谷口信輝選手のドラテク講習やGR車両の試乗体験など大充実!

「MOTOR SPORT FESTIVAL」が2年ぶりに帰ってきた! 北海道のクルマ好きの輪が広がるサーキットイベント【7月23日/十勝スピードウェイ】

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
「毎回楽しみにしています!」というリピーターから、「初めて十勝スピードウェイに来ました」というサーキット初心者まで、幅広い参加者が集合した。
北海道のクルマ好きにとって、もはや夏の風物詩となりつつあるのが十勝スピードウェイのMOTOR SPORT FESTIVAL(モータースポーツフェスティバル)だ。2年ぶりに開催された今回も、サーキット走行やドラテク講習、GR86をはじめとするスポーツカーの体験試乗など充実のコンテンツで参加者をお出迎え。走り好きからファミリーまで、幅広いクルマ好きがたっぷりとサーキットを楽しめる1日となった。

TEXT●長野達郎(NAGANO Tatsuo) PHOTO●石川大輔(ISHIKAWA Daisuke)/長野達郎(NAGANO Tatsuo)

アンビシャスグループ北海道が主催。狙いは「クルマのファンを拡大」

「待ってました!」「楽しみにしてました!」という声が、参加者の口から次々に聞こえてきた。7月23日、MOTOR SPORT FESTIVALが2年ぶりに開催されたのだ。舞台はもちろん、十勝スピードウェイ。当日はあいにくの雨模様にも関わらず、北海道のクルマ好きたちが続々とサーキットに足を運んだ。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
ピットロードには、GR Garage 札幌厚別通カスタマイズした「カロリン86」をはじめ、試乗車やデモカーが勢ぞろい。昨年は新型コロナのまん延防止のために開催が見送られたため、今年の開催を心待ちにしていた参加者も多かったようだ。

本イベントを主催したのはアンビシャスグループ北海道(AGH)だ。前回まではGR Garage 札幌厚別通が単独で主催を務めていたが、今回からグループ内のトヨタカローラ札幌、札幌トヨペット、ネッツトヨタ函館、ジェームス(札幌市内5拠点)とともに力を合わせての開催となった。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
開会式では、札幌トヨペットの石黒専務が登壇。「昨年10月に設立されたアンビシャスグループ北海道では、北海道唯一のGRガレージである『GR Garage 札幌厚別通』を強みとしながら、クルマファンやモータースポーツファンと繋がり、情報交換ができる場を作っていきたい」と抱負を述べた。

体制変更の狙いについて説明してくれたのは、GR Garage 札幌厚別通で主査を務める古島淳一さんだ。「『クルマファンを作ろう』という趣旨で立ち上げたMOTOR SPORT FESTIVALですが、もっともっとファンの裾野を広げたいと思っています。その実現のため、アンビシャスグループ北海道全体でイベントに取り組むこととなりました」

そうした思いとともに開催されているMOTOR SPORT FESTIVAL。4回目となる今回も多くの参加者が集ってくれたわけだが、その人気の理由はいくつかある。まずはゲストが豪華なこと。次にコンテンツが盛りだくさんなこと。そしてサーキット走行派からファミリーまで幅広い人が楽しめること、だ。ひとつずつ詳しくご紹介していこう。

レーシングドライバーの谷口信輝選手とジャーナリストの飯田裕子さんが登場

毎回いろいろなゲストが会場を沸かしてくれるこのイベントだが、今年はレーシングドライバーの谷口信輝選手と、自動車ジャーナリストの飯田裕子さんが登場した。

谷口選手はスーパーGT・GT300クラスで三度のチャンピオン経験を持つほか、このイベントの前週に行われたGR86/BRZカップの2022年シリーズ第1戦で優勝するなど、実績も人気もトップクラス。谷口選手がお目当ての来場者も多く、色紙やグッズにサインを書いてもらう様子がそこかしこで垣間見られた。

飯田裕子さんは日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務めており、雑誌やウェブなど多数のメディアで活躍中。執筆活動に加えて、安全/環境啓蒙活動の一環としてドライビングスクールのインストラクターも務めている。

さらにこの日は、北海道を拠点としながらスーパー耐久に参戦し、21年にはST-5クラス王者に就いた猪俣京介選手もサーキットに駆けつけてくれた。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
左から谷口信輝選手、飯田裕子さん、猪俣京介選手。なかなか見ることのできないスリーショットだ。

愛車でサーキットを疾走! 3クラスに分かれて「マイカーフリー走行」を実施

MOTOR SPORT FESTIVALのメインディッシュと言えるのが、マイカーによるフリー走行だ。普通免許があれば参加OKというハードルの低さに加えて、レベルに応じて3クラスに分けられ、サーキット初体験の初心者クラスでは先導車がサポート。そのおかげで、ベテランだけでなくビギナーも、自分のクルマのポテンシャルを十勝スピードウェイで思う存分堪能できる貴重な機会となったようだ。

それでは、フリー走行の参加者の声を聞いてみよう。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
トヨタ86
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
清水武流さん
初級クラスに参加した清水武流さんの愛車は、中古で手に入れたというトヨタ86。「以前からサーキットには興味があったのですが、今日、初めて走ることができました。このイベントは初心者でも気軽に参加できて楽しかったです!」
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GRヤリス
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
落合重之さん
中級クラスの落合重之さんは、2021年にGRヤリスを購入。モータースポーツフェスティバルを楽しみにしていたのだが、昨年はイベント開催が見送られてしまったため、1年越しでの参加となった。「雨だったので緊張しました」と、走行後はホッと一息のご様子。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GR86
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
熊谷広洋さんと碧翔くん
四駆有利のウエットコンディションながら、FRのGR86で総合2番手のタイムを記録したのは、上級クラスの熊谷広洋さん(と碧翔くん)。「ドリフトをやっていたので、滑りやすい路面でのコントロールは自信がありました(笑)。以前は先代の86に乗っていたのですが、新型はエンジンもボディもすごく進化していますね。タイヤとブレーキだけ交換していますが、それだけでサーキットも問題なく楽しめますよ。今日は大ファンだった谷口さんにも会えて、大満足です!」

「ウェットはどう走る?」谷口選手と猪俣選手によるドラテク講習会

走行の合間には、谷口選手と猪股選手によるドラテク講習会も開催された。特に初心者向けのクラスで谷口選手が強調していたのは、「無理をしないこと」。この日は生憎のウェットコンディション。そんな状況で必死に頑張って多少タイムがアップしたとしても、それは自己満足でしかない。それよりも、「今日はサーキットをとりあえず体験してみよう」くらいの気持ちで、肩の力を抜いて無理をせずに走ってほしい、と慎重な運転を心がけるようアドバイスを贈っていた。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
現役レーシングドライバーからのアドバイスに参加者は真剣に耳を傾けていた。

中・上級者クラスでは、より具体的なアドバイスを伝授。「ウェット路面の場合、タイヤの空気圧をちょっと上げます。そうするとタイヤが発熱しやすくなったり、溝が広がって排水性が良くなるんです。自分が出場しているGR86/BRZカップの場合、だいたい2.5〜3.0kg/cm2くらいを目安に調整しています」と谷口選手。

GRヤリスに乗る参加者から出た「4WDを速く走らせるには?」という質問には、「FFの運転とそれほど変わりませんよ。どちらもオーバーアクセルは厳禁だし、飛び込みで頑張るのではなく、しっかり止めてしっかり曲げて、トラクションで稼ぐ、という走らせ方がいいと思います」と答えていた。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
初めてのサーキット走行、それがウェットコンディションという初級クラスの参加者を前にして「今日はみなさん、勝負しに来ているのではくエンジョイするために来ているので、とにかく無事に帰ってくることを心がけてください」と谷口選手。

GRシリーズを体験試乗! スープラ&ヴォクシーの同乗試乗も大好評

GR86、ヴィッツGRMN、マークX GRMNといった車両の体験試乗も、本イベントならではのコンテンツだ。普段はなかなかドライブする機会のないGRシリーズの車両を、3台も、しかもレーシングコースで乗り比べできちゃうのだから、試乗待ちの行列ができたのも当然と言えるだろう。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GR86
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
笠原一穂さん
先代86を2台乗り継ぎ、サーキット走行やジムカーナを楽しまれているという笠原一穂さん。GR86を体験試乗して「排気量がある分、トルクも増えていますね」と、新型の進化を実感。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
トヨタ・ヴィッツGRMN
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
宮川卓也さん
愛車のGRヤリスを購入してこの日が初サーキット走行だった宮川卓也さんは、ヴィッツGRMNを体験試乗。「エンジンの吹け上がりやレスポンスが素晴らしいですね!」
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
トヨタ・マークX GRMN
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
相部洸太さん
マークX GRMNに体験試乗したのは相部洸太さん。「3000rpmから盛り上がるパワーが凄い! 父がスーパーチャージャーを装着した86に乗っているんですけど、それよりもパワフルですし、快適なのも良いですね」と興奮の面持ち。

自分のドライブでサーキット走行する参加者のみならず、ファミリーが楽しめるコンテンツが豊富に用意されているのもMOTOR SPORT FESTIVALの特徴だ。

本イベントの名物ともいえるノアのファミリー同乗走行だが、今年は車両を新型ヴォクシーにチェンジして実施。ドライバーを担当した飯田さんも「加速がスムーズだし、ボディがしっかりしていて足もよく動く。走りの質がすごく上がっていますね」と太鼓判を押すほど走りの実力も高く、試乗を終えた参加者からも「ミニバンとは思えませんでした!」と興奮気味に感想を教えてくれた。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
飯田さんのドライブで同乗走行を行ったトヨタ・ヴォクシー。新型からハイブリッドでも4WDが選べるようになったことで、北海道のユーザーも大いに注目している1台だ。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
2列目シートでサーキットを体感した鹿瀬祥平(2列目席左)さんと恵さん(同右)。「コーナリングでも振られることなく安定していて驚きました」という恵さんは、新型ヴォクシーを注文済みで、現在は納車を待っているところ。「今回の同乗試乗で新型ヴォクシーがいいクルマだと改めてわかりました。買って良かったです!」

もっと刺激が欲しい(!?)参加者に向けては、GRスープラも用意されていた。こちらは猪股選手がドライブし、同乗者は3L直6ツインターボのフル加速を存分に味わっていた。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
地元ということでコースを熟知した猪俣選手がGRスープラをドライブ。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GRスープラの同乗試乗を終えた村山詩織さんは、「加速が全然違います!」と驚きの表情。普段はヴェルファイアのほかセダンや軽などいろいろなクルマに乗られているそうだが、初めてサーキット走行を体験して「GRヤリスが欲しくなってきました」と乗り換えを検討中!?

安全に走るための「正しいドライビングポジション」をレッスン

サーキット走行以外のコンテンツで特に人気だったのは、飯田さんによるドライビングレッスンだ。これは速く走るためではなく、一般公道を安全かつスムーズに走れるようになることを主旨としたもの。「お尻を前にずらして座っている方をよく見かけますが、それだと強いブレーキが踏めません。また、カーブの度に身体が動いてしまうのもよくありません」と飯田さん。では、正しいドライビングポジションにはどのように合わせればいいのだろうか。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
「正しいドライビングポジションだと見た目がすごくスマートですし、運転が上手そうに見えます。見栄えは大事ですよ(笑)」と、ユーモアを交えながらレッスンを行う飯田さん。

「まずやることは、シートに深く腰掛けること。シートと身体との間に隙間を作らないことが重要です。続いてシートスライドは、ブレーキをギュッと踏んだ時、膝が少し曲がる位置に合わせましょう。こうすると左足をフットレストで踏ん張ることができるので、コーナリング時に身体を安定させることができます。リクライニングは、ハンドルを持った際に肘が90〜100度程度曲がるくらいに調整。この状態だと、ハンドルを楽に切ることができるんです」と、ひとつひとつ手順を追ってわかりやすくレクチャー。ここまで丁寧に教えてもらえるのは貴重な機会で、参加者からも大好評だった。

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
レクチャーの後は、特設コースでテストドライブ。正しいドライビングポジションをとると、スラロームや急ブレーキがスムーズに行えることが実感できたようだ。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
レッスンを熱心に受講されていた横川幸信さん&由香さん。「自分のドライビングポジションと全然違いました。いつの間にか、楽な姿勢になっていたんだとちょっと反省しました。正しいポジションだと安定してハンドルが切れますし、急ブレーキも踏みやすいですね(由香さん)」

まだまだあります! 充実のコンテンツをダイジェストでご紹介

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージがデモ走行。50台限定という超貴重なマシンだけでに、「こんな雨で乗りたくない…」とドライバーを担当した谷口選手はやや緊張気味(!?)だったが、本番はさすがの踏みっぷり! その激走の模様は、トヨタカローラ札幌のYouTubeチャンネルで見ることができる。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GR Garage 札幌厚別通がチューニングを行ったカスタマー車両のトヨタ86。昨年12月に筑波サーキットで行われた「REVSPEED筑波スーパーバトル」では1分00秒823をマークした実力の持ち主だ。今回は谷口選手のドライブでデモ走行が実施された。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
谷口選手がマイカーをドライブしてくれるというファンにはたまらないコンテンツも。小石翔太さんは「ウェット路面でトラコンを切っているのに綺麗に曲がっていきますね!」とプロのテクニックに舌を巻かれていた。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
小石翔太さんの愛車は、排気系から足周りまで手が入れられているトヨタ86。サーキット走行とジムカーナを楽しまれているそうだ。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
トヨタ・ランドクルーザーGRスポーツで加速後、フルブレーキ! どこまで正確にクルマを止めることができるかを競う「チキチキ寸止めトライアル」も大盛り上がり。ちなみに飯田さんは8cmという記録を達成!
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
パドックではカートの体験コーナーも。親子で乗ることができるカートもあり、お父さん&ちびっ子ペアで激走する姿も!
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
VRシミュレーターでは、自動ブレーキなどトヨタ車の安全運転支援機能を体験するほか、サーキットの模擬走行が楽しめた。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
お昼休みのお楽しみは、谷口選手、飯田さん、GR Garage 札幌厚別通の古島主査らによるトークショー。「雨のレースで気をつけることは?」という質問に対する谷口選手の答えは「前が見やすいよう、常に先頭を走ること」。それができれば苦労しません(笑)。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
イベントの参加者には谷口選手、飯田さん、猪俣選手のサイン色紙をプレゼント。國立翔さんとペーヤンさんは、愛車のヴィッツGRMNを大ファンの谷口選手に同乗走行してもらうこともできて大満足。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
クスコのデモカー、GR86が登場。補強パーツと駆動系、足周りを中心にカスタマイズされており、ストリートからサーキットまで幅広く楽しめる仕様となっている。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GR86用アイテムでオススメだというのが、クスコのブレーキシリンダーストッパー。ダイレクト感のあるブレーキフィールになるという。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
レイズは新作&人気ホイールをずらりと展示。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
注目はランドクルーザー300用のTE37で、サイズは8.5J-20(インセット45)。北海道から追加の要望の声が多かったという新作だ。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
カー用品店「ジェームス」のブースでは、お買い得なアイテムを販売。こうしたショッピングもイベントの楽しみのひとつだ。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
トヨタレンタリース新札幌が設けた試乗コーナーの主役は、立ち乗りタイプの小型モビリティ「C + walk T(シーウォークティー)」。リースのほか、ディーラーでは約35万円で購入することも可能とのこと。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
イベントでは新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を実施。消毒用アルコールやビニール手袋、除菌ウェットティッシュが用意された。
MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
試乗車両は走行ごとにグリップやハンドルなど手が触れやすい部分の除菌作業が行われた。

北海道のクルマファン拡大のために…。来年の開催も乞うご期待!

MOTOR SPORT FESTIVAL 2022
GR Garage 札幌厚別通の古島淳一さん(写真左)と、トヨタカローラ札幌の高蠣脩平さん(同右)。

こうして1日たっぷり、十勝スピードウェイでクルマの楽しさを堪能できたMOTOR SPORT FESTIVAL。大きな事故もなく無事に終了したわけだが、イベント運営を今回初めて担当したというトヨタカローラ札幌の高蠣脩平さんの目は、すでに先を見据えていた。

「毎回ご参加いただいているお客様はもちろんですが、来年はサーキット未体験のお客様にもっと足を運んでいただきたいですね。そこでクルマの楽しさを感じていただき、その次の年にはサーキット走行にも挑戦していただく、という流れができればと思っています。そのためには、楽しいコンテンツをまた来年も用意しないといけませんね」

これからもMOTOR SPORT FESTIVALが、北海道のクルマファンの拡大に一役買ってくれそうだ。

著者プロフィール

長野 達郎 近影

長野 達郎

1975年生まれ。小学生の頃、兄が購入していた『カーグラフィック』誌の影響により、クルマへの興味が芽生…