テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/02/12
  • 遠藤正賢

今春発売! アルカリや太陽光にも負けないガラス系ボディコーティング剤…ソフト99・ハイモースコートTHE NEO/THE GLOW【東京オートサロン2019】

「THE NEO」は撥水性、「THE GLOW」はツヤ重視の設計

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト99・ハイモースコートTHE GLOWを施工したテスラ・モデルS
ソフト99コーポレーションがプロ施工店向けに展開しているカー用品「G'ZOX(ジーゾックス)」シリーズにおいて、頂点に位置付けられている2層構造のガラス系ボディコーティング剤「ハイモースコート」。今春を予定している大幅進化に先駆け、1月11~13日に千葉県の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2019」にその最新バージョンが参考出品された。

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
ソフト99・ハイモースコートTHE NEO/THE GLOW

 「ハイモースコート」といえばモース硬度レベル7のガラス被膜を形成し、高い耐スクラッチ性能を誇ることで有名だが、新バージョンではガラス系のベースコートを一新することで、これがレベル8に進化。さらに添加剤も見直すことで、融雪剤に含まれるアルカリや太陽光に含まれる紫外線への耐久性を大幅に高めている。

ソフト99・ハイモースコートTHE NEOの撥水効果デモ。水滴はほとんど残らず下側へと流れていく

 また、従来「ハイモースコート」は1種類のみの展開だったが、新バージョンでは「THE NEO」と「TTHE GLOW」の2種類に拡大する。

「THE NEO」はトップコートをフッ素系として、「G'ZOX」シリーズで最も高い撥水性能を付与。「THE GLOW」はトップコートもガラス系としてガラス被膜の膜厚を増やし、より深みのあるツヤを与えることを可能としている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated