精悍なフロントフェイスを採用した2023年型スバル・アセントの概要をお披露目!

北米スバルが2023年型アセントを公開!スタイリングを一新して機能充実。

北米スバルは2023年型「アセント」の写真を公開した。アセントは北米で展開されているSUVでファミリーユーザーがターゲットだ。新型アセントでは、フロントとリアフェイスのデザインを一新、Apple CarPlayやAndroid Auto連携のシステムを搭載し、これまで以上に機能性に優れている。室内には3列シートを備え、家族で使用するにも全く問題はない。今回は優れた使用感と快適性を誇る新型アセントについて紹介していこう。

スバル・アセントは北米市場に向けて、ファミリーユーザーを主要ターゲットに展開されている3列シートのファミリーSUVだ。今回、米スバルはアセントのスタイリングを一新した2023年型アセントの概要を発表した。新型アセントでは、フロントエンドとリアエンドのデザインが一新され、充実した安全装備とマルチメディアシステムを追加で装備している。

2023年モデルのアセントは、「ベース」、「プレミアム」、「オニキスエディション」、「リミテッド」、「ツーリング」の5グレードを展開。今秋からの販売開始を予定している。パワートレインは、260馬力の2.4Lターボエンジンを搭載。8速マニュアルモードとパドルシフトを備えたリニアトロニックCTV(無段変速機)を標準装備し、高い応答性を実現している。

アセントの全モデルには、シンメトリカルAWDとX-MODEが標準で装備されている。優れた全天候型ドライブとトレイルドライブをサポートし、悪天候でもオフロードでもガンガン使用することができる。また、最低地上高は他のSUVを凌ぐ220mm。悪路でも全く問題ない走破性を見せる。

内外装のアップデート

新型アセントは、メッシュが粗めの大型グリル、これも大型のLED式ヘッドライト、ワイドに広がるフロントバンパーカバーを備えた、よりアグレッシブなフェイスキャラクターになっている。新しいフロントバンパーカバーは、車両下部の空気の乱流を防ぐために、下端部に新しいエアダクトを備えている。ヘッドライトには夜間の視認性向上のためにステアリング応答性ハイビームを備え、コーナーの先の暗がりにも的確にライトを照射し、優れた視界視認性を誇る。テールライトは、車両中央に向くC型シェイプにデザイン変更。新型としてのフレッシュなキャラクターにアクセントを加えている。

スバルのグローバルプラットフォームを採用したアセントは、圧倒的な実用性と快適性を誇る広い室内空間を備えている。8人乗りのほか、2列目に7人乗りのキャプテンチェアを用意するなど幅広い用途で使用することができる。2列目の60/40分割のシートを畳むと、キャリアスペースを最大2,140Lまで拡大することができる。広い室内でコミュニケーションをサポートするキャビンコネクトを搭載。運転席や助手席で発した声がオーバーヘッドコンソールのマイクで集音され、リアスピーカーから送信され、3列目からもクリアな音声を聞くことができる。

新型アセントの全車に、11.6インチのフルHDタッチディスプレイが装備された。ここから、マルチメディア、クライメートコントロール、X-MODEなど様々な機能を一括して操作することができる。また、スマートフォン連携に特化したApple CarPlayとAndroid Autoを標準装備、Bluetoothを利用したハンズフリー通話をすることもできる。

スバル自慢の優れた安全装備

新型アセントには、最新式のアイサイト・ドライバーアシストが標準装備されている。よりスムーズに幅広い条件下で作動するように制御ソフトにはアップデートが成されている。また、デュアルカメラを備えたワイドアングルモノカメラを装備し、より広い視野を実現。いち早く歩行者や自転車を認識し、未然に事故を防ぐために機能する。駐車時には、サラウンドビューモニターを使用。4台のカメラ映像を1枚の画像に合成して、車両を俯瞰して安全な運転に貢献する。

車線変更アシストや死角スポット検知機能など、充実したスバルの安全装備に新機能が追加された。それが緊急時の自動ステアリング機構だ。自動ブレーキシステムと連動し、80km/h以下であれば衝突を回避するためのステアリング蛇行をアシストし事故によるショックを最低限に抑えてくれる。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部