三菱電機がカメラ映像から危険な行動を高精度に自動検知する技術を開発。複数の人物の骨格情報を独自のAI技術で分析

三菱電機は、同社のAI技術「Maisart(マイサート)※1」を用いた作業分析ソリューション「骨紋(こつもん)」を応用し、「骨紋による危険行動検知技術」を開発したことを発表した。カメラ映像から検出した複数の人物の骨格情報を分析して、複数の人物の間で発生する暴力行為などの危険な行動を高精度に自動検知することができる。

近年、安心・安全へのニーズが高まっており、駅や空港などの公共エリアでは、暴力行為などの危険行動を的確に発見することが強く求められている。一方で、広範囲を短時間で漏れなく確認することは難しく、発見までに時間を要したり、発見できなかったりする場合が存在する。そのため、カメラ映像を取得し、AI技術を活用して人の属性やふるまいを分析する事例が増えていますが、従来の技術では、複数人いても1人の姿勢のみを分析していたため、暴力行為と握手のように姿勢が似ている行動を正しく判別することには難があった。

これを受けて三菱電機が今回開発した技術は、まずカメラ映像で検出した骨格情報から複数の人物の動きに相関があるかを判定する。さらに相関がある人物の動きをAIで分析することにより、誤検知を抑制した危険行動検知を実現した。三菱電機は今後も、AI関連技術の開発やそれを応用したサービス展開を加速し、安心・安全・快適な社会の実現への貢献を続けていく。

※1Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in technologyの略。
すべての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部