富士通がニュルブルクリンクのレーストラック「ノルドシュライフェ」のデジタル化を支援。AIを活用して世界で最も過酷なレーストラックの安全対策を強化

富士通はドイツのサーキット運営会社であるNürburgring 1927 GmbH & Co. KG(以下 ニュルブルクリンク)におけるレースの安全対策に、AI技術を活用する包括的な支援を行なっている。その第一弾として、世界最長で、多数のカーブを持つ難易度の高い常設レーストラック「ノルドシュライフェ」にてAI技術を活用した安全対策強化に向けたシステムの実証実験を2022年に実施し、今回2023年1月より本導入が開始される。

実証実験では、レーストラックの内、2.8キロメートルの区間に8台のHD(ハイビジョン)カメラを光ファイバーケーブルで接続するとともに、AI機能を搭載したシームレスなシステムが構築された。これにより、HDカメラからの映像をAIがリアルタイムで監視および判断し、レーストラック上のLEDディスプレイを介して即座に危険をドライバーに警告できるようになるため、ほかの車両や人との接触事故などを未然に防止することができる。

ニュルブルクリンクは、2025年のグランプリレースシーズンまでに本システムの実運用開始を目指しており、当社は、本実証実験による有効性検証を踏まえて、今後2年間で「ノルドシュライフェ」のレーストラック全域に追加のHDカメラ100台の増設とAI機能の強化を行い、「ノルドシュライフェ」の約21キロメートルの監視による安全対策を支援していく。

背景

現在、ニュルブルクリンクのレーストラックでは、レースの安全を守るスタッフであるトラック・マーシャルたちが旗を振ることやラジオ放送を活用することで、ドライバーに危険の警告や事故発生を伝えているが、救助が来るまでに時間を要し、ときにはコースが閉鎖されレースに大きな影響が生じるなどの課題があった。ニュルブルクリンクと富士通は、カメラやAIを搭載したICTの活用により、レーストラックの異常を自動検出し、ドライバーに即座に危険を警告できる基盤を整備することで、安全対策の強化を目指している。

システム概要

左図:(画像1)「ノルドシュライフェ」のコースにおけるAIによる車両などの識別映像
右図:(画像2)AIによる対象種別ごとの可視化

富士通は、ニュルブルクリンクのニーズに対応するため、レーストラック上の車両や人物を識別するAI画像認識機能(画像1)をシステムに搭載し、レーストラック、砂利、芝生の表面、ガードレール、安全柵などをリアルタイムに判別することができる。(画像2)例えば、レーストラックでの事故、コースへの人の侵入、車両の立ち往生、低速車両などの発生をカメラが捉えると、その情報を受信したAIが安全上の問題発生を識別し、レーストラック上のライトやLEDディスプレイに警告を表示。また、今後の適用拡大を見据え、モジュール設計を採用した拡張性の高いシステムが実現された。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部