MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/25
  • MotorFan編集部

ライバルよりも25kgも軽い「新型ニンジャ400」国内発売は2月1日に!

699,840円〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ビッグサイトで開催された「第45回東京モーターショー2017」のカワサキブースで話題をさらった新型のニンジャ400。同じ水冷4ストDOHC 2気筒のホンダCBR400Rと比較で25kgも軽量であるなど、最後発ゆえの利点が多く光る同モデルが2月1日に発売される。(REPORT:北秀昭)

カワサキNinja 400……699,840円(メタリックスパークブラック)

カワサキNinja 400……716,040円(キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー)

カワサキNinja 400KRT Edition……716,040円(ライムグリーン×エボニー)

ライムグリーン×エボニー(KRT Edition)

「250ccでは物足りない」というユーザーにも人気のあるNinjaシリーズの400ccバージョン「Ninja 400」がフルモデルチェンジされた。
この新型2018年モデルは、2月1日に同時発売される「Ninja 250」と瓜二つ。それもそのはず。カウルにデザインされた250と400のロゴ、サイレンサーの長さ(400は50mm程度長い)、リヤタイヤのサイズ(250は140/70-17。400は150/60-17のラジアルタイプ)以外はほぼ共通。フレームや外装、足周りなどはNinja 250と基本的に同じ仕様となっている。従来のNinja 400がNinja 650とフレームが共通だったのに対して、今回のモデルチェンジによってNinja250と共通のフレームに。それに伴って車体がコンパクトになり、扱いやすくなったというわけだ。

メタリックスパークブラック
キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー

従来型のNinja400と比べると……

新型Ninja 400は、2017年モデルの44psから48psにパワーアップしたエンジンに加え、コンパクトな外観も大きな特徴。驚きなのはその重量。Ninja 250の166kgに対し、Ninja 400はわずか1kg増の167kg。この軽量さが今回の新型Ninja400の自慢の一つでもある。

従来型のNinja400のボディサイズは全長2,110mm×全幅770mm×全高1,180mmのビッグサイズ。一方、新型の2018年モデルは全長1,990mm×全幅710mm×全高1,120mmまでコンパクト化。ホイールベースは1,410mmから1,370mmに短縮され、タイトなコーナーでも軽快な走りを実現している。

スポーティなイメージのセパレートハンドルは、2017年モデルよりもやや高めにセット。ビッグサイズの2017年モデルに比べてハンドル位置が近く感じられ、疲れにくくてナチュラルなポジションを獲得しているのが特徴だ。

Ninja 400の排気量はNinja 250の約1.6倍となる398cc。両モデルのエンジンを比較していこう。

【Ninja 250】
最高出力:37ps(27Kw)/12,500ppm
最大トルク:2.3kgm(23Nm)/10,000rpm

【Ninja 400】
最高出力:48ps(35Kw)/10,000ppm
最大トルク:3.9kgm(38Nm)/8,000rpm

Ninja 250に比べ、約1.6倍の排気量を誇るNinja 400はとにかくトルクフル。高回転をキープすることなく、低中回転域でもスロットルをヒョイと捻れば力強く加速していく…。250よりも大きなパワー&トルクで余裕の走りが楽しめること。この点もNinja 400の大きな魅力だろう。
車検がなく維持費の安いNinja 250も魅力的だが、パワフル&トルクフルなNinja 400も捨てがたい。車体の価格差はおよそ7万円……。Ninjaシリーズに、非常に悩ましく、ぜいたくな選択肢が増えてしまった。

2017年モデルと2018年モデルのパワー&トルクカーブ。中~高速域にかけて大幅なパワー&トルクアップを実現しているのが特徴だ。
2017年モデルと2018年モデルのエンジンのサイズを比較。新設計の2018年モデルは2017年モデルよりもコンパクトな仕上がり。

2018年モデルはNinja 250と同様、エンジン、フレーム、外観などをフルモデルチェンジ。2017年モデルとの主な違いは次の通り。

・44psから48psにパワーアップしたトルクフルな新設計のエンジン。
・Ninja H2からインスパイアされた新設計の軽量トレリスフレーム。
・Ninja H2の要素も取り入れた先進的なデザイン。
・軽量、コンパクトな最新のABSユニット。
・LEDヘッドライト&テールランプを採用。
・スポーティーなフォルムの14Lフューエルタンク。
・洗練されたデザインのメーターパネル。
・車重は211kg(ABS装着車)から167kgに軽量化。
・スタイリッシュで軽量な新作の星型5スポークホイール。
・フロントディスクブレーキを300mmから310mmに大径化。






自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る