MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

2017年10月11日発売 35万4240円 スズキのスーパースポーツに124ccの末弟が! 「GSX-S125 ABS」

  • 2017/09/22
  • MotorFan編集部 山田 俊輔
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月11日発売 35万4240円

ホンダ・グロム、カワサキZ125PROが席巻する125ccミッションのカテゴリーにおいて、最後発のスズキが投入したのは17インチホイールを履いた、いわゆるフルサイズミッションと呼ばれるボディサイズ。15psを発生する水冷4バルブDOHCエンジンを搭載するなど、スズキのフラッグシップ、GSX-Rシリーズの開発ノウハウが随所に光る。

トリトンブルーメタリック
ソリッドブラック

 2015年に登場したGSX-S1000やGSX-S7500で好評を得ているGSX-Sシリーズに125ccモデルが加わり、10月11日から発売される。
 そもそもGSX-Sは、GSR-Rがスーパースポーツの位置付けなのに対して、ストリートスポーツバージョン。アップライトなポジションで、カジュアルにスポーツライディングを楽しめるモデルだ。

高回転までスムーズに吹け上がるエンジンは、最高出力15ps/1万rpm、最大トルク1.1kgm/8000rpmを誇る。
“The sprit of GSX-R ready for street”をプロダクトコンセプトとしたGSX-S125は大排気量車で培ってきた高性能なメカニズムと快適な乗り心地を高いレベルで融合している。その一つがエンジンユニットだ。水冷4ストロークDOHCで排気量は124ccのエンジンは、高回転を得意とするボア62.0mm×ストローク41.2mmのオーバースクエアデザインを採用。これに、SCEMメッキシリンダーや軽量ピストン、低張力薄型ピストンリングなどを組みあわせることで、放熱性の向上や低フリクション化にも貢献している、
パワフルなエンジン特性と優れた燃費性能の要となるインジェクションシステムは、「O2センサー」「スロットルポジションセンサー」「クランクポジションセンサー」など6つのセンサーからコンディションを読み取り、常に最適な燃料量を噴射する。これに加えてスズキ独自のアイドルスピードコントロール内蔵のφ32mmスロットルボディを組み合わせ、吸気効率を高めることで、高回転域の出力が高められている。

スロットルボディはクラス最大級のφ32mm。
4穴のインジェクターが、2つの吸気ポートに向けて燃料を噴射する。

軽さが自慢のメインフレーム。現車は樹脂製カバーで覆われるため外からは見えない。
 車体設計にもGSX-Rシリーズで培ったノウハウがいくつも投入されている。例えばメインフレームは、解析技術を用いて設計したということで、軽量化と剛性感をバランスさせながら、1300mmのホイールベース長を確保することで、快適なハンドリングも手に入れている。
 ホイールは自動車用として有名なエンケイ製で、ダンロップ製D102タイヤを組み合わせる。フロントφ290mm、リヤφ187mmのディスクタイプとしたブレーキに、ボッシュ製ABSを用いて優れた制動力をサポートすることで、17インチの足周りに本格的なスポーツエッセンスを付与している。

ヘッドライトバルブとポジションバルブにLEDを採用。
液晶メーターは、時計やシフトポジションも表示できる。

 ホンダ・グロムやカワサキZ125PROといった12インチホイール勢とは異なる17インチの大径ホイールと、クラス最大級の15psエンジンという、ならではのスペックを備えるGSX-S125の登場によって、124ccミッションクラスの勢力図は今後大きく変わってくるのかもしれない。


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ