コマツが有線式電動油圧ショベル「PC138USE-11」を新発売

有線式電動油圧ショベルPC138USE-11
コマツは、有線式電動油圧ショベル「PC138USE-11」を本年8月より発売したことを発表した。当該機は、電動油圧ショベルを連続して長時間使用したいという顧客ニーズに応えることを目的に、これまでコマツが培ってきた技術をベースにエンジン駆動式と同等の作業性能を発揮しつつ”排出ガスゼロ”や騒音・排熱の大幅低減が実現されている。また国内導入した有線式電動油圧ショベルとしては、2021年7月発売の「PC78USE-11」に続く、二機種目の展開となる。

駆動源に電気モーターを採用し”排気ガスゼロ”や騒音・排熱・振動の大幅低減を実現することで作業現場の安全性・快適性を向上させるほかオペレーターのストレス軽減に貢献する。また、電気モーターの特性により車両寿命が延長されるとともに燃料補給やエンジン回りで必要とされたメンテナンス作業が不要になるため、車両のランニングコスト削減に貢献。そのほか、電源を有線で直接供給するため充電式の電動車と異なりバッテリー残量を気にすることなく長時間連続稼働できるようになり、特に産廃処理工場など24時間稼働が必要とされる作業現場での生産性向上が期待されている。

コマツは、2020年に電動式ミニショベル「PC30E-5」※ を、2021年には有線式電動油圧ショベル「PC78USE-11」を国内向けに市場導入したほか、他機種の電動化についても外部パートナーとの共同開発を含め推進させている。環境負荷の少ない建設機械の実用化を加速させるとともに今後の更なる普及を目指す。

※:バッテリー駆動式のミニショベル

主な商品の特徴

1.環境性、経済性
・電気モーターを駆動源とし人と環境にやさしい”排出ガスゼロ”を実現

稼働現場での”排出ガスゼロ”によりクリーンな作業環境を実現する。車両周辺の環境に優しく工場内での産廃処理や自動車・家電解体作業など、電源(三相交流400V)が確保できる現場で幅広く活躍できる。

・エンジン車に比べランニングコストが安く経済的、メンテナンスの手間も大幅に削減
使用する電気代は軽油代より安く、ランニングコストを低く抑えることができる。工場に設置された太陽光発電設備やボイラー発電設備の余剰電力を活用すれば更に環境に優しく、経済的。加えて日々の燃料補給や、エンジンオイルの交換、その他フィルター類の交換などメンテナンスの手間も大幅に削減でき、顧客の生産性・収益力向上に貢献する。

2.快適性・安心
・エンジンによる振動がないのでオペレーターの疲労低減

エンジンを搭載していないので、オペレーターに伝わる振動が大幅に軽減されている。作業中のストレスや疲労感が少なく快適に作業が行える。

・車体からの排熱低減で作業環境を快適化
エンジンを搭載していないので車体からの発熱量が少なく、車体周囲に熱影響を与えにくいことから作業環境の改善に貢献する。また、ホコリが多い産廃工場などでのオーバーヒート対策・車両火災対策にも有線式電動ショベルは有効である。

主な仕様

【発売月】 2022年8月
【公表価格】 25,300千円(工場裸渡し消費税抜き)
【販売目標】 5台/年(国内のみ)

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部