MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/08
  • MotorFan編集部 小泉 建治

ウインカーにも大きな秘密が! 新型Gクラスがこだわった「本物の条件」〈メルセデス・ベンツGクラス〉

Mercedes-Benz G-Class商品企画責任者 ミヒャエル・ベルンハルト氏インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
先代のデビューから39年を経て初のフルモデルチェンジを受け、
いよいよ日本に上陸した新型メルセデス・ベンツGクラス。
最新テクノロジーで身をかためながらも、見た目は完全にGクラスそのもの。
昔ながらのファンの期待を裏切らない理想的な全面刷新の裏には
「ここまでやるか」と呆れてしまうほどの涙ぐましい努力があった。
ダイムラーAGの商品企画責任者を務めるミヒャエル・ベルンハルト氏に訊く。

TEXT●小泉建治(KIOIZUMI Kenji)
PHOTO●田村 弥(TAMURA Wataru)/Daimler AG
日本での発表に合わせて来日したダイムラー社の商品企画責任者、ミヒャエル・ベルンハルト氏。

───昔からの大切な顧客や熱狂的なファンを多く抱えたロングセラーの全面刷新ということで、開発には相当な苦労やプレッシャーがあったかと思われます。

ベルンハルト
 まさにそれが今回の我々の仕事の大きなテーマでした。どこまで変えるべきか、どこを変えてはいけないのか、その見極めこそが最も重要だったのです。

 シンプルに言えば、Gクラスとして譲れない部分は2点です。「卓越したオフロード性能」そして「伝統のデザイン」です。コストの掛かるラダーフレームを採用したのは、言うまでもなく前者のためです。ロードクリアランス、アプローチ&デパーチャーアングルの確保に加え、最新の制御技術を駆使した「Gモード」によって、市販車として究極のオフロード性能を実現しています。

 二番目のデザインに関しては、まずデザイナーにGクラスのヘリテイジを徹底的に理解してもらうことから始めました。何しろ先代モデルは39年も前にデビューしているわけですから、そのアイデンティティを堅持させることは現代の常識に照らし合わせるとかなり難しいのですが、そこは妥協できませんでした。

───先代からの流用パーツも多いのでしょうか?

ベルンハルト
 いいえ、先代と同じパーツは3つしかありません。ドアハンドル、リヤに背負っているスペアタイヤのカバー、そしてヘッドライトウォッシャーのノズル(笑)だけです。

───ウインドウは先代と同様に平面ですよね。

ベルンハルト
 いいえ、平面なのはリヤウインドウだけで、フロントもサイドもすべて僅かに湾曲しています。

こちらは先代Gクラス。新型に継承されたパーツはドアハンドル、スペアタイヤのカバー、ヘッドライトウォッシャーのノズルの3点のみだ。
先代のアイデンティティを見事に受け継いだ新型Gクラス。平面に見える各ウィンドウも、リヤ以外はすべて僅かに湾曲している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る