MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/17
  • HYPER REV編集部 雪岡直樹

ニュルブルクリンク24時間レース2018に参戦したスバルのディーラーメカニック。その厳しい世界で感じたこととは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝後喜びを爆発させるディーラーメカニック

 2018年5月13日、第46回ADACチューリッヒ24時間レース(ニュルブルクリンク24時間レース)がドイツ・ニュルブルクリンクで開催された。日本から参戦したスバル/STIのWRX STIはカルロ・バンダム/ティム・シュリック/山内英輝/井口卓人の4人で挑み、総合62位・SP3Tクラス優勝という結果になった。その走りを支えたメカニックの中にはディーラーメカニックも含まれており、そのディーラーメカニックがレースの世界で感じたことに迫る。

 今回のニュルブルクリンク24時間レースでは予選時にパワステ関連のトラブルが発生しパーツを交換、また決勝ではスタートしてすぐにまたもやパワステ関連のトラブルが発生してしまった。予選の時に起きたトラブルとは別のトラブルだったが、同じような箇所から続けてトラブルが発生してしまった。
 またラスト1時間というタイミングでエンジンが動かなくなるトラブルも発生。これは日付けが変わる頃から降り始めた雨の影響で、20時間が過ぎようというタイミングで濃霧が発生し、コースが全く見えない危険な状況になってしまった。そこでレースは一旦中断する訳だが、その時に雨にさらされたマシンに水が溜まり、電気系のトラブルを引き起こしてしまった。思いもよらない部分でのトラブルだった。なんとか修復し残り15分でコース復帰し、かろうじてチェッカーを受けてクラス優勝を果たす事になった。メカニックが何度もイレギュラーなトラブルを解決して優勝を手に入れた。

 そんなスバル/STIは2008年からWRX STIでニュルブルクリンク24時間レースに参戦している。メカニックやエンジニアはSTIの社員で、普段はレースマシンの開発やデータ解析、市販車に装着するSTIパーツの開発などを担当している。SUPER GTにもSTIのメカニックやエンジニアは参戦しているが、レース専門のメンテナンスガレージとは違い、通常業務と並行しながらレース用のエンジンやシャシー、空力などを開発している。

 レースとは常に変化が起き、1分1秒が大きくレースに左右する。そのような特殊な環境に身をおくことにより、レース現場で得た知見を普段の整備に役立て人材育成を行うために、全国のディーラーメカニックを派遣する取り組みを1990年からスバルは行っている。今回のニュルブルクリンク24時間レースにも、SUBARU一級サービスマンの資格を持つ、北陸スバル自動車の中山宏幸、福島スバル自動車の圓谷(つむらや)謙太、名古屋スバル自動車の田邉裕章、宮城スバル自動車の大久保良平、青森スバル自動車の川口清孝、東京スバルの磯部圭人の6人が厳しいレースに挑んだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る