テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > マツダ > MAZDA3ファストバック > 新型マツダ3のドアトリムの質感を実現する凹引き高精細表皮+NPM技術:南条装備
  • 2019/06/04
  • Motor Fan illustrated編集部

新型マツダ3のドアトリムの質感を実現する凹引き高精細表皮+NPM技術:南条装備

マツダ3/ロードスター/アテンザ/CX-5/CX-8

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ3のドアトリム。南条装備製だ
インテリアの質感の高さも新型マツダ3の特徴だ。そのドアトリムを製作しているのは、広島の南条装備工業というサプライヤーである。

 南条装備は、1915年創業の老舗メーカーだ(南条商会として創業)。マツダ車やトヨタ車のインテリアを手がけている。
 人とくるまのテクノロジー展横浜に、新型マツダ3をはじめとしたインテリアを展示していた。

凹引き成形後、表皮の立体に沿ってスムーズなステッチを入れていく。ダブルステッチでは金型で中央縫い合わせ部分の溝と糸目、それとダブルステッチ溝が鉾してあり、表皮を成形後ステッチ加工をする。

 同社のドアトリムは、凹引き高精細表皮+NPM技術(Nanjo Prerss Molding)縦型成形機による射出圧縮成形によるもの。本物の革に近い高精細のシボの金型を作り、射出成形後、表皮の立体形状に合わせてミシンでステッチを入れたものである。つまり、2枚のシートを糸で縫い合わせたのではない。立体に沿って糸でステッチを入れることで革を糸で縫い合わせたものに近い質感を作り出しているのだ。この技術だと、熱で溶着するため、表皮が剥がれにくい内装トリムになるという。

同社製のドアトリムは、マツダ・アクセラ/アテンザ/ロードスター/CX-5/CX-8/CX-9などが採用している。

 インテリアのパーツは、レクサス車にも採用されている。

 同社は、触感の見える化・触感評価システムについても研究しているという。

CX-5のドアトリム
CX-9のドアトリム
アテンザのドアトリム
ロードスターのドアトリム

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated