホイールパドルシフト付きの8速マニュアルモードが標準装備されている。

ハイブリッドモデルには、2つの電気モーター、2.0L直噴SUBARU BOXERエンジン、オールホイール・ドライブ、リニアトロニックCVTを独自に統合したスタードライブ・テクノロジーが搭載されている。このプラグインSUVは最大17マイルの電気走行が可能となっている。

クロストレック・スポーツ概要

クロストレック・スポーツは、プッシュボタン式スタートキーレスアクセスとハイパワーLEDリアゲートライトが追加し、27,995ドル(≒374万円)から販売される。スポットでは、専用のホイールアーチモールや、フロントグリル、サイドミラー、アンテナ、バッジのガンメタル仕上げなど、独自のエクステリアトリムエレメントが豊富に用意されている。また、ダークグレー仕上げの17インチアルミホイールも標準装備されている。

スポーツは快適で丈夫なインテリアを備えており、道路やトレイルでの使用に最適。シートはスバルのStarTex撥水加工が施され、シートバックにはクロストレックのロゴが刻印されている。スポーツでは、イエローのコントラストステッチ、ガンメタルとシミュレーテッドカーボンファイバーのインテリアトリム、カラー液晶とイエローメタリック仕上げのトリムリングを備えたハイグレードメータークラスターでキャビン空間に色を差して引き立ててくれている。

スポーツの専用装備として、デュアルファンクションX-MODE(ヒル・ディセント・コントロール付)が設定された。X-MODEにはスノーとダートに加え、ディープスノーやぬかるんだ路面に対応する設定があり、難しい天候や路面状況に応じて全輪駆動の性能を最適化することができる。

クロストレック・リミテッド概要

クロストレック・リミテッドには、プッシュボタンスタートキーレスアクセス、スターリンク8.0インチマルチメディアプラスシステム、カラー液晶付ハイグレードマルチファンクションディスプレイなどの機能を備え、価格は29,495ドル(≒394万円)から「プレミアム」グレードをベースに構成されている。エクステリアでは、18インチブラックアルミホイール(マシンフィニッシュ)、ボディカラーミラー(ターンシグナル付)を装備し、リミテッドのみの設定としている。

リミテッドは、ステアリングレスポンシブLED(ロービーム、ハイビーム)、LEDデイタイムランニングライト、LEDフォグランプを標準装備している。また、夜間の視認性を高めるハイビームアシストも標準装備しており、夜間走行の装備が充実している。キャビンには、シート、シフトレバーブーツ、センターコンソールストレージリッド、ドアアームレスト、インストルメントパネルにコントラストオレンジのステッチを施したブラックまたはグレーのレザーを採用している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部