アーバンで都会的なCX-5を目指したアドミレイション・ベルタ! 立体的デザインのエアロキットで高級感を演出!

ミニバンカスタムの人気ブランド【アドミレイション】がSUVに積極参戦! マツダ・CX-5のボディキットは、都会で「映える」上品仕立て!

【定番のオフロードスタイル! 洗練されたアーバンスタイル! 見えてきた! いまどきSUVカスタム最前線#001】ボディキット3点を軸に、リアウイング、オーバーフェンダー、マフラーなど、ポイントを押さえることで高級感を底上げ。デモカーのように塗り分ければ、より存在感を高めることができる。

ワンランク上の高級感と存在感をプラス

現在発売されているSUVは、都会的でスタイリッシュなフォルムのモデルが多い。その代表格と言えるマツダ・CX-5のボディキットを紹介しよう。

admiration Belta/CX-5
アドミレイション ベルタ/CX-5(KF系)

150系ランドクルーザープラド用として、ブランド初となるオフロードスタイルのボディキットをリリースするなど、SUV にも力を入れるアドミレイション。最新エアロとなるCX -5は、好評を得ている前作のデザインを踏襲し、現行モデルに最適化。街中に映える高品位な仕上がりとなっている。

前後スポイラーは、比較的手軽にイメージチェンジを図れるハーフタイプを採用。塗り分けでより存在感を高められる、立体的な造形が採用されるだけでなく、ダクトを取り入れるなど、SUVに打ってつけのスポ—ティな要素も取り入れている点も魅力だ。

また、視覚的な低重心効果をもたらすフェンダーをはじめ、リアセクションのウイングやゲートスポイラーも設定。純正が持つ美しさを損なうことなく、CX -5にさらなる高級感と風格を与えてくれるアイテムが揃っている。

本年8月頃には、フロントグリルや左右4本出し仕様のマフラーカッター、4本出しマフラーカッター専用リアスポイラーを発売予定と、今後の動向からも目を離せない。

センタ—メッキモールやダクト、フラップ風テイストを融合した、贅沢かつ存在感のあるフロントハーフ。デモカーのような塗り分けにより、美しいデザインをさらに強調できる。
サイドステップはプレスラインをクロスさせることで、立体感のある上質なディテールを備える。フロントからリアへとスマートなボディラインを描き、サイドビューを底上げ。
ディフューザーデザインと連続したダクトを設けることで、スポーティさも主張できるリアハーフ。上部にはLEDローマウントランプが追加可能。ローマウント無しの場合はダクトとなる。
純正被せタイプのリアウイングは、両端に張り出しを与え躍動的なバックスタイルを実現。塗り分けが効果的なラインも配置。
サイドにボリュームを持たせ、ワイド感をプラスするゲートスポイラーも設定。ウイング同様に塗り分けを楽しめるラインが入る。
アミスタット・ライエンT025の新色ブラックエディション。マシニング部にチタンスモーククリアをかけ、ブラックリムを採用。さらなる深みと奥行きを与えた注目作だ。
9㎜ワイドのフェンダーも用意。約20㎜下方向に伸びた形状で、タイヤとフェンダーのクリアランスを隠し、視覚的なローダウン効果を演出する。
純正マフラーのままでは物足りないリアビューに、存在感を与えるマフラーカッター。写真は、高級感のある焼き色が美しいチタンモデル。ステンレスも設定。

【PARTS SPECIFICATION】

フロントハーフスポイラー 7万4800円
サイドステップ 7万400円
リアハーフスポイラー 7万2600円
LEDローマウントランプ 1万1000円
リアルーフウイング 5万2800円
リアゲートウイング 5万600円
オーバーフェンダー 8万1400円
エグゼクティブマフラーカッター両側シングル 2万4200円〜
ホイール/アミスタット・ライエンT025(21×9.0+35【運転席側】、9.5+30【助手席側】) 12万2100円〜
タイヤ/(245/40)

いまどきSUVカスタム最前線 まとめはこちら

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon