Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. GLB

メルセデス・ベンツの3列シートSUV「GLB」に高性能版「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」が登場! 税込737万円

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月12日、メルセデス・ベンツ日本は3列シートキャビンを備えた本格SUVの「GLB」のラインアップに、公道での気持ち良いドライビングに焦点を当てたハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」を設定し、同日より予約注文受付を開始した。税込車両価格は737万円で、顧客への納車は1月末ごろからの予定だ。

306ps/400Nmを発揮する2.0ℓターボ「M260」を搭載

メルセデスAMG 35の6番目のモデルとなるGLB 35 4MATICは、前輪駆動アーキテクチャーに高出力エンジン、十分なトラクションを確保する四輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシーの補強やサスペンションのセッティングなど 高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発。クルマの挙動と対話しながら、気持ち良くドライビングすることに焦点を当てたモデルだ。

パワートレーンは、306ps/400Nmを発揮する2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボ「M260」エンジンと8速DCT「AMGスピードシフトDCT」の組み合わせ。「M260」には、低回転域での力強く自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC(カムトロニック)」を採用。一方「AMGスピードシフトDCT」は、全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギヤのつながりが得られるようにセッティング。俊敏かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現している。

搭載されるAMG エグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備しており、選択したドライブモードに応じて、バランスの取れた音色から、ドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りのエグゾーストサウンドまで切り替えを行なうことができる。

四輪駆動システムは、パフォーマンス志向のトルク可変配分型となる「AMG 4MATIC」で、最大限のトラクションと大きな走りの楽しさを同時に実現。トルクの前後配分は状況に応じて連続可変制御され、前100:0から50:50までの範囲で変化する。

エクステリアデザインはメルセデス・ベンツモデルのAMG ラインをベースに、メルセデスAMGならではの高いパフォーマンスを感じさせる要素が取り入れられている。フロントには、下側の幅が広く縦にルーバーの入ったAMG専用ラジエターグリルを採用。このグリルのクロームメッキを施した垂直フィンの基本デザインは、1952年メキシコで開催された伝説の公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ 300 SL」で初めて採用された由緒あるものだ。

このほか、フロントエプロンにはジェットウイングデザインを、リヤには専用デザインのクローム仕上げとなる円形デュアルエグゾーストエンドが採用され、スポーティでハイパフォーマンスを体現するダイナミックなルックスを実現している。

インテリアでは、「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択可能なコックピットディスプレイを採用しているほか、オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択するとフラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」が装着される。

●メルセデス・ベンツ公式WEBサイト「GLB」

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ