テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/11
  • Motor Fan illustrated編集部

ヤマハ発動機:3D高速ハンダ印刷検査装置「YSi-SP」新発売

印刷機からAOIまでワン・ストップ・ソリューションを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
3D高速ハンダ印刷検査装置「YSi-SP」
ヤマハ発動機は、1種類のヘッドで多様な検査に対応できる「1ヘッドソリューション」をコンセプトとし、高精度・高速検査が可能な3D高速ハンダ印刷検査装置「YSi-SP」を2018年4月1日から新たに発売する。

「YSi-SP」は、プリント基板に印刷されたクリームハンダの印刷状態(体積、高さ、面積、位置ずれ)を検査する、ヤマハ発動機初のハンダ印刷検査装置(SPI : Solder Paste Inspection)。3Dと2Dを組み合わせた独自の測定アルゴリズムによる高精度な検査や、超解像技術による分解能切り替えなど、多様で高速・高精度なハンダ印刷検査を ひとつのヘッドで対応する。また、実装設備のフルラインナップメーカーである強みを活かし、自動段取り切り替えやハンダ位置のずれ自動調整、ディスペンサーの塗布検査データの自動変換など、マシン間の連携が迅速に行える。さらに多彩な統計処理が可能なSPC(Statistical Process Control : 統計プロセス制御)機能も備えるほか、ボンド検査や異物検査などのオプションも充実している。

「YSi-SP」の発売により、印刷機からディスペンサー、SPI、表面実装機、基板検査装置(AOI : Automated Optical Inspection)と、実装に必要な主力設備をヤマハブランドで一括提供が可能になり、各設備の相互連携によってさらに生産の効率化・品質向上を図ったラインを構築できる。発売日は2018年4月1日、販売計画は発売から1年間、国内外で100台。1月17日〜19日に東京ビッグサイト (東京都江東区) で行なわれるエレクトロニクス製造・実装技術展「第47回 インターネプコン ジャパン」に展示される。



【市場背景と製品の概要】
小型・高密度・高機能・多様化の流れが加速する電子部品実装工程の現場において超小型チップ部品や狭ピッチ電極部品などの採用が増加するに従い、ハンダ印刷の品質重要性がますます高まり、 実装工程の品質を左右するといっても過言ではなくなっている。ハンダ印刷検査装置(SPI)では、 基板に部品を搭載する前にハンダ印刷の不具合を検出、さらにリアルタイムに検査情報を印刷機に フィードバックしてパラメーター修正などにより、印刷不良を未然に抑止する。また、スピーディで正確な検査能力はもちろん、M2M(Machine to Machine)技術による実装ライン各設備との相互連携によって無駄を省き、生産効率を高める役割も期待されている。

ヤマハ発動機ではこれまでにも、表面実装機・印刷機・ディスペンサー・検査装置など、実装設備のフルラインナップメーカーである強みを活かし、ライントータルでの効率化・品質向上を目指してきた。このたび、同社初となる3D高速ハンダ印刷検査装置「YSi-SP」を新たに加えることで、各設備の相互連携をいっそう強化し、マシン単体からライン、工場全体、ひいては全社レベルで一元管理が可能なIoT/M2M統合システム「インテリジェントファクトリー」との活用も視野に、実装工程の生産性を総合的に高めていく。



【製品の特徴】
1)1種類のヘッドで多様な検査に対応できる「1ヘッドソリューション」
SPIも「1ヘッドソリューション」をコンセプトとし、1種類のヘッドで多様な検査に対応。時間やコストなどあらゆるロスを省き、実生産性を高める。

2)3D+2D検査や分解能切り替え機能など高精度・高速検査を実現
(1) 自動フォーカス調整により±5mm までの基板反りに追従してカメラ高さを補正し、(2) 2D用リング照明によりハンダペーストの輪郭を正確に抽出して面積を測定、(3) 位相シフト法によりハンダペーストの高さを測定し体積値を抽出する、独自の 3段階アルゴリズムにより高精度な3D検査を実現した。また独自の超解像技術により、部品に合わせて視野ごとの分解能を「標準モード」と「高分解能モード」から切り替え可能。1台で高速・高解像度検査に対応する。

3)綿密で幅広いM2M(Machine to Machine)ソリューション
実装に必要な主力設備をフルラインナップすることで、マシン間の連携を強化しライン全体での作業高効率を高める。例えば、以下の機能などが可能。
 ・自動段取り切り替え:指示書や基板に記載されたバーコードなどのIDを読み取ることによって、ラインの基板データやコンベア幅などの設定を上流機から順次自動で切り替える。
 ・バッドマーク情報フィードフォワード:プリント基板上のバッドマークを「YSi-SP」が一度認識すると後続のマウンターにその情報を伝達し、マウンターでの重複認識を避けてマウンターでは部品実装に専念しサイクルタイムを短縮。
 ・印刷位置フィードバック:印刷時のハンダのずれを印刷機にフィードバックして高い位置合わせ精度を確保。

4)多彩な統計処理が可能なSPC(Statistical Process Control : 統計プロセス制御)機能
全てのパッド画像や測定データを保存し、多様な切り口で統計・分析ができる。1台の PC(ソフト)に最大6台のSPIの接続が可能。

5)多様な製品への対応を可能とするオプション
0201(0.25×0.125mm)〜03015(0.3×0.15mm)などの超小型部品の印刷検査が可能な「超高分解仕様」、ディスペンサーによる接着剤塗布状態の検査が可能な「ボンド検査」、基板上に付着した 異物の検出が可能な「異物検査」など、さまざまな生産ラインに対応可能なオプションを充実させている。

基本仕様

自動車業界の最新情報をお届けします!

【動画&試乗記】キャデラック ”V”シリーズの破壊力。

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


東京オートサロン2018

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
【動画】TOYO オープンカントリーA/Tプラスに、オールテレインタイヤの真髄を見た!