MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/14
  • ニューモデル速報

ダイハツ「ハイゼット トラック」に軽トラック初の衝突回避支援システムを搭載!

ハイゼット トラック一部改良

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は軽商用車「ハイゼット トラック」を一部改良して5月29日から発売する。この改良では衝突回避支援システム「スマートアシストIII t」を採用。軽トラック初となる衝突回避支援ブレーキ機能が搭載された。

ダイハツラインナップの中でも、軽トラックの中でも、最も古い歴史をもつハイゼット トラック

ハイゼットトラック「スタンダード”SAⅢ t”」

 ダイハツからリリースされる「ハイゼット」は1960年のデビュー以来、農業や建設業、運送業、サービス業など幅広い客層に支持され続けている軽商用車の代表的存在だ。累計生産台数は700万台を超え、ダイハツの現行ラインナップの中ではもちろん、現在販売されている軽トラックの中でも最も歴史のあるモデルなのだ。

ハイゼットトラック「ジャンボ”SAⅢt”」

 また、現行モデルである十代目は2014年9月にフルモデルチェンジをしており、ライバルであるスズキ・キャリイ(十一代目/2013年8月フルモデルチェンジ)、ホンダ・アクティトラック(四代目/2009年12月フルモデルチェンジ)に対して最も新しいモデルとなっている。

スズキ・キャリイ
ホンダ・アクティ トラック

時代の先端を行く軽トラックのトップランナー

 2014年9月のフルモデルチェンジでは、積載性や耐久性、防錆性能などの基本性能を高めるほか、広い室内空間を確保するとともに乗降性も向上させた。
 また、農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」と連携し、全8色のカラーバリエーションや多彩な快適装備、用途や志向に合わせたパックオプションを設定し、軽トラックのイメージを刷新している。

ホワイト
ブライトシルバーメタリック

トニコオレンジメタリック
ファインミントメタリック

オフビートカーキメタリック
ライトローズマイカメタリック

ミストブルーマイカメタリック
ブラックマイカメタリック

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る